ピクシブ百科事典

御幸一也

みゆきかずや

寺嶋裕二の漫画『ダイヤのA』の登場人物。
目次[非表示]

「投手をマウンドで輝かせるためなら何だってするぜ。どんな嘘でもどんな嫌われることでもな」

人物

所属青道高校 2年生(第一部)→3年生(第二部~)
出身東京都 / 江戸川シニア
ポジション / 背番号捕手 / 2
投打右投げ左打ち
身長 / 体重179cm / 71kg
誕生日11月17日
血液型B型
趣味・特技料理
ヒッティングマーチ狙いうち
CV櫻井孝宏


概要

青道高校野球部の扇の要である正捕手。他校の監督や選手の間でも有名な「天才」と呼ばれる逸材であり、主人公の沢村と、そのライバル降谷が青道入学を決める要因となった物語におけるキーパーソン。
2016年に行われた第1回人気投票では1位に輝くなど、作品屈指の人気キャラクターでもある。

飄々とした性格でかなりの自由人。人を食ったような態度で歯に衣着せぬタイプのため、「性格が悪い」と評されることもあるが、投手のためにあえて嫌われ役を演じている節もある。チーム全体のことを第一に、思慮深く冷静に分析し状況に応じた発言をするが、あえて直球すぎる物言いをすることもあるため、前園のような控え選手の気持ちを理解している選手と対立を起こすことも。
放任主義な面もあるが、なんだかんだで面倒見がよく沢村や降谷など手のかかる後輩の世話を焼いている。強い感情を表に出すタイプではないが、怒らせるとかなり怖い。

薬師高校の投手三島轟監督に「イケメンめ」「イケメンキャッチャー」と言われており、容姿も良いと思われる。部活以外で社交性はあまりないらしく、教室ではスコアブックを見ているか倉持と話している場面しかないため、倉持と一括りにされてクラスメイトには「友達いないんだよ」と言われている。

単行本6巻では彼のシニア時代を描いた番外編が掲載されており、当時はかなり小柄ながらも中学1年でレギュラーになるほどの実力を有していた。成宮たち稲実2年生と別のシニア所属でありながら知り合いだったが、成宮からの稲実への入学の誘いを断り、仲間内でただ一人青道に入学した。

3年生が引退した後の新チームでは主将に就任。しかし、本人は慣れない立場から多少のやり難さを感じているようで、焦ったり悩んだりと初めは戸惑いを見せていたが、現在は頼れる主将になりつつある。

長年家庭環境は謎に包まれていたが、テレビアニメ第47話にて、作者協力のもと前述の番外編がアニメ化され、実家は「御幸スチール」という町工場であることが判明する。作中の描写から父親と二人暮らしということが推察され、忙しい父に代わり家事などは御幸が行っていた。
また、原作の47巻でも冬休みに実家に戻った御幸の様子が初めて描かれており、寡黙な父親の不器用な愛情とそれに応える御幸の慎ましい父子関係が窺える。

視力

普段は黒縁眼鏡、野球プレー中はスポーツサングラスをかけている。長年このサングラスは度入りのものと思われていたが、2012年冬に本誌掲載の某コンタクト屋さんとのコラボ広告漫画によりプレー中はコンタクトレンズをつけていることが発覚。
作者によると「あのグラサンは目にゴミが入らない為のガードみたいなモノ」とのこと。
ちなみに、眼鏡とサングラスを外した素顔はまだ一度も描かれたことはない。また、眼鏡からコンタクト・サングラスに換える場面は誰も見たことがないらしい。

選手として

類稀なリード力と捕球力、強肩を誇る青道の頭脳として、1年時からレギュラーの座についている。
打撃力も高いが、ムラがありランナーがいない時の成績は悪い(ただしコントロールのいい投手との相性は抜群で、ランナーがいない時でも進塁率は高い)。相手投手の勝負球を狙い打つことを好んでいる。

中学時代から様々な高校から誘いを受けていた有名選手で、高校1年時には雑誌に紹介記事が掲載されている。中学時代からクリスを同じ捕手として尊敬しており、最後の夏までに怪我の完治が叶わずレギュラーを外れたクリスとは正捕手争いをしたかったと悔やんでいた。

その他

ちなみに野球の才能とは対照的にサッカーはド下手である。
(ただし2年生のサッカーを見ていた沢村曰く、御幸だけでなく「皆さんド下手」とのこと)


関連イラスト

▶御幸中心本表紙「I‘ll be there」◀
眼光で刺す


扇の要
頬杖御幸



関連タグ

ダイヤのA 青道 沢村栄純 降谷暁 倉持洋一 前園健太 滝川・クリス・優 成宮鳴

pixivに投稿された作品 pixivで「御幸一也」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20376863

コメント