ピクシブ百科事典

ブリュンヒルデ(終ワル)

ぶりゅんひるで

漫画「終末のワルキューレ」における主人公(ヒロイン)兼語り部にあたるキャラクター。
目次[非表示]

注意
キャラクターとしての名前はブリュンヒルデだが、単体だと他作品のブリュンヒルデが大量に検索に引っかかってしまう。
検索時は終末のワルキューレの作品名タグと併用することを推奨する。

概要

終末のワルキューレにおける主人公であるが、英雄と神の戦いを見守る語り部狂言回し解説としての側面もある。
これは作品の性質上一戦一戦における英雄や神々も主人公のような存在というある種の群像劇に近い形態であるが故の役回りとも言える。
作中冒頭において、神々が満場一致で決議した「人類滅亡」にただ1人異を唱え、
神vs人間のタイマン13番勝負(ラグナロク)を提案し、判決を翻させた。

人物

眉目秀麗で聡明な女性。かつてワルキューレでありながら人の身に零落したこともあってか、人間を見下し罰しようと考える神々の中では数少ない親人類派。
常に凛とした佇まいを崩さず、神々の人類滅亡の決議に反対する際も恐怖を抑え毅然と発言、そして神々を挑発する肝の座った一面を見せる。
と、最初の頃は思われていたが…

本性(ネタバレ含)

回が進むにつれどこぞの真ゲスピエロ漫画家もびっくりの顔芸を披露する機会が爆増。
この顔芸をする時はだいたいキレているか悪いことを考えているときである。
基本的に神々に対しては異常に辛辣な対応をとり、ゼウスに対しては「戦闘変態嗜虐愛好神(エロジジイ)」」呼ばわりしている(ただしこの渾名は神々の間では割と公認されている模様)。
妹のゲルと兄妹のように仲のいいヘラクレスに対しても、悪辣極まる策をぶつけるなど容赦が無く、その憎悪は並大抵ではない事が窺い知れる。
また「神殺し」という目的の為なら姉妹の死すら冷酷に切り捨てる一面もあり、ランドグリーズ呂布奉先と共に完全消滅(ニブルヘル)して悲しみに咽ぶゲルに対しては

「哀しみ(そんなもん)で神々(やつら)を殺れるの?」

と鬼の形相で涙一つ流す事なく言い放った。
(無論彼女にとっては英雄と姉妹が死ぬ事なく戦いに勝利するのが最上であり、肉親の死に怒りを覚えているためまるきり非情という訳ではないはずだが)

上記の顔芸や冷酷な一面のせいで一部読者からは「人類の守護以外に何か真の目的があって悪巧みをしているのではないか」と勘繰られてしまう始末。

ちなみにストレスが頂点に達するとサルミアッキ(北欧のクソまずいあれ)のパイをドカ食いするという奇癖の持ち主。味覚が壊滅しているのか?食べている最中も案の定顔面崩壊を起こしている。しかも食い方が汚い。

能力

単行本6巻時点で一切不明。
他の姉妹と同じように「神器錬成」できるかも分からないが、13姉妹と人類代表の英雄が13人なので彼女自ら英雄と共に戦う可能性もある。
知識の方は豊富で、英雄の持つ能力や神々の歴史などをゲルにレクチャーしている。

関連人物

ワルキューレ13姉妹

ゲル

13姉妹の末妹。1話から共に登場。無謀かつ大胆な姉の言動に終始全力でツッコミを入れている。

ランドグリーズ

盾を壊す者
4女。
名に込められた意味とは裏腹に穏やかで柔和な性格。
呂布奉先の方天戟に「神器錬成」する。

レギンレイヴ

神々の残された者
7女。
学士風の服にメガネをかけたぱっつん少女。あとおでこ
インテリな外見とは裏腹にアダムと共に戦う際に「神器錬成」したときの形状はなんとメリケンサック

フリスト

震える者と轟かす者
次女。
長女以上にグラマーなスタイルの持ち主。唯一名前に二つの意味を持ち、その名の通り二つの人格を持つ。
震える者は憂いを帯びた雰囲気の物静かな女性。悲しむゲルを優しく抱きしめ、慰める慈悲深い性格。
轟かす者は激しい怒りを抑えることのない激情型の性格。神を「クソども」と言い放ち、先に散った姉妹の復讐を誓う。ちなみに震える者の時は右目が、轟かす者の時は左目が隠れる。
備前長光三尺余寸に「神器錬成」し、佐々木小次郎と共に戦場に赴く。
彼女の真価が発揮された瞬間のブリュンヒルデの喜び様は必見。

人類側

呂布奉先

三国志最強
人類の先鋒。
ブリュンヒルデが戦場で「出会った」中で最凶かつ最狂と称した武人。
その強さと凶暴性から開戦前に先鋒に選出することを決めていた。

アダム

全人類の始祖
人類側第二鋒。
「最高の精神力(こころ)」の持ち主と認めた男。
ブリュンヒルデは彼が「神を憎悪している」と考えていたが…

佐々木小次郎

人類最強の敗者
人類側第三鋒。
誰を選出するか極度のストレスの中決めかねていたところを自ら名乗りを上げた剣士。
机から落ちたミルクポットを一滴も零さず長剣で掬い上げたのを見、達人と確信。第三鋒を委ねる。

切り裂きジャック

人類史上最凶の殺人鬼
人類側第四鋒。ブリュンヒルデからの評価は
「人類の中で~~~~一番ん~~~~「キライ」なぁ~~~~クソ中のクソのゲボカス野郎」
…とメチャクチャ嫌われている(この時もやっぱり凄い顔で語っている)。
一方で彼の悪意を評価し、「人類の底知れぬ悪意の結晶は善なる最強神をも穿つ」として最強の英雄神ヘラクレスにぶつける。

神側

トール

北欧神話最強
神側先鋒。同郷の為か顔見知りの模様。会議終わりにブリュンヒルデに絡んでいたインキュバスを一発でミンチにし、「楽しませなければ殺す」とだけ言い放ち去っていった。
その威容に居合わせたゲルはおろかブリュンヒルデ自身も震えを抑えられないほど。

ゼウス

全知全能の神
神側第二鋒。ワガママで第二鋒になった為完全にブリュンヒルデの予想外の出場。
上述の通りエロジジイ呼ばわりしているが、ゼウスの方はラグナロクで完全にテンションが上がっており満更でもない(というかノリノリ)。

ポセイドン

大海の暴君
神側第三鋒。直接の面識は描写がないもののその無慈悲さはよく知っており、ほとんどの神々が口にするのも忌避する彼と彼の兄に関する事件についても網羅している。

ヘラクレス

神に成った伝説の英雄
神側第四鋒。末妹のゲル共々「兄様」と呼び慕う仲。元人間であり、人類を守護する為に神に成った(本人曰く神に「堕ちた」)こともあってか、ブリュンヒルデにとっては数少ない親人類派の同志とも云うべき存在。今回のラグナロクも完膚なきまでに勝った上で「人類救済」を申し出る気でいた。
その信念と正義は最悪の形をもって裏切られる。

関連タグ

終末のワルキューレ ワルキューレエインヘリヤル北欧神話
ラグナロク

シグルド…古エッダやヴォルスンガ・サガにおいて彼女の夫だった英雄。作中では言及は今のところないものの、他の神話出身の英雄から推測するにおそらくこの世界では実在したと思われる。

関連記事

親記事

終末のワルキューレ しゅうまつのわるきゅーれ

兄弟記事

コメント