ピクシブ百科事典

海音寺一希

かいおんじかずき

あさのあつこの小説『バッテリー』の登場人物。
目次[非表示]

「爆弾には爆弾の使い道があるでしょう」
「マジおもしれえよな、野球って」

概要

アニメ版 CV:梅原裕一郎
ラジオドラマ版 CV:松田健治 
映画版 演:矢崎広 / ドラマ版 演:川村亮介

新田東中学校野球部の元キャプテン。背番号6番、四番打者。ポジションは遊撃手。

やや小柄な体格ながら打撃守備ともに優秀で、全国区の横手のショートである瑞垣に「あいつの守りは俺に匹敵する」と言わしめるほど。

野球をこよなく愛し、自身もまた天才の門脇ら以上に「野球の神様に最も愛されている男」と評される。
「天才」でないことを自覚しつつも、天才である巧や門脇らと野球ができることを爽快と考えており、心から野球を楽しんでいる。

人物

真面目で温厚。明朗快活かつ素直な性格でリーダーシップもある。
女子にモテている描写があり、老若男女問わず人を惹きつける性質の持ち主で、巧曰く「人を惹きつける磁力がある」。
成績も優秀で、生徒会長も務めている。
アニメ版では四角い黒縁眼鏡をかけている。

前述の通り品行方正な面が目立つ一方、瑞垣から貰い煙草をしたり、(公道ではないものの)無免で原付に乗ったりしたこともある。
単なる「良い子」ではなく、横手戦やバッテリーに関しては策士としての側面を露わにする。
瑞垣の門脇に対する鬱屈とした感情も見抜いており、無自覚ながら相手のスキを突く一面も。

鉄壁の三遊間コンビとしてサードの磯部とは特に親しい。巧と豪のバッテリーを巡り意見が対立した際には、彼を「悠哉」と名前で呼んだ。
瑞垣とは敵校の参謀同士として言葉の応酬や心理戦を交わすも、海音寺自身は瑞垣と話をすること自体が面白いらしく、高校生になっても頻繁に電話をしている様子。

上に姉二人の末っ子。
テトラという名前の猫を飼っている(前足に縞模様があるため)。

関連タグ

バッテリー(あさのあつこ) 原田巧 永倉豪 瑞垣俊二 門脇秀吾 戸村真 展西詠司 磯部悠哉

pixivに投稿された作品 pixivで「海音寺一希」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 87229

コメント