ピクシブ百科事典

稲本潤一

いなもとじゅんいち

稲本潤一は日本のプロサッカー選手。Jリーグ・北海道コンサドーレ札幌所属。

ポジションはMF(ボランチ)⇒DF(センターバック)。

来歴

1979年9月18日、鹿児島県姶良郡湧水町生まれ。
生後間もなく鹿児島県から大阪府堺市に転居。
6歳の時に堺市の青英学園幼稚園でサッカーボールに触れる。
堺市の小学校に入学するも同校のサッカー部は5年生からであったため稲本の才能を惜しんだ周囲が青英学園SCに参加出来るよう取り計らった。
小学校5年生時「大阪トレセン」、小学校6年生時「関西トレセン」に続き「12歳以下ナショナルトレセン」に選抜。その後周囲の勧めもあり「プロになる近道」との理由でガンバ大阪ジュニアユースに加入。

1997年、ガンバ大阪の下部組織からトップチームであるガンバ大阪に昇格し、当時最年少の17歳6か月でJリーグ初出場。17歳7か月でJリーグ初得点。
1999年、FIFAワールドユースで準優勝を果たし、シドニーオリンピックサッカー日本代表、A代表にも招集されてアジアカップやコンフェデレーションズカップに出場。日本代表の主力選手に成長した。

2001年、以前Jリーグで監督をしていたアーセン・ベンゲルに見込まれて、イングランドプレミアリーグアーセナルFCにレンタル移籍。
2002年、日韓W杯代表に選出され、W杯初出場。ベルギー戦では一時逆転となったゴールを、ロシア戦では決勝点を決め、日本の初勝ち点、初勝利、決勝トーナメント進出に貢献。
W杯後、出場機会を求めてプレミアリーグのフラムFCにレンタル移籍。その後もウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン、カーディフ・シティにレンタル移籍。
2006年6月、ドイツW杯に招集される。第2戦のクロアチア戦の後半に途中出場。第3戦のブラジル戦、稲本からの左サイドへのグラウンダーのパスによるサイドチェンジは玉田圭司のゴールの起点となったがチームは2敗1分でグループリーグ敗退。
2006-07シーズンはトルコ1部リーグのガラタサライSKに移籍。
2007年5月、同期の高原直泰が当時所属していたドイツのブンデスリーガ、フランクフルトへ2年契約で移籍。
2009年6月、フランス1部リーグのスタッド・レンヌに移籍。しかし出場機会に恵まれず、翌年の南アフリカW杯を視野に国内復帰を模索していたところ、2010年1月、川崎フロンターレへ完全移籍。
2014年、契約満了でコンサドーレ札幌へ完全移籍。

pixivに投稿された作品 pixivで「稲本潤一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 109

コメント