ピクシブ百科事典

ウナギのゼリー寄せ

うなぎのぜりーよせ

18世紀に生まれた伝統的なイギリス料理。ロンドンのイーストエンドの名物。
目次[非表示]

もっともイメージ良く伝わる表現を用いれば「イギリス風ウナギ煮凝り

概要

イギリスはロンドン、テムズ川の下流流域で19世紀頃まで親しまれた郷土料理
ゲロマズ料理として有名だが、実際のところは正しい食べ方をしていないのが原因(後述)

一般的な調理法としては水とレモン汁、ローリエでウナギを煮込み、その後冷やすことで溶け出したゼラチン質を凝固させて完成する。
賞味する際はこれに酢やチリソース、胡椒、あるいはそれらを混合して調味したソースをかける。これを失した場合は、調理工程において殆どと言っていいほど臭み消しが行われていないため、口から鼻腔に向かって泥臭さと生臭さが殺到し、阿鼻叫喚の様を呈する。
なお、ドイツフランスなどでも同様の料理があり、ドイツでは乾物にしたウナギを用いてゼリーにはコンソメベースなどを用いて作ることもある。

最後のレストラン

御奴心の後輩で日本最大の食品・飲料メーカー「カントリー」の御曹司の面津駆は次期社長として経営センスを見せるためにイギリス料理ケータリング店を始める。
園場凌から「インパクトが薄くて・・・」といわれて目玉メニューのウナギのゼリー寄せを出す。
しかし、調理センスが問題ありで「見た目からして最悪!」「ウナギの食感が不快!」「食材への冒涜!」等のクレームを言われてしまった。
園場凌が市販の蒲焼きで自宅でも出来るタイプを作った。

関連タグ

蒲焼日本を代表する鰻料理。

pixivに投稿された作品 pixivで「ウナギのゼリー寄せ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61232

コメント