ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ブンデスリーガ

ぶんですりーが

ドイツ語圏のプロスポーツリーグの名称。主にドイツのサッカーのプロリーグを示すことが多い。優勝チームに与えるマイスターシャーレが有名。
目次 [非表示]

サッカー・ブンデスリーガ

ドイツで行われているサッカーリーグ。

1963年に全国リーグであるブンデスリーガが創設される。

1990年のドイツ再統一によって、旧東ドイツ出身の選手も自国選手として登録が可能になり、1991-1992シーズン以降は旧東ドイツのDDRオーバーリーガに所属していたクラブも参加する様になった。しかし資金力の差などから下部リーグに所属し、ブンデスリーガ1部には旧西ドイツ地域のクラブが多く所属する。

(再統一後の東側のチームでは2020年現在、「1.FCウニオン・ベルリン」と統一後に結成した「RBライプツィヒ」が1部に参加。また現在は2部相当の「SGディナモ・ドレスデン」と「ハンザ・ロストック」、4部相当の「エネルギー・コトブス」がかつて1部に参加した。)

2006年に母国開催されたワールドカップを機に人気が上昇。セリエAプレミアリーグを上回る観客動員数を誇る。


クラブとして存在を許されるためのハードルが世界トップクラスに高く、経営健全なクラブでなければブンデスリーガに所属することはできない。また会社名などのスポンサー名をチーム名に組み込む事も禁止されている。


毎年の優勝候補としては歴史的な絶対盟主バイエルン・ミュンヘンが君臨し、近年はドルトムントが2番手に付けることが多い。

しかしバイエルンはドイツ人プレーヤーにとっては一種のゴール地点のような立ち位置のため、国内で頭角を現した有望株は大抵そのままバイエルンに引き抜かれてしまうので中々パワーバランスが崩れない。


クイズマジックアカデミー』の「並べ替えクイズ」で、デスブリンガーとボケ回答をやるのはお約束なのかもしれない。


日本との関係

奥寺康彦氏が、日本人として初めて挑戦。その後多くの日本人選手が移籍。過去にドルトムント香川真司シャルケ04内田篤人がチームの優勝や有名な大会での勝利に貢献し、レジェンドとして扱われたり、乾貴士酒井宏樹岡崎慎司等といった日本代表に選ばれる選手たちも数多く活躍し、その後他国リーグに移籍。2022年では欧州5大リーグでは最も多いとされる13人(1部2部合わせて)となっており、現在の2023年シーズンも多くの日本人が在籍。現に2022年FIFAカタールW杯サッカー日本代表では、浅野、板倉、伊藤、鎌田、酒井宏樹、田中碧、堂安、吉田の9人がブンデスに関係があった。(※1)

この在籍している人数が多いのは、ブンデスに外国人枠が無い事(※2)と「プロ意識の高さ」「人間性」(※3)にあると述べられている。


※1 酒井宏樹は過去に在籍。当時、浦和レッズ所属。田中碧は、当時2部フォルトゥナ・デュッセルドルフに在籍。

※2 外国籍選手の登録制限を2006/07シーズンに廃止。現在はユース出身を四人以上登録の義務がある。

※3 ブンデスリーガの公式ホームページが明言。長谷部誠について過去に述べられたコメントを引用して述べられている。


主なチーム


日本人選手(2023年シーズン所属)

1部



2部


かつて1部に在籍した主な選手

あ行


か行


さ行


た行・は行


ま行


や行

 

関連タグ

サッカー 海外サッカー ドイツ代表



外部リンク

公式サイト(日本語)


男子サッカー以外のブンデスリーガ

女子サッカー卓球バスケットボールハンドボール野球のブンデスリーガが存在する。

国内リーグではアメリカンフットボールの「ジャーマン・フットボール・リーグ」、ドイツ水球リーガ、ドイツ・アイスホッケーリーガなどブンデスリーガがつかないリーグも存在する。


因みに女子サッカーでは安藤梢岩渕真奈、大儀見優季(永里優季)、永里亜紗乃(引退、永里優季の実妹)らが1部でプレーしている。

関連記事

親記事

サッカー さっかー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58903

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました