2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

医学的には変声と呼ばれ、人間の成長のうち第二次性徴とともに起こる。
ホルモンバランスの変化により起こるもので、身長成長のピークを過ぎる頃に始まることが多い。個人差はあるが、大体小学校高学年〜中学生くらいの時期に始まるとされる。
男女ともに起こる現象だが、男性の場合が変化は顕著で、声帯が太く長くなることで喉仏が突出し、声全体が太くなって声の高さが1オクターブほど低くなる。一方女性の場合では喉仏が出てくることはほとんどなく、音域もそれほど変化しない。このため、「声変わり」といった場合には大抵男性のそれを指す。

声変わりが始まると掠れたような、ガラガラした感じの声になり、数ヵ月かけて徐々に声帯が変化していく。声帯が変化することで、ハスキーボイスに変わっていく人もいる。
なお、声変わり前の男子の高い声をボーイソプラノといい、声変わりが来ていない男子が合唱などの場で女子のパートに割り当てられることもある。

元々声域が高い方であった、声質が細い方であったなどの理由で、声変わりの影響をほとんど受けなかったという人もいる。
例えば歌手の小田和正は成人男性でありながら女性並みの澄んだ高音の歌声の持ち主で「変声期を迎えたという記憶がない」と自分で語るほどであったが、ある番組で医師から「変声期を迎えていないということはまずあり得ない。声変わりのあとも高い声を変わらず出すことができたため気が付かなかったのではないか」と指摘されている。
歌手や声優といった職業の人には、声変わりした後にボイストレーニングで声域を広げ、声変わり前の高い声を維持している人もいる。
逆に成人してから酒やタバコ、大声の出し過ぎで喉を痛めた、怪我や病気で声帯に変化があったことなどを理由に声の出し方が変わり、さらに低い声になっていく人も多い。この場合は「声変わり」と言わないことが一般的である。

他にも、性ホルモンの分泌が適切に行われなかったため性徴に影響が出てしまい、声変わりが起こらなかったという人もいる。
有名な例ではバロックの時代において変声期前に去勢しボーイソプラノを維持させようとした「カストラート」や、主にアジア圏の文化として存在していた、去勢された官吏「宦官」などが挙げられる。男性ホルモンの分泌が抑制されるため成人しても女性のような声をしており、かつ成長ホルモンは普通に分泌されることから男性としての骨格・筋肉を持つため体力は女性以上であったという。
現代でも事故や病気が原因で性ホルモンの分泌が十分でないことを理由に声変わりが起こらなかった、という例も少ないながらに存在する。

民族風土文化時代、生まれ持った体格によって音域の変化は違っており、「欧米では低い声が多いのに日本人は~」と言う論者もいるが、単純比較はできない。

声優

アニメ吹き替えなどでは、声変わり前の少年役を、低め・ハスキーな声質の女性声優が演じるケースが大半である。また、少女時代と成人後で別の声優が当てられることも多い。
これは日本でも海外でも同様である。

作品によっては男性子役を使ってリアルな声変わり前の声を演出することもあるが、収録時間が長引くことによる影響や、演技力に難が多い(アフレコやフィクションとしてある程度誇張された演技に慣れていない)ケースがしばしばあるためそれほど多くはない。
また、長期シリーズ等では子役が声変わりするとそのキャラを使いづらくなるため、別の声が似た子役を起用するよりは女性声優が代役・後任を務める場合がほとんどである。後年の客演や続編において成長などの演出として続投することもなくはないが、この場合も幼少期は女性声優が担当しているケースが大半である。

逆に孫悟空のように、少年期から青年期まで同じ声優が担当するケースもあるが、これは極めて稀なケースである。
2010年代以降は高めの声の男性声優が声変わり前の少年役を演じることも少なくないが、(幼い)少女役を男性声優が演じることはほぼ無い。(特に吹き替えでは)性別に関係なく広い意味での「子供役」を女性声優が担当するケースが多いと言える。

インターネット上では声優交代を茶化して「声変わり」と称する人もいる。

関連タグ

成長 第二次性徴 声優
声豚・・・あの意味、この手の悪質な人々には切り札の1つ。

関連記事

親記事

こえ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 103138

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました