ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

まっくら森の歌

まっくらもりのうた

シンガーソングライター谷山浩子が1986年に発表したアルバム「水玉時間」の一曲で、NHKのみんなのうたの曲として知られる。アルバム「しっぽのきもち」に放送されたバージョンが収録された。
目次 [非表示]

『耳をすませば何も聞こえず』

『時計をみればさかさままわり』

『まっくら森は心の迷路』

『「早い」は「遅い」』

『まっくらクライ、クライ・・・』


概要編集

1985年・8~9月粋で放送された楽曲。

幻想的ながらも不気味なアニメーションと歌詞はみんなのトラウマの一つとしては勿論、メトロポリタン美術館月のワルツとともに『みんなのうた三大トラウマソング』に挙げられている。


映像に出てくる花や魚が寒色不気味な上、肯定否定が交互交互に来る歌詞が不安を煽る。ネコとネズミが始終不安な顔をしているのもとまどう。

曲はとても綺麗なのだが…。


ただ、その優しい歌声や含みを持たせた歌詞や幻想的なイラストに魅入られた人も少なからずおり、何処か「哀しみ」をも感じさせる曲・アニメーションは、良くも悪くも印象に残る作品になっている為、他の三大トラウマソングに比べると評価の大きく分かれる物となっている。


登場キャラクター編集

ネコ・・・ネズミと一緒に『まっくら森』に迷い込んでしまったネコ。


ネズミ・・・ネコと一緒に『まっくら森』に迷い込んでしまったネズミ。


謎の人・・・『まっくら森』に現れる帽子を被りコートを着た謎の男。男が持っていた箱に闇が吸い込まれると、森に夜明けがやってくる。


まっくら森の歌まっくら森の歌


関連動画編集

関連タグ編集

谷山浩子 まっくら森 みんなのうた みんなのトラウマ

如月千早...CDでこの曲を歌っている。

関連記事

親記事

みんなのうた みんなのうた

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65119

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました