ピクシブ百科事典

テクモ版キャプテン翼

きゃぷてんつばさのてくもげーむばん

「テクモ」で発売されたゲーム版「キャプテン翼」。
目次[非表示]

解説

キャプテン翼」の週刊少年ジャンプでの、いわゆる「無印」連載、及び昭和アニメ版放映当時、
テクモ」からファミコンで「キャプテン翼」のキャラクターゲームが発売された。

それは選手ごとにコマンドを入力して操作し、「ガッツ」と名付けた行動値を消費しながらゲームを進めていくという、当時としては画期的な「リアルタイムシミュレーションゲーム」として、当時の子どもたちに大受けした。

第1作目から「Ⅴ」まで発売され、キャラクターや必殺技など原作の要素を取り入れながら、テクモ版独自のキャラクターやストーリー展開が成され、当時としては珍しい「ゲーム版独自のオリジナル要素」が多数生み出されることになった。
そしてこれらのオリジナル要素のファンも多く、pixivではそれらのファンアート作品が投稿されている。

アルゼンチンユーーース
テクモ版ドイツの皆さん



また、「キャプテン翼」ゲーム版独自の画面やシーン、
そして「くっ! ガッツがたりない!」や「そう なんども ぬかれて たまるか!」や「もりさき くん ふっとばされた!」などの名セリフ迷セリフも生み出され、

ドウッ!!


それらは現在、pixivでも「ネタ絵」として作品投稿がされている。

iPod風
さつじんシュートでたのしいなかまがポポポ~ン


森崎くん お許しください!


チュンくんの すずしいかぜだ!
スーパーがんばる人


まあ、だいたい「もりさきくん」なのであるが(笑涙)

また、2018年7月7日に、任天堂より「ジャンプ50周年版ミニファミコン」が発売され、その中に第1作目「キャプテン翼」と「キャプテン翼II スーパーストライカー」が収録される事が発表された。

ジャンプ50周年版のミニファミコン発売!ファミコンジャンプなど20本収録 - コミックナタリー

タイトル

「キャプテン翼」

ファミコンで発売。
上記では連載当時と記載したが、当時としては異例のゲーム開発に伴う発売延期の末、「無印」連載終了後に発売された。
そのためゲーム内容は原作の「中学生編」、「Jr.ユース編」に準拠。
その他、中学生編で「両校優勝するか否か」やJr.ユース編に「岬太郎を呼べるか否か」の選択肢も存在する。
Jr.ユース編も対戦相手が参加国からランダムに選出され、予選リーグが開催されるなど、ゲーム性が多様化されている。

キャプテン翼II スーパーストライカー

キャプテン翼II
キャプテン翼2
スーパーストライカー

ファミコンで発売。
「ワールドユース大会」が催されるが、ストーリーはテクモ版オリジナルとなる。
テクモ版「キャプテン翼」の中で、名作中の名作と謳われるゲームである。
そのためWikipediaやニコニコ大百科にて独自の記事ページが存在する。
キャプテン翼II スーパーストライカー - Wikipedia
キャプテン翼2とは - ニコニコ大百科
また、人によっては「原作よりもこちらが正史」と見なす強硬なファンもいる。

キャプテン翼III 皇帝の挑戦

スーパーファミコンで発売。
ドイツ主催の「ユニバーサルユース大会」の優勝を目指すストーリー。

キャプテン翼IV プロのライバルたち

プロのライバルたち

スーパーファミコンで発売。
大空翼や若林源三以外の日本人選手も海外プロリーグへと参戦していく。
分岐によってストーリーのエンディングが変わる形式となっている。

キャプテン翼V 覇者の称号カンピオーネ

覇者の称号カンピオーネ

スーパーファミコンで発売。
ストーリーがセリエA、アジアカップ、ワールドトーナメントなどに別れるほか、日向、若林、シュナイダーなどのキャラクターのサブストーリーモードがある。
最終的にはラスボスチーム「カンピオーネ」と対戦する事になる。

キャプテン翼VS

キャプテン翼VS

ゲームボーイで発売。
IIとIIIの間に発売された。
原作の「小学生編」の後、日本代表を結成し「ワールドジュニア」に挑むアニメ&映画の要素を入れたオリジナルストーリーになる。
シリーズで初めてモブ敵選手全員に名前が付いた。

「キャプテン翼」


メガCDで発売。
IVとVの間に発売された。
原作の冒頭から「中学生編」までを再現。
CDであることを生かし、昭和アニメ版の声優を用いたビジュアルシーンが特徴。

関連リンク

キャプテン翼 (ゲーム) - Wikipedia

関連タグ

キャプテン翼
テクモ 任天堂
ファミコン スーパーファミコン
ゲームボーイ メガCD
家庭用ゲーム コンシューマゲーム
キャラゲー
名作 迷作
神ゲー 懐ゲー

pixivに投稿された作品 pixivで「テクモ版キャプテン翼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 626

コメント