ピクシブ百科事典

瑞垣俊二

みずがきしゅんじ

あさのあつこの小説『バッテリー』の登場人物。
目次[非表示]

「マヨネーズかけて、食っちゃいたい」
「天才の門脇秀吾と、何年も一緒に、野球してきたんやで」

概要

アニメ版 CV:木村良平
映画版 演:関泰章 / ドラマ版 演:川原一馬

横手第二中学校野球部の三年生。背番号6番、ポジションは遊撃手。
打順は主に5番。新田東との再戦では3番に変更していた。

どちらかというと小柄な体格。背中に蝶の形の痣がある。
横手野球部キャプテン・天才スラッガーである門脇秀吾とは幼馴染。彼からは「俊」と呼ばれ、家族ぐるみの付き合いがある。
他のメンバーからはおミズと呼ばれている。

全国区の遊撃手・五番打者であることもあり、攻守揃った優秀な選手である。
頭脳派な策士であり、相手を引っかき回すことが得意。

初登場は四巻(全六巻中)と遅めながら、もう一人の主人公と称して差支えないほど出番・描写が多い。続編「ラストイニング」では主人公を務め、高校生になった彼の視点から、門脇やバッテリーのその後が描かれている。

人物

古典が得意で、四字熟語や和歌をよく会話にはさむ。
座右の銘は「テキトーに中途半端」で本気になることを嫌う。頑なに自身の本心をさらけ出さず常に飄々と振る舞っている。

自分が最も好きな野球の世界の一番近くに、天才・門脇がいたことで、コンプレックスを抱くようになり、非常に擦れた性格の持ち主となる。
そして、彼に対する複雑な感情に縛られることを良しとせず、無理やり決別するために、中学で野球を辞める決意を固める。
門脇と同じ「天才」である巧に対しては、当初は「姫さん」と呼称してからかい倒し、その本心を隠していた。
自身と同じ「天才」を身近に持った豪に対して は、その現実を突きつけて傷つけつつも、自らのことを踏まえて「原田(巧)から逃げたら後悔するぞ」と本音を覗かせた忠告を漏らす。

勉学は非常に優秀で、高校はどこを受けても受かると評され、高校入学後も超進学校のテストも半分寝てても余裕と教師に言われるほどの秀才。

中学生であるが、隠れて喫煙・飲酒をしている。曰く「ガキのお遊び」であり、タバコは高校では辞めた模様。
マヨネーズ料理が好きで、特に門脇の母親が作るマヨネーズコロッケが大好物。
パンにマヨネーズをかけてこんがり焼いたものと、美人の泣き顔ほど好きな物はないと公言する。
兄と妹がいる。

海音寺とは両校との試合に当たって参謀同士として電話などで心理戦を繰り広げるも、自らの本心を見抜いてくる上に、野球に対する熱い思いをまっすぐに伝えてくる彼に振り回される。高校生になった後も、その関係は続いてる様子。

関連タグ

バッテリー(あさのあつこ) 門脇秀吾 海音寺一希 原田巧 永倉豪

pixivに投稿された作品 pixivで「瑞垣俊二」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 108663

コメント