ピクシブ百科事典

加藤和彦

かとうかずひこ

加藤和彦とは、日本のシンガーソングライターである。

概要

1947年3月21日生まれ、2009年10月16日没。

京都府で生まれたものの、親の都合ですぐ神奈川県に引っ越し、小学4年のころに京都に戻るも1年で今度は東京暮らしとなる。
高校時代にボブ・ディランに憧れてギターを始め、仏師だった祖父の影響もあり京都の龍谷大学へ進学。
1965年に別の大学にいた北山修らと「ザ・フォーク・クルセダーズ」を結成したが、1967年に一旦解散する。
しかし、自主制作盤したアルバム「ハレンチ」の中に収録された自作の「帰って来たヨッパライ」と北朝鮮の民謡に日本語の歌詞をつけた「イムジン河」がラジオ番組で取り上げられるようになり、北山に説得されてフォーク・クルセダーズを再結成する。ただし活動は1年限定、新メンバーにはしだのりひこを入れるという条件をつけた。
解散後は一旦ソロになったが、ファンから最初の妻となった福井ミカ、元ストロベリー・パスのつのだ☆ひろ高中正義サディスティック・ミカ・バンドを結成する。
メンバーチェンジしながら活動していたが、1975年に福井と離婚しバンドも解散。
1977年、作詞家安井かずみと再婚。
1985年6月15日、国際青年年記念 ALL TOGETHER NOWにミカ・バンドのメンバーだった高中、高橋幸宏後藤次利松任谷由実坂本龍一を加えたサディスティック・ユーミン・バンドという1日限定のバンドとして出演。
1989年、ミカ・バンドを再結成。ベーシストを初代の小原礼に戻し、新たなボーカリストとして桐島かれんを迎え、1992年ころまで活動する。
1994年、安井と死別。翌年オペラ歌手の中丸三千繪と再婚するが、2000年に離婚。
2002年、ミカ・バンドを再結成。木村カエラが最後のボーカルとなり、2007年まで活動。
その後は坂崎幸之助とフォーク・デュオ「和幸」を結成。
2009年10月16日、鬱病の悪化で長野県のホテルを首を吊った姿で発見される。

pixivに投稿された作品 pixivで「加藤和彦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 336

コメント