ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

以前はイスラエル民謡(=パブリックドメイン)として楽曲が使用されていたが、イスラエルの初代・音楽視学官を務めたイマヌエル・プガチョフ・アミラン(1909年8月8日~1993年12月18日)が作曲した事が分かった。 著作権法では死後50年まで著作権が存在するとされているため、2043年まで著作権がある。

1937年、エルス・ダブロンが振付を考案。


日本では体育授業フォークダンスや、キャンプファイヤー定番曲として親しまれてきた。

比較的ゆったりしたテンポの「藁の中の七面鳥オクラホマミキサーBGM)」と双璧をなす。

どちらの曲にも、誰と手を繋ぐかというお楽しみ要素はあるが、2人1組ペアになる&曲もゆっくりなオクラホマミキサーはカップル量産・冷やかし野次馬ホイホイなのに対し、マイムマイムは単純に皆で盛り上がる曲という印象が強い。

テンションが上がりすぎると 転んで、周囲に多大な被害を与える。


ちなみにマイム(Mayim)とはヘブライ語で「水」のことで、乾燥した土地に入植した開拓者たちが、水を掘り当てて喜ぶさまを表したもの。


ニコニコ動画でのマイムマイム

2008年頃から、ニコニコ動画にて、このマイムマイムを用いたMAD作品が作られはじめ、一時、ブームにもなった。

2020年代に入ってからも、「アイドルマスターシャイニーカラーズ」などを題材にしたマイムマイム系動画が知られている。

ただしそのほとんどは、当曲をアレンジした、ゲーム「セクシーパロディウス」のステージBGMである「ラブリー乙姫」が使われており、原曲を使った作品はごく少ない。


関連タグ

フォークソング フォークダンス イスラエル 民謡

関連記事

親記事

フォークソング ふぉーくそんぐ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 283034

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました