ピクシブ百科事典

最後のレストラン

さいごのれすとらん

『最後のレストラン』(さいごのレストラン)は、藤栄道彦による日本の漫画作品。新潮社の『月刊コミック@バンチ』に2011年4月号から隔月連載中。話数表記は「GUEST.○」。1話1人物の一話完結型ストーリーになっている。
目次[非表示]

あらすじ

今ひとつ流行っていないレストラン「ヘブンズドア」
オーナー兼シェフの園場凌が何やかやと騒いでいると、なぜか死の間際の歴史上の著名人がレストランを訪れてくる。その人物たちに最期の料理を食べさせるため、園場は従業員の有賀千恵や前田あたり、過去に帰れず従業員として居付いたジャンヌ・ダルクと共に機転を利かせて、何とか工夫して満足のいくものを作って行く。

登場人物

「ヘブンズドア」の従業員

園場 凌(そのば しのぐ)

父からレストラン「ヘブンズドア」を受け継いだばかりのオーナーシェフ。28歳。マイナス思考かつ無気力で、すぐに自殺を図ったり仕事を放棄しようとしたりする。しかし料理の技術や発想は高く、店を訪れる著名人の無理難題に見事に答えていく。当初は父の店を継いだばかりで客も殆ど訪れなかったレストランにも徐々に客が増えていくことになる。先代のオーナーシェフであった父は一年前に他界。
名前の由来は「その場しのぎ」から。

有賀 千恵(ありが ちえ)

ヘブンズドアのアルバイト。17歳の女子高生。特殊な技能はないが、明るく人なつっこい性格で、店のムードメーカーのような存在。毎回一生懸命に園場を励ましたり発破を掛けたりしてやる気を出させようとしているが、彼のあまりのマイナス思考振りにキレてしまい、上司が相手とは思えないような乱暴な態度をとってしまうことも。両親と姉との4人暮らし。都二格(とにかく)高等学校在学中。
名前の由来は「ありがち」から。


前田 あたり(まえだ あたり)

ヘブンズドアのアルバイト。19歳の女子大生。園場が店にガソリンをまいて火を点けようとしているのを見ても平然としているほど冷静沈着な性格の持ち主。専攻は不明だが語学に極めて堪能であり、英語はもちろんフランス語、古代ギリシア語、古典ラテン語、ヘブライ語、アラビア語、スペイン語、中期漢語、オーストリアドイツ語、中世日本語(3巻までの時点)による会話を行い、店を訪れる古今東西の著名人との通訳をこなす。歴史や文化についても博覧強記と言っていいほどの知識を有しており、彼女のアドバイスが「最後の料理」のヒントとなることも多い。
同様に語学堪能で何でもこなせる従姉妹がホテルに勤めているという裏設定がある。
聖ウァレンティヌスの時はジャンヌとともにドリフのコントのごとく大声を上げた。
名前の由来は「あたりまえだ」から。

ジャンヌ・ダルク

中世イギリスの異端審問裁判で火刑により死ぬ直前にヘブンズドアへ飛ばされてきた。園場のことを死刑から自分を救ってくれた唯一神と勘違いし、神の奇跡を見せる一皿を注文する。出された料理に満足し帰ろうとするが、何故か元の時代に戻れず、そのままヘブンズドアで従業員として働くことになった。史実として語られる通り純真で真面目な性格だが、それが嵩じて時折やや狂気じみた表情や振る舞いを見せ、園場を戦々恐々とさせている。
ベジタリアンであるため肉魚卵を食べず、一人だけ違うまかないを食べることもある。
自分を処刑したイギリスにはトラウマを持っており、イギリス人を見ると決戦兵器並に暴走する。横須賀の海岸で水着の人々を見て恥ずかしがった。
いつも鎧を着ているので力が強い。

ヴォルフ

アドルフ・ヒトラーの飼い犬であり、自殺前のヒトラーを導くようにヘブンズドアにやってきた。ヒトラーは元の時代に戻ったがヴォルフは付いていきそびれ、そのまま店で飼われることになった。食品衛生法上の問題で普段は店の外の犬小屋にいる。
安徳天皇とのキャッチボールが最近の趣味。安徳天皇を小学校へ迎えにいっている。
母親犬はマルティン・ボルマンからヒトラーに贈られたジャーマン・シェパード・ドッグ(アルサシアン)のメスのブロンディ(Blondi、1934年 - 1945年4月29日)。
1945年1月、ヒトラーが総統地下壕に移転したのちも、ブロンディはヒトラーと行動をともにした。ヒトラーはブロンディが総統防空壕の寝室に泊まるのを許していた。
同年4月、ブロンディは Gerdy Troost の所持するジャーマン・シェパード・ドッグのHarass との間に5匹の子犬をもうける。ヒトラーはそのうちの1頭の子犬に、彼の大好きな名で彼自身の名前の由来であり、を意味する「ヴォルフ」 (Wolf) という名前をつけた。

御奴 心(みやっこ こころ)

かってヘブンズドアで働いていたことのある料理人。ステーキなどの焼き物専門シェフであり、先代の助手にして凌の先輩。料理の腕は確かなのだが少々性格に難があり、持論を曲げないことから勤め先の大手ホテルオーナーに反発し失職。半ば強引にヘブンズドアに復帰した。
いつも笑顔なのだが、怒る時も笑顔でプレッシャーを放ちつつ淡々と正論を並べてくるので、凌たちには恐れられている。
仕事着が網タイツ+肩と背中が大きく露出したワンピース型エプロンという、アレにしか見えない格好で店の中を歩き回るため、よく店長と勘違いされるらしい(曰く「店長以外があんな格好してたら怒られるから」)
実家には茸が採れる山がある。
名前の由来は「御怒り」から。「」の漢字を分解すると「奴」「心」となる。

安徳天皇

源平の世、幼くして亡くなった天皇。壇ノ浦の戦い最中に入水自殺しようとした途端にヘブンズドアへ。前田さんが言仁という名と持ち歩いていた神器(剣)から安徳天皇だとすぐわかった。料理を食した後、まだ元の時代には戻っていない。料理の御礼となる土産を渡していないためだと思われる(剣は前田さんが言仁に返した)。
千恵も弟のようにかわいがっており、帰ってほしくない事を願っている。
性別不詳、実際の歴史も性別のデータがあいまいで女子だったという説もあるが、今作では男の子として登場している。
その血筋ゆえか本人の資質ゆえか、凄まじいカリスマオーラを放っており、だれもが彼の前では自然とかしこまってしまう上、来店する偉人達もただならぬオーラを感じ取っている。
現在は千恵のところへ暮らすという展開となり、「有賀言仁(ありが ときひと)」と名乗ることに。
老人会との野球の試合&沢村栄治の影響で野球に興味を持った。義務教育の関係で一増(ひとまず)小学校へ通う事になった。バレンタインデーにはチョコを大量にもらった。
茸が好きで松茸より椎茸が好き。
学芸会ではさるかに合戦の猿役になった。

クルンテープ

ナレースワンから報酬としてもらったシャモムエタイの創始者であるナレースワンの影響か、胸に傷を持つ眼帯の戦士の技が使える。

「ヘブンズドア」の従業員の家族

園場の父
「ヘブンズドア」の先代オーナーシェフ。病院で長い闘病生活だったが死亡。流行りものに飛びつくミーハー。スタッフの教育はきちんとしていた。
今のところ凌と心の台詞のみに登場。
園場の母
凌と同居している。
有賀の両親
マンションに住んでいる。安徳天皇の居候を最初は反対していたが、安徳天皇のオーラを観た事で居候を許可した。
有賀 多喜(ありが たき)
有賀の姉。就職している。安徳天皇の面倒見がいい。
御奴の両親
心の台詞のみに登場。農家らしい。野菜を送る変わりに「ヘブンズドア」でタダで食べさせろと微妙な取引を望んでいる。

その他

面津 駆(めんつ かける)
食品・飲料メーカーカントリーの御曹司。イギリス料理が得意。経営者センスはあるが、調理センスに問題がある(元々イギリス料理が素朴で華やかさに欠けるというのもあるが。なお「ウナギのゼリー寄せ」は18世紀から伝わるイギリスの伝統料理)。凌とは別タイプの駄目人間。
何故か一々言葉を一部英語に置き換えて言い直す妙な癖がある。
横須賀の映画のイベントでは自分の働いているレベルを見せびらかすために園場達を温泉旅館へ無料で招待した。クルーザーをもっている。
イギリスに留学中は芋料理ばっかだった。
名前の由来は「メンツをかける」から。
矢作(やはぎ)
心が働いていたホテルの従業員。
吹田 真理(ふきた まり)
安徳天皇のクラスの担任の教師。ジョーダンとスンとメイの他にインド人とアラブ系とロシア人の子供がいる国際色が強いクラスを受け持っている。
学芸会ではさるかに合戦の馬糞役になった。
ジョーダン・ヨセ
安徳天皇のクラスメイトのアメリカ人の男の子。テンションが高い。
グ・スン
安徳天皇のクラスメイトのベトナム人の男の子。泣き虫。
美 杏(めい しん)
安徳天皇のクラスメイトの台湾人の女の子。語尾が「ある」。
詰手 礼(つんで れい)
安徳天皇のクラスメイトの女の子。ツンデレ。「ミー」という名前のネコを飼っている。
五味(ごみ)
安徳天皇の通う小学校の体育教師だがロリコン。「それは私のピロシキだ」が決め台詞のスーパーヒーローになったラスプーチンに成敗される。
強いニワトリ
軍鶏の農家にいた鶏。高齢で病気で食べ物がのどを通らない状態だが、それでも食べようとする強い精神力を持っている。
マリオ・ワルド
安徳天皇のクラスメイトのイタリア人の男の子。ラテン語がわかる。
平近(ひらちか) ならい
PTA会長で国会議員。平等や団結を好むが、騎馬戦では陣地に出たり入ったり、自軍のラインを拡大したり、五人騎馬を使ったりした。
学芸会のさるかに合戦に文句を言った。
三晋(さんしん) ますやす
子供会会長で国会議員。競技性を守る派だが、平近との闘いで運動会のルールがめちゃくちゃになってしまった。さるかに合戦のストーリーに文句を言った。
綾重(あやしげ)
艦隊コンパニオンの美人コンテストのプロデューサー。取り巻きのタレントと一緒に前田達を食い荒らそうとするが、臼淵磐達に捕まりロープに縛られた。
茂野月 好美(ものづき このみ)
「ヘブンズドア」に来た女性客。「ヘブンズドア」にいろいろ興味を持っていた。その正体は父親がホテルの会長で、園場の偵察に来た見合い相手。映画鑑賞が趣味で合気道が使える。
骨董屋の主人
格好がコントの帝王。報酬の鑑定をして買い取ろうとした。
作者的にはドリフのパロディ的に書いたつもりだが、読者的にはこち亀のパロディと感じた。
ラスプーチン
暗殺の最中に現代にタイムスリップしてきた。ブリーフを顔につけてヒーローになった。
切り裂きジャックの時にアイルビーバック風に再びタイムスリップしてきた。
園場達が切り裂きジャックに襲われそうになったときはヘブンズドアにあったパンストを顔に被った。

カントリーの食育用の豚。食育の一環で一増小学校におくられた。
淵 霧(ふち きり)
一増小学校の2年4組の生徒。
盗賊
ガンガー川(ガンジス川)を渡っている三蔵法師をドゥルガーの生け贄にしようと襲うが、三蔵法師達と学芸会へタイムスリップした。そこで猿の安徳天皇豚の有賀馬糞の吹田に成敗された。
借金取り
レストラン「モナ・リザ」にやってきたが、真田丸の火縄銃の攻撃を受けて退却した。
大阪の芸能人をモデルにしている。
好美の母
一年のほとんどが海外にいる。
「モナ・リザ」の面々
上述べたように、オーナーが借金に追われて逃走。残された従業員は御奴を通じて園場に店を立て直す案を求めるが…押しかけ従業員になっては店の方も「ヘブンズドア2号店」にしてしまった。
紀伊太郎(きい たろう)
メカクレで御奴の後輩。
根津実男(ねづ さねお)
出っ歯でモナ・リザのスタッフ。
並平(なみへい)
有賀のクラスメイトの男子生徒。
高嶺(たかね)
安徳天皇のクラスメイトの女の子。
篠火 依(しのび より)
園場のストーカー。
真田幸村
ヘブンズドアのメンバーから教えてもらった『真田幸村』の名を真田信繁が気に入ったので元の時代に戻った時に改名した。
偽ヘブンズドア
オムライスのケータリングをやっていた偽者達。義経とともに行動していた。
義経達が帰った後は罰ゲームとして雑用をやらされた。
源義経
平泉から偽ヘブンズドア達の前にタイムスリップした。走行中の車の上でもジャッキー・チェンレベルのアクションを繰り広げた。
鷺谷 空(さぎやそら)
経営コンサルタント。クーポン等を進めた。

客リスト

単行本偉人注文料理備考報酬
第1巻 1話織田信長「空前絶後の料理」初のタイムスリップした偉人。本能寺の変より濃姫森蘭丸ら数名と一緒に来た。『備前長船光忠』
2話マリー・アントワネット「自分が何を食べたいのか当ててみせること」ギロチンの処刑の直前からタイムスリップした。『マリー・アントワネットブルー』
3話ガイウス・ユリウス・カエサル「伝説になるような一皿」顔と言動が江頭2:50状態。『デナリウス銀貨』数十枚
4話坂本龍馬「日本の未来を現わす一皿」近江屋事件からタイムスリップした。『亀山焼き』数枚
5話ジャンヌ・ダルク「神の奇跡を顕す一皿」火あぶりの刑からタイムスリップ。報酬なし、レギュラー入りした
第2巻 6話アドルフ・ヒトラー「"幸福"を知る一皿」「ヘブンズドア」へ来る前にチキショーめ!!を言っていた。『ランゲ&ゾーネの懐中時計
7話ビリー・ザ・キッド「本当においしいもの」園場凌と「まるで劇画」っていうような根性風のジャンケンをした。『シーテッド・リバティ硬貨』数枚
8話クレオパトラ「お持ちの真珠の値打ちに見合う料理」凌が入っていたテーブルクロスの中から現れ、千恵のネイルアートに興味を持った。カエサルとの面識で園場たちを信用した。『大粒の真珠
9話サルバドール・ダリ「ダリを表現した一皿」死亡した1989年からではなく1984年のプボル城の火災現場からやって来た。目が自称天才になっていた。『ダリ直筆イラスト』色紙
10話関羽「感涙する一皿」凌からは巨人に見えていた。青龍偃月刀
第3巻 11話土方歳三「死んだホタルイカを生き返らせろ」千恵はスタンド使いと勘違いした。この回は中学校の先生向け道徳の教材として教科書に掲載された。『軍服の上着』
12話ナポレオン・ボナパルト「人類の歴史と英知を味わえる料理」ナポレオンにそっくりの客が同時にやって来た。『紅玉髄製の八角形の印章』による署名と捺印
13話エリーザベト・アマーリエ・オイゲーニエ「最高に贅沢な料理」喪服姿で二名の侍女と一緒に来た。『クロイツァー銅貨』一枚
14&15話安徳天皇「お口に合う料理」初の前後編。壇ノ浦の戦い最中よりタイムスリップ報酬無しレギュラー入り
第4巻 16話エイブラハム・リンカーン大統領が食べてもはずかしくないアップルケーキ」自己紹介が天下無双シルクハット
17話沢村栄治「どんな高い期待にも応えられる料理」「ヘブンズドア」ではなく河原のグランドにタイムスリップした。『野球のボール』
18話マハトマ・ガンディー「欲望に基づかない料理」時々姿がカミナリ親父になっていた。『愛用の杖』
19・20話リチャード1世「王にふさわしい料理」「ヘブンズドア」ではなく遊園地にタイムスリップした。イングランド人を嫌悪していたジャンヌに襲われた。『エクスカリバー』
第5巻 21話ラスプーチン「記憶を取り戻す料理」「ヘブンズドア」ではなく安徳天皇が通う小学校保健室にタイムスリップしたが、記憶喪失になっていた。燭台
22話メアリー・ステュアート「自分の血と肉で料理をつくれ」クリスマス会の最中に現れた。赤い服を着ていたので安徳天皇はサンタクロースと勘違いした。ロザリオ
23話ナレースワン「勝利をもたらす縁起の良い料理」顔のデザインはポンサクレック・ウォンジョンカムがモデル。スポーツドリンクが気に入った。『シャモ』のクルンテープ(登場人物参照)
24・25話ハンニバル・バルカ「ローマが泣いて悔しがる料理」「ヘブンズドア」ではなく運動会へタイムスリップした。言仁達に騎馬戦の攻略法を伝授する。自己紹介が神風『短剣というプギオ』
24・25話スキピオ・アフリカヌス上記同様ハンニバルに続いて運動会へタイムスリップした。言仁達に五人騎馬の対策を伝授した。上記同様
第6巻26話ロバート・スコット「英国人らしいスープ」「ヘブンズドア」では園場たった一人の上、ガスも水道も止まり電子レンジも故障中の状態だった。南極の石』
27話&28話有賀幸作&船団乗組員「大和ならではの料理」戦艦大和が横須賀沖にタイムスリップをした。船長および乗組員達ら料理を食べ元の時代と場所へと戻っていった海軍魂注入棒
29話楊貴妃「愛を証明する料理」相撲取り級にメタボっていた。『簪』
30話聖ウァレンティヌス「結婚を表現した料理」「ヘブンズドア」内で行われていたお見合いの最中にタイムリップ。髪型と服装が神様コント『羽ペン』
第7巻31話マタハリ「大切な物を示す料理」酒を飲んで酔っぱらっていて破廉恥な格好でやって来た。『ガラス玉の指輪』
32話&33話切り裂きジャック「食べたくて仕方なくなる料理」容疑者とされているマイケル・オストログウォルター・シッカートジェイムズ・メイブリックアーロン・コスミンスキーモンタギュー・ジョン・ドルイトジェイコブ・リーヴィーマザーグースを合唱した。『メスや剃刀や包丁やナイフ等の刃物類』
34話忠犬ハチ公「ハチであることを証明する料理」上野英三郎もタイムスリップしてきた。正確にはハチが一歳の頃、亡くなる直前の上野氏。彼が園場に依頼した。『一円札』
最後の小料理屋1話〜3話順に太宰治、石田三成、伊藤博文当人らの好物などダメな偉人が集まる小料理屋3話より、『一円札』
第8巻35話ボニー&クライド「刺激的な料理」追手から逃れるなか現代「ヘブンズドア」、ではなく銀行にタイムスリップした。二人は丁度空腹で居合わせた園場に依頼した『コーラの瓶』
36話&37話玄奘三蔵「悟りに至る料理」設計士級に何度もタイムスリップしてきた。お芝居で「猿カニ合戦」で猿役をやる安徳天皇を猿と勘違いした。この出会いが後の「西遊記」となる!?『数珠』
38話真田信繁「慰めの料理」安土・桃山時代末、大阪冬の陣より現代のレストラン「モナリザ」に現れる。しかも店の外では真田丸も一緒にタイムスリップしてきた。『陣羽織』
最後の小料理屋4話〜6話順に大塩平八郎、近藤勇、東條英機当人らの好物など第8巻の後半より、ダメな偉人が集まる小料理屋4話より、『二分金』
第9巻39話真田信繁「慰めの料理」前回より「モナ・リザ」の借金を園場が背負う羽目に?そこへ大阪夏の陣(1617年)の最中から真田が店内にタイムスリップ。『陣羽織』、21世紀の紅いコートと交換した
40話キング牧師「愛と平和の料理」撃たれ死ぬとされる直前から「ヘブンズドア」の面々が乗っているバスの中へタイムスリップ。『旧ドル紙幣』
41話アナスタシア・ニコラエヴナ・ロマノヴァ「家族団らんの食事」宮廷内にて殺害される途中、犬と一緒にタイムスリップ。「ヘブンズドア」店内ではなく牧場の駐車場に、面津駆の前に現れた。隠し持っていた『宝石』
42話シャクシャイン「料理でアイヌと書け」「ヘブンズドア」ではなくデパートの北海道展にタイムスリップ。有賀ちえと遭遇する。『煙草入れ』
43話モーツァルト「他人においしさを伝えられる料理」安徳天皇のクラスのクリスマスパーティー会場となった店内に、「レクイエム」作曲の為のピアノ演奏をしながらタイムスリップ。オリジナルの『楽譜』


進行中
※10巻に収録予定とされるエピソード

  • 44話ゴッホ-「想いのこもった日本の料理」
報酬『向日葵の絵』
【備考】拳銃自殺の寸前に篠火と対決中のヘブンズドアにタイムスリップした。

報酬『砂金』
【備考】「ヘブンズドア」ではなく小学校のグランドにタイムスリップした。

  • 45&46話源義経-「義経再興の料理」
報酬『砂金』
【備考】「ヘブンズドア」ではなく偽ヘブンズドア達の前にタイムスリップした。

報酬『手帳』
【備考】「ヘブンズドア」ではなくガソリンスタンドで給油中の園場の車の中にタイムスリップした。

報酬『望遠鏡』
【備考】「ヘブンズドア」ではなく新潟県のホテルのプールにタイムスリップした。左目を負傷してしまい目が見えなくなってしまう。

報酬『』
【備考】青年期の秀吉&老年期の秀吉が同時にタイムスリップして来た。

おまけ漫画
  

タイムスリップの法則

  1. 偉人は非情の死を遂げる直前に「ヘブンズドア」にタイムスリップしてくる。
    1. 死の直前だけでなく、死ぬ少し前に不図したきっかけで現れたりする者もいた。
    2. 第4巻以降は「ヘブンズドア」だけでなくジャンヌや安徳天皇の周辺でも現れるようになる。
  2. 園場は偉人の客の注文に合わせた料理を作らなければならない。
  3. 料理を食べた偉人が元の時代に戻るには報酬を園場達に渡さなければならない。
  4. 報酬を渡さなかった偉人は現代に住み続ける事になる。


単行本

1巻 2011年12月9日発売 ISBN 978-4-10-771641-5
2巻 2012年6月8日発売 ISBN 978-4-10-771662-0
3巻 2013年3月9日発売 ISBN 978-4-10-771699-6
4巻 2013年11月9日発売 ISBN 978-4-10-771724-5
5巻 2014年7月9日発売 ISBN 978-4-10-771760-3
6巻 2015年3月9日発売 ISBN 978-4-10-771805-1
7巻 2015年12月9日発売 ISBN 978-4-10-771861-7
8巻 2016年4月9日発売 ISBN 978-4-10-771889-1
9巻 2017年1月7日発売 ISBN 978-4-10-771948-5

関連動画



関連イラスト

最後のレストラン(園場凌・御奴心)
ドラマ化記念



TVドラマ

『月刊コミック@バンチ』2016年3月号でTVドラマ化が発表された。
2016年4月26日夜11時15分から6月14日までNHKBSプレミアムにて放送された。

スピンオフ

最後の小料理屋で月刊コミック@バンチ2015年2月号から連載開始。

外部リンク

コミックバンチweb
原作者・藤栄道彦の日記ブログ「新・漫画家奮闘日記」
最後のレストラン-wkipedia
最後のレストラン-PIXIVコミック
最後のレストラン | NHK プレミアムよるドラマ

関連タグ

漫画 新潮社 コミックバンチ
藤栄道彦
レストラン 歴史 タイムトラベル 料理漫画

pixivに投稿された作品 pixivで「最後のレストラン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6736

コメント