ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避編集

  1. イギリス発祥の菓子当記事にて解説
  2. 日本スナック菓子。⇒コイケヤスコーン
  3. 映画トランスフォーマー ロストエイジ』に登場するダイナボットの1人。⇒スコーン(トランスフォーマー)


概要編集

スコーン(scone)は、スコットランド料理パンの一種。


小麦粉、大麦粉、あるいはオートミールにベーキングパウダーを加え、牛乳でまとめてから軽く捏ね、成形して焼き上げる。粉にバターを切り込んだり、レーズンやデーツなどのドライフルーツを混ぜて焼き上げられることも多い。現在では発祥地のスコットランドのみならずイギリス全土で食べられており、また大西洋を渡ってアングロアメリカでもよく食べられている。


イギリスのプレーンスコーンには蜂蜜ジャムなどをつけて食べる。アメリカ合衆国ではこのようなものはビスケットと呼ばれ、特に南部でよく食べられている。⇒ケンタッキーフライドチキン


英国式スコーンの食べ方編集

スコーンにも正式な食べ方というものがある。ホテルなどでアフタヌーンティーを気取る際には、是非心得ておきたい。

まず、スコーンに真横からナイフをいれ、上下に分割する。

その後、ジャムとクロテッドクリーム(固めのこってりとした甘くないクリーム)を塗って頂くのだが、コーンウォール式ではジャムが先でクロテッドクリームが後、デヴォン式ではその逆の順に塗るという事で、本国イギリスではきのこたけのこ戦争並みの大論争になっている。

家庭でスコーンを食べる際には、必ずレンジで温めること。スコーンを乗せる皿もしっかりと熱湯で温めておけば、スコーンが冷めなくてすむ。クロテッドクリームもあらかじめ常温に戻しておこう。

まゆげのひとティータイム(*言ω言)つ■く、食いたかったなら早くそう言えよな…!

余談だが、『ヘタリア』でイギリスのそれが"真っ黒コゲ=おいしくない"と表現されるが、もちろんちゃんと作ればおいしい。

ファンの方は当然ご存知だろうが、イギリス=料理まずい=料理下手というネタである。

最近このタグがつけられる作品は専らアーサー・カークランドがスコーンを持っているか作っているものが多い。



余談編集

まさかの巡りあいをしたスコーン違い。


ウォースパイトとスコーン


関連タグ編集

イギリス料理 パン

関連記事

親記事

イギリス料理 いぎりすりょうり

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1053666

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました