ピクシブ百科事典

天久光聖

あまひさこうせい

寺嶋裕二の漫画『ダイヤのA』の登場人物。
目次[非表示]

人物

所属市大三高 2年生→3年生
出身東京都
ポジション / 背番号投手 / 1
投打右投げ右打ち
声優木村良平


概要

才気溢れる選手だったが予選では部から離れており、その理由は「練習きつい・休みが無い・彼女とあえない」。夏以降に部に戻ってきた時はブランクを感じるどころか成長しており、田原監督は「光聖にとって必要なブレイクタイムだった」と感じている。
復帰後も定期的にエスケープをしているが、闘志を失う事はなく、しっかり練習している。
エスケープ理由から察する通りかなり交友関係が広く遊びたい盛り。
誰に対しても思った通りの言葉をぶつけ、時に敗戦投手に「どんな気持ち?死にたくなる?」と聞いた事もあり、沢村相手に強引に連絡先を聞き出し定期的な交流を交わしている。
エスケープ騒動のせいで快く思われてない事も自覚している。同時にストイックに練習するチームメイトを「バットの精霊を召喚しようとしてる」「バットと寝てそう」と茶化しているが、内心確かな信頼と尊敬を持っている。(なお星田はそんな精霊が居たらかわいいcvで。と要望を出し、夏はひんやりして気持ちいい。とホントにバットの精霊を信じバットと寝てる)

選手として

真中からエースナンバーを引き継いだ男。
部を離れていたことを後悔しており、その後は夏の大会の屈辱を果たすため、薬師高校轟雷市を目の敵にしている。
ピッチャーとしては左バッターの踵付近に落ちる強力なスライダー、3年夏には151キロを記録するストレート、タイミングを外すゆるいカーブが持ち球。
ただ安定して立ち上がりが悪く、毎試合初回に失点し、眼中に無い選手、強打者を打ち取った直後は気持ちのないボールを投げてヒットを許すなど非常にムラがある。
強烈なスライダーだがキレすぎ。と判断し投げる事に消極的になり、本人の美学として納得した上の勝利を求めている為、前の打席で打たれた球種で執拗に勝負を仕掛ける悪癖もあるなど非常に不安定。

ただ集中した時は成宮鳴クラスの存在感を見せ、強烈なスライダーに手を出させ、そのスライダーをエサに豪速球を放つなど、作中でも手が付けられない、あのピッチングをされてはこれ以上の失点は命取りと言われるほど。

打撃に関しては成宮、降谷、真田と二刀流が多い西東京地区では珍しく一貫して下位打線。
本人も打撃意識は低く、得点は味方が取ってくれる。と信頼の上での割り切りをしている。

前述の通りメンタルには問題が多い。どれだけ集中していても頭の中で「こいつゆるキャラに似てる」「顔面偏差値ひとりで下げてる」など無関係の馬鹿馬鹿しい事を考えている。

人間関係

先輩。青道との因縁を聞かれた際には「あの時真中さんは調子崩してた。」と真中を庇うなど、しっかり尊敬している模様。

チームの4番。本当にバット抱いて寝るわバットの精霊を欲しがるなど天久ジョークがジョークにならない。練習に来ない自分を諫め、復帰後受け入れてくれた事、そのストイックな姿勢には非常に信頼と尊敬がある。
3年の春の都大会で(強引に)連絡先を交換。定期的に意見交換をしている。
先輩の仇、チームの因縁の相手。互いに高く評価しあっており、天久もとにかく彼を打ち取る事に熱意を燃やす。その為に新たな変化球を身に付けるほど。
荒っぽい投手。と評価しており、投打において評価は高くない。
本人の美学で頑なにストレートで勝負に出て決勝点を許す、夏には轟を三振させた後に気が抜けたボールを痛打されているなど相性は悪い。
最終的には投打の中心でエースとしてのカッコ良さを認め「生まれ変わるならああなりたい」と思わせた。

関連タグ

ダイヤのA 市大三高
青道高校 稲城実業 薬師高校

瑞垣俊二野球アニメ(小説が原作)のキャラで中の人繋がり。

関連記事

親記事

市大三高 いちだいさんこう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「天久光聖」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29233

コメント