ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

中枢神経系の障害による不随意で持続的な筋収縮にかかわる運動障害の総称。
筋肉の緊張の異常によって様々な不随意運動や肢位、姿勢の異常が生じる状態となってしまう。

症状の出方も様々で、全身に及ぶものから体の一部分に発症するタイプもある。
原因は不明な点も多いが、脳や神経系の異常と言われている。
一部には遺伝性のタイプや脳性麻痺の二次障害によるものもある。

特定の動作の時に起こるものを動作特異性ジストニアとも呼び、特に職業上よく使う部位に発生するものを職業性ジストニアともいう。

直接命に関わる可能性は低いが、自分の意に反して体が傾いたりまぶたが痙攣したりと患者が感じる不快感は決して軽いものではなく精神的にはかなり厳しい病気である。
特に職業性ジストニアの場合はミュージシャンなど「本人が好きで夢を持ってやっていた仕事」の作業が思うようにできなくなっていくため心身ともに深く傷つくことも多い。

治療法は未だ試行錯誤の部分が多く「確実に治療できる」というものはないが、ボツリヌス毒素などを使った治療が行われている。
手術を行うこともある。

ジストニアに罹患したことを公表している著名人

左腕に症状が発生しバンドの活動休止を余儀なくされた。

ドラムが思うように叩けなくなったためバンドを脱退して引退
療養のため活動休止中。
首の筋肉に異常が出たため半年の休養。
ドラムが思うように叩けなくなったためバンドを脱退して引退
症状により本来のパートだったサックスが演奏できなくなりキーボードに転向。


関連タグ

職業病

関連記事

親記事

病気 びょうき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジストニア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 506

コメント