ピクシブ百科事典

するめいか

するめいか

するめいかとは、ルーツ氏原作の4コマ漫画及びそのアニメである。そいつぁすげえや!
目次[非表示]

概要

女子高生・ミッちょんとサチの微妙にシュールな日常を描くギャグ漫画。幻冬舎WEBマガジン「実況野郎B-TEAM」にて4コマが連載されていたほか、幻冬舎「コミックBIRZ」1月号より短期集中連載を開始。2010年8月には単行本第1巻が発売された。
ニコニコ静画でも2011年6月15日より連載開始。

2013年8月28日にニコニコ静画での連載が終了。同年9月発売の11月号でバーズでの連載も終了。
同年10月24日に最終巻である5巻が発売された。

またルーツ氏自らがlive2Dを使用し制作した自主制作アニメがニコニコ動画にてアップロードされ、人気を博した。一期、二期、三期ともに全12話、四期は全5話(DVDには追加エピソードと音声特典もあり)。

なお、メジャーデビュー前に2ちゃんねるニュース速報(VIP)板から派生したweb漫画投稿サイト「週刊少年ワロス」にて投稿された作品が存在した。現在閲覧可能なものは、ルーツ氏がかつての投稿作品の一部をまとめた同サイトの投稿作品「出来事」に掲載されている1ページのみである。

題名の由来

 原作者ルーツ氏の実家は漁師をやっており、スルメイカがやたらと取れた。毎日弁当のおかずはスルメイカで、教室中にスルメイカの匂いが充満し、クラスから苦情が相次いでいたらしい。
 それを思い出しながら描いたため、タイトルがするめいかになったらしい。

登場人物(レギュラー)

渡辺三木

するめいかさん放送開始直前SP


CV.小岩井綾
 金髪ツインテの女の子。通称ミッちょん。主にツッコミ担当。毒舌だけど根は純情。キャラデザは作者が以前製作したノベルゲーム「のべるげ!」の奈良原ケイと同一。
 とある事件を起こし、一日で医師免許を取得し、手術を成功させるという伝説を残している。四人の中でも勉強が得意で、特に国語と英語が得意。
 主にツッコミだが、暑さにやられると頭の回転が鈍くなり、ボケ役に変わってしまう。

鵜久森サチ

するめいか。


CV.小春かんき
 ピコピコ動くアホ毛が特徴の女の子。ボケ担当。脱皮したり改造手術を受けたり、並みの人類が真似できないことをやってのける。
 墓場でドッジボールを行い、その影響で悪霊に取り憑かれた。今は除霊されたが、後遺症が残っている。
 また、「第一回 するめいか いかを炙るラジオ」では、サチのアホ毛は止まると死ぬらしい。これは、黙ると死ぬ男、ルーツから来たネタであり、ルーツ本人も言っていた。
 しかし、その後サチのアホ毛は電池式ということが判明したり、漫画では取り外し可能で、大学受験日、アホ毛を付け忘れてしまうが、母親が生ものでアホ毛を送る等、アホ毛のネタが次々と追加された。

星野八千穂

八千穂!好きだっ!結婚してくれっ!


CV.小春かんき
 常に右目に眼帯をしている女の子。おとなしく気遣いもできる性格だが、心に闇を抱えており、ごくナチュラルに黒い発言を連発する。「のべるげ!」からの客演。原作ではB-TEAM版vol.4から、アニメでは第1期11話の予告編に登場し、最終回から正式登場。
 以前は三木たちと一緒に電車通学していたが、身長が一番小さく、様々なトラブルにあったため、原付免許を取得し、バイク通学している。

糸井楓

糸井楓が可愛すぎるので衝動的に描いてみた


CV.小岩井ことり
 武者のような古めかしい言葉で話す女の子。頭部にぶっすりと矢が刺さっているが、不死身ゆえに私生活には特に支障はない。「のべるげ!」からの客演。原作ではB-TEAM版vol.5から、アニメでは第一期の最終回の予告で初登場し、第2期第3話から正式登場。
 体があまりにも頑丈で、怪我をしてもすぐに治るため、特に気にしなくても良いのだが、鉄人コンテストに出場しようとした際は、車椅子に座っており出場できない状態にまで追い込まれていたため、普通の人間では怪我どころか命を落としかねない事故に見舞われた可能性が高い。それでも生きていることが奇跡である。

登場人物(準レギュラー)

アニメ登場


榊原諒
CV.小岩井ことり
 漫画版第10話、アニメ版第3期第12話から登場。サチの知り合いで8歳の小学生だが、一級建築士や歯科医師、アナウンサー、不動産業等の仕事を趣味でこなしている。主に三木の前に現れ、家をリフォームや歯の治療などで被害に会っている。お菓子の家を建ててグッドデザイン賞を受賞している。
作者曰く「モブを考えるのが面倒で出しているわけではない」とのこと。あまり登場はしていないが、第4期の主役。

糸井薄
CV.小岩井ことり
漫画版第17話、アニメ第4期第4話から登場。楓の姉であり、近所の屋敷でメイドを務めており、「家から近くて給料が良い」と言っている。妹と同じで不死身。体を機械に改造している。ちなみに頭はパンになっており、食べることが出来るが、普通の人間が食べると倒れる。原作者と一緒にでお酒が大好き。

菅原道真
 第25話にて登場。アニメ版では名前のみ登場。亀戸天神に祀られている学問の神様。無精髭を生やした若者のような姿をしているが、烏帽子を被っている。若者が神社に足を運ばなくなったことにより、現代人の悩みを知るために賽銭箱から現世に現れた。スマホを使いこなしており、「神っター」でやり取りをしており、漫画の中ではモーゼとやり取りをしていた。そのほかにも、イエス・キリストのことを「キリスト兄さん」と呼んだり、仏陀にどうやったらバレンタインのチョコがもらえるかという相談をしたりしている。
 合コンで薄と出会い、その後も何度も一緒に過ごしており、最終巻では結婚した。

アニメ未登場


ヤチ姫
 漫画版第26話にて登場。アニメには未登場。ケッペル国の姫で、婚前儀式のため来日した。お姫様口調で話す。八千穂と瓜二つで、眼帯の位置が違うだけで、その他は見分けが付かない。その後、髪の毛はバッサリ切っている。好きでもない男性と結婚させられることが嫌で逃げ回っていたが、その時偶然八千穂と出会い、彼女と入れ替わり作戦を行い、見事成功する。しかし、八千穂の周りにいる楓、サチの非常識ぶりに耐えられず、最終的に三木の一言で逃げ出し、八千穂に謝罪して元に戻ってもらおうとする。しかし、八千穂が権力を乱用して日本に宣戦布告し、戦車で攻めてきたため、政府と共に和解した。その後も何度か登場し、漫画版最終巻では結婚するかもしれないという悩みを八千穂に話、笑われた。その後結婚したかどうかは定かではないが、他のキャラクターが結婚する際は、そのような描写が必ずあるため、結婚はしていないと考えられる。

田中さん
 アニメには未登場。大学生でサチのバイト先の先輩。19歳で目が怖い。いつもサチをフォローしている。

宮西
 漫画版第23話にて登場。アニメには未登場。三木たちが通う学校の生徒で、後輩。学園祭で奇抜なメンバーと共にバンド「ウクレレマニア」を結成。ギロにこだわりがあり、ボーカルを務めながらギロを演奏した。バンドが上手くいかないことを三木に相談し、「ウクレレマニア」→「新生ウクレレマニア」→「ネオ新生ウクレレマニア」→「ギリマニア」と改名を行い、ギロを手放さなかった。宮西友里と同一人物かどうかは不明。

その他の登場人物(アニメ登場)

悪霊
CV:小春かんき
 アニメ版第一期第十話にて登場。サチに憑依している悪霊で、サチが墓場でドッジボールした際に取り憑いた。姿を現すとき、サチの目が赤くなり、口調が変わる。「吉岡」と言いかけるがそれが誰かは不明。除霊するためには三木がダンゴムシの裏側を触るか、豆腐料理を作って食べさせなければいけない。その後もサチの目が赤くなるものの、悪霊が憑依している時とは全く口調が違うため、あくまでもサチには後遺症が残っていると考えられる。

吉岡
 悪霊が一瞬放った名前。誰のことかは不明。

八千穂似の小学生
CV.小春かんき
 アニメ第四期第二話にて登場。非常に八千穂と似ており、まるで八千穂を小さい頃に戻したような姿。

文字だけの人々
 するめいか第二期第7話にて八千穂の台詞に出てきた人々。

ババンギタ君
 ナイジェリアからの留学生。やり投げが上手で、足もかなり速い。アニメには未登場。漫画最終版では、外出が減ったため肌の色が白くなってしまい、アフロがなければ誰かわからない状況。アフロはかつら。

田中賢治
 三木たちのクラスメイト。いつも教室で寝たふりをしている。星野八千穂曰く、かわいそうな人。アニメでは実写で登場しており、アニメ版第3期第10話では名前のみではあるものの、主人公を務め、何度も殺される。アニメでは、修学旅行の班分けで一人残されることが明らかとなった。

ジェシカ
CV.ルーツ
 アニメ版第二期第三話にて登場。通販番組?にて登場した。その後ジョンから「ケーシー」と呼ばれていたが、医療関係者かどうかは不明。

ジョン
CV.ルーツ
 アニメ版第二期第三話にて登場。通販番組?にて登場した。

スルメイカ
CV.ルーツ
 アニメ本編に度々登場している。

ホラー映画の主人公
CV.ルーツ
 「THE SIRUMEIKA」の主人公。するめいかが襲ってくるホラー映画にて登場した男性。

モブ女子生徒A
 サチの横に座っている女子生徒。名前は明かされておらず、セリフもない。修学旅行の話し合いの際はかなり乗り気ではなかったらしく、元気よく返事するサチを横目で見ていた。

モブ女子生徒B
 三木たちが進路について話をしている時に、後ろでうろうろしていた女子生徒。セリフはなし。

みさっち
 サチの親友。サチが失敗した際には、フォローしてくれる。

クラスの女子A
 アニメ第四期の教室の後ろにいた女子二人。セリフはなし。

クラスの女子B
 アニメ第四期の教室の後ろにいた女子二人。セリフはなし。

クラスの女子C
 アニメ第四期の教室の黒板の前にいた女子二人。セリフはなし。

クラスの女子D
 アニメ第四期の教室の黒板の前にいた女子二人。セリフはなし。

クラスの男子
 アニメ第四期の教室の窓際にいた男子生徒。セリフはなし。

森本先生
 アニメ第二期第二話にて名前のみ登場。数学の教師。

役所の男性職員
CV.スパイ経済の人(スパ帝)
 するめいか氏にて登場。

三木たちのクラスの担任
CV.ルーツ
 アニメ第二期第二話にて実写で登場。

宮西友里
CV.ルーツ
 三木に話しかけてきた四人組の女の子の一人。容姿はウクレレマニアの宮西に非常に似ており、名前も同じであるが、後輩でありながら三木にタメ語を話していたため、同一人物かどうかは不明。

大野悠
CV.ルーツ
 三木に話しかけてきた四人組の女の子の一人。

ダース・ローマシュ渚
CV.ルーツ
 三木に話しかけてきた四人組の女の子の一人。

宮西たちの友達
 宮西、大野、ダースとともに行動していた四人目の女性。セリフはなく三人の吹き出しに隠れていた。アニメでも確認出来るが、声優はなし。

ピアノ少女
CV.小岩井ことり
 三木たちが通っている学校で噂になっていた少女。元々音楽室でピアノを練習していたが、ある日交通事故に合って両腕を骨折。しかし、その後病院で出会った看護師を見て自分も看護師になることを夢見て専門学校へ進学した。その後看護師になったかどうかは不明だが、今でも趣味でピアノを引いているらしい。

看護師さん
 ピアノ少女に夢を与えてくれた看護師さん。

飯島
 アニメ第三期にて名前のみ登場。机を壊した。

糸井嘉男
 アニメ第3期最終話にて、楓の回想シーンでの登場。楓の祖父で88歳。ヤクザとの喧嘩を止める際に腹部に包丁が刺さってしまったらしいが、かっこいいからという理由でそのままにしている。漫画番では鎧を着て登場しており、墓場に彷徨う霊を登場している。

楓の祖母
 アニメ第二期第十話にて名前のみ登場。

楓の父
 アニメ版第3期最終話にて、楓の回想シーンでの登場。生まれた時から頭に斧が刺さっていたらしい。漫画版では姿は見せなかったものの、三木たちが楓の家に遊びに来た日から行方不明らしく、三木たちのノートに挟まっていないかと楓が心配していた。

楓の母
 漫画版にて登場。スイカとして登場し、三木たちに挨拶をした。アニメでは名前だけの登場。

サチの祖父
 シンガポール人。シンガポールでホテルを経営している。ラジオにてその存在を明かされている。

サチの祖母
 第一期第5話にて会話にのみ登場した。

レアメタル高沼
 レアメタル業界では知らない人はいないと言われている人物。アニメでは第一期第一話にて顔と名前のみ登場している。プロレスラーではない。鳥取出身。
「土掘りて金を呼ぶ 石掘りて山と成す」というセリフを残している。

マリオ・イアキンタ
 アニメ第二期第一話にて実写にて登場した。

文字だけの人々
 アニメ第二期第七話にて名前のみ登場。

江尻さん
 アニメ版第一期第九話にて名前のみ登場。2組の生徒。髪が長く、視力2.0らしい。建築資材に例えると断熱材らしい。中華バイキングで働いているらしいが、店員でありながら麻婆春雨ばかり食べていたらしい。

占い師
 アニメ版にて名前のみ登場。本名不詳。中華バイキングの横に店を構えており、ソーラー発電が流行ることを予言した。

稲葉君
 三木たちと同じクラスの男子生徒で野球部。アニメ第一期第十二話にて名前のみ登場。サチが文化祭の時に財布を落とした際、それを拾ってくれた人で、サチ曰く「超良い人」。しかし、それを偶然見かけた八千穂が勝手に告白されたと勘違いした。サチが三木の前に姿を見せなくなったのも、一緒に帰っていると思い込んで三木に告げ、三木は混乱した。しかし、姿を見せなくなったのはアホ毛の改造手術を受けるため、入院していたため。真相を知った三木は怒りながらも安心した。

M・G・アンゴミュフ
 アニメ第三期の音楽室にて写真と名前のみ確認できる。

ペール・ジャン・クロフォード
 アニメ第三期の音楽室にて写真と名前のみ確認できる。

シーチキンの缶で指切った亡くなった人の霊
 サチが見たYouTubeの心霊動画にて出てきた霊。トイレに出るらしい。シーチキンにされたキハダマグロの霊も出てきたらしい。



その他の登場人物(アニメ未登場)

三木たちの他のクラスメイト
 三木たちのクラスには構成豊かな生徒が集まっており、全員個性派。

その他のクラスの生徒
 全員個性があり、リーゼントからアフロ、天使のような羽と輪がある生徒、変わった髪型の女子生徒など、様々な生徒が居る。

木田さん
 サチたちが通っている学校のチアリーディング部に所属する女性。

レオン
 漫画版第23話にて登場。ウクレレマニアのメンバー。サングラスにモヒカンの大柄の男だが、トライアングルを担当していた。それを三木に指摘され、サイドギロ→大量→、大量ベースに変更していった。少し強く指摘されただけで子供のように泣く。

ポール柿
 漫画版第23話にて登場。ウクレレマニアのメンバー。見た目は紳士的な中年男性であり、最初はサックスを引いていた。三木も指摘していたが、休日はバーでやっています感を醸し出していた。その後はリードギロに変更。そこまでは良かったが、次に本当のアタシと言って女装をしはじめ、その後のギャルドラムでも女装のままドラムを務めた。

ハム男
 漫画版第23話にて登場。ウクレレマニアのメンバー。喋ることができるハムスター。担当はギロだったが、その後メインギロ→喪中→ハムキーボードを務めた。その後も何度か登場しているが、ハムスターの寿命は短く、長くても2年、それ以上は生きられないため、他のハムスターたちがその名前を受け継いでいる。
 更に、三木の家に現れては、魔法少女の主人を務めた。

馬糞
 漫画版23話にて登場。ウクレレマニアのメンバーで、担当は臭い。バンドが改名される事に、チョコレートケーキ、人型へと姿を変えていき、最終的にはギターを担当した。

八千穂にタッチした女子生徒
 体育の授業で野球を行い、八千穂にタッチしてアウトにした女子生徒。

空を飛ぶ女の子
 亀戸の空を飛ぶ謎の少女。三木が意味不明な学校の試験を受けたあと、「ルート2点」という謎の点数を取ったあと、屋上にて三木と楓が二人で話をしている最中、空を飛んでいた。

おでん星人
 楓が他の三人と家で勉強している時に見せた三木たちの本当の姿。前のコマでは楓が寝ていたため、夢の可能性もある。

ゲームセンターの男性
 ゲームセンターで働く坊主の男性。メダル交換などを主に行っている。

ゲームセンターの腕相撲
 三木が行った腕相撲ゲーム。中には人が入っていると思われる。椅子はオヤジの足で、手もぬるぬるしており、勝負していると臭い息をかけてくる。

ホワイト
 ヤチ姫が飼っている白い犬。かなりの大型犬で、翔たちに襲われている八千穂を助けた。八千穂からは「シロデカ」と読んでおり、ヤチ姫もその名前につられそうになった。

伊藤ゆずき
 漫画版では最終巻にて登場。セリフはないがモブの女子生徒の中では唯一名前が明かされている。三木からは「もうすぐ終わりなのに新キャラを出すな」と言われたが、実際にはかなり前からちょこちょこ登場している。

ぶなしめじ
 漫画版第17話に登場。楓が飼っているフェレットで「みそょ~い」という不思議な鳴き声を発する。頭には穴が空いており、その中に未確認生物らしきものが住んでいる。

三木の父
 家をリフォームする際に一瞬登場した。オレオ二枚でリフォームしてくれるというあまりの安さにやられて榊原諒にリフォームをお願いした。

三木の母
 家をリフォームする際に一瞬登場した。

サチの父
 サチの父親。楓がプロアイアンマン(鉄人)を目指す話をした際に、サチの回想に出てきた。父親も元々鉄板だったらしいが、サチが物心がつく頃にはアルミホイルほどの厚さだったらしく、その後はおにぎりを包んでいるらしい。その後一回だけ登場したが、鉄人ではなく普通の男性として登場した。三木のことを「ミッちょん」と呼んでいる。

サチの母
 サチの母親。三木がサチの家に泊まりに来た際に登場した。サチと同じく動くアホ毛が付いている。伝達手段は矢文。

八千穂の母
 八千穂のように眼帯はしていない。タバコを吸う。しかし、本当の母かどうかは不明。

ハルキ
 薄の高校時代の友達。楓から「回想の人が実在した」と言われた。

野球がうまい田中くん
 田中賢治君と少し見た目が違う。野球が得意だが、野球部ではない。サチたちからボロクソ言われており、かなり傷ついていた。

ワイナ・カパック
 THE HOSONAGAの登場人物。チリが消えたことに困惑するペルー人。

ディエゴ・マラドンナ
 THE HOSONAGAの登場人物。チリが消えたことにより困惑するアルゼンチン人。

THE HOSONAGAの作者
 ハリウッドの作者の一人で、上司にTHE HOSONAGAのストーリを説明するも、上司から「ハリウッドから出て行け」と言われてしまう。

上司
 THE HOSONAGAの作者のクビを切った男性。

ヤクザ
 サチのアルバイト先で、三木たちの相席になった客の一人。

メガネの男性
 ヤクザと一緒に座っていた男性。ヤクザに落とし前を机るため、パフェを箸で食べた。

キリスト兄さん
 菅原道真とために飲みに行く。

モーゼ
 菅原道真の神ッターに「うけるw」とコメントした人。

中心(あたるのこころ)
 宮西が野球部のマネージャーをする際に集まった選手の一人。社会人。その後阪神タイガースに6位で指名される。

選手(えらびのもろて)
 宮西が野球部のマネージャーをする際に集まった選手の一人。ニート。その後の事は不明。

天使たち
 三木たちが学校通学中に吹雪に会い、街中にあった山小屋に避難した際に出てきた天使たち。全裸だったため、三木から急所を蹴られた。

アナウンサー
 薄が住もうとしていたアパートの建築中に弥生土器が見つかり、そこでリポートしていたアナウンサー。

キャスター
 ヤチ姫になりきった八千穂が日本に宣戦布告した際に、ニュースを読み上げたキャスター。

ロボットのようなアメリカ人
 アメリカで出会ったアメリカ人。かなり変わったヘルメットを被っている。

DJのようなアメリカ人
 楓のような口調で話す。

カップ焼きそば
 サチが食べようとしていたカップ焼きそば。お湯を捨てる時に「ベコン!」という音がなり、それに驚いた三木から文句を言われ、「僕に言われても」と喋った。

台所の流し
 カップ焼きそばからに責任を擦り付けられ、三木から文句言われたが、「僕に言われても」と喋った。

松井茂樹
 バレンタイン対決にて登場した。

エビフライ
 サチがバイト先に来た客。頭がエビフライになっている。

ウルフ団
 サチのバイト先に来た強盗集団。

巨人
 サチのバイト先に出現した巨人。

読売ジャイアンツ
 サチのバイト先に登場した。巨人が出現した際に、携帯で撮影していた。

骸骨君
 第一巻に登場。ババンギダ君と同じような夢を見た。

眼帯の男性
 三木がツッコミスり病にかかった時に登場した。

頭に矢が刺さった男性
 三木がツッコミスり病にかかった時に登場した。

プラ板のテツ
 お面四天王の一人。かなり年を取っており、サチと楓からは「テツじいさん」と呼ばれている。四天王の中では最弱らしく、他の四天王や最高顧問から消されようとしていた。腰を悪くしてしまい、楓が代わりにお面を売っていた。その際に、三木の顔を勝手にお面にしていた。

フルフェイスノリ
 お面四天王の一人。ヘルメットを被っている。

ペーパーウメダ
 お面四天王の一人。新聞紙で作った兜を被っている。

ビニールのゲン
 お面四天王の一人。右目には星型の眼帯、顔の左には狐のお面を付けている。

オーメン中田
 全日本お面協会の最高顧問。ジェイソンのようなお面をつけている。

パンツマスク先生
 三木たちが通う風紀を担当する先生。かなり危ない格好をしている。

セーラー島崎
 女子高生ペアワールドカップにて解説を行った盗撮マニア。かなり大きな体をしており、セーラー服をきている。

メガネの男子生徒
 サチの暴走により、風紀で髪の毛を黒く染められた男子生徒。

ちょんまげA
 サチたちが通っている生徒。

ちょんまげB
 サチたちが通っている生徒。

女子生徒
 サチの暴走により、髪の毛を黒く染められた女子生徒。

リポーター
 女子高生ペアワールドカップにてリポーターを務めた男性。

戦時中の娘
 漫画に登場する女性。最愛の彼が戦争に行ってしまい、愛の手紙を送ろうとするものの、切手の裏側の味がおいしすぎて舐めきってしまい、手紙を出せずにい続けている。

愛する人
 戦時中の娘が愛していた男性。戦争に行ったため長い間会えていない。

脱脂綿くん
 漫画二巻の番外編にて登場した、サチがアニメを作る際に作ったキャラクター。

煩悩くん
 漫画二巻の番外編にて登場した、サチがアニメを作る際に作ったキャラクター。

若林くん
 漫画二巻の番外編にて登場した、サチがアニメを作る際に作ったキャラクター。

新郎
 三木のいとこの結婚式にて登場した。「長田家」と「渡辺家」の結婚式だったが、どちらが長田家かは不明。名前は洋平。

新婦
 三木のいとこの結婚式にて登場した。名前は美里。

新婦の父親
 新婦と一緒に入場した。

新郎の大学時代の友達
 結婚式に大勢で入場した。

本当の司会者
 裸で縄で縛られて登場した。誰かに襲われたらしい。

新郎の遠い親戚
 誰かわらかないらしい。

うざい上司 星野
 新郎の上司。とてもうざいらしい。八千穂と同じ苗字だが、父親かどうかは不明。

ケーキなりきり男
 全身タイツを来ており、頭にいちごが乗っている。新郎新婦に日本刀で切られてが、その後自分が本当の司会者と言っていた。しかし、本当の司会者かどうかは不明。

三木に変装していた男
 自分が本当の司会者と言っているが、真相は不明。

鉄アレイ前川
 鉄人コンテストに登場した選手。名前の通り鉄アレイのような姿をしている。

鉄人布笠
 鉄人コンテストに登場した選手。野球選手のような姿をしている。

障子にメアリー
 鉄人コンテストに登場した選手。ツインテールの姿の女性だが、体は障子で隠れている。

破壊屋・翔(クラッシャー・しょう)
 漫画版第20話にて登場。ゲーム中にキレてコントローラーを投げて破壊した男。見た目は完全ヤンキーで少し古臭い出で立ちをしているが、グラタンをフーフーして食べたり、母親と一緒に買い物に行くなど、少しかわいい一面もある。
 電車通学が嫌で原付通学をし始めた八千穂を龍神の辰の生まれ変わりと勘違いし、仲間と共にバイクで追い抜きナンバーワンを目指そうとするものの、突然飛び出してきた仲間のおかんと衝突してリタイア。その後も何度か八千穂に挑むが失敗。

翔の母親
 名前のみ登場。翔と共に今でも一緒に買い物に行く。

龍神の辰
 伝説の走り屋。

位置取り王・昇(ポジショニングキング・のぼる)
 漫画版第20話にて登場。翔の仲間で、チンポジを直す回数が多いことからそのように呼ばれている。翔とは仲間でありながらライバルでもあり、かなりの頻度で喧嘩している。翔やそのほかの仲間たちと共に八千穂を追いかけるものの、チンポジが気になってしまい、それに気を取られて道に落ちていたゴリラと衝突してリタイア。

昇の姉
 企画物のAVに登場している。

解体屋ジョセフ(バラシやジョセフ)
 漫画版第20話にて登場。翔の仲間。授業中にシャーペンを分解し続けている。かなりの筋肉質。八千穂を仲間と共に追いかけるも、ゴム八と共に偶然飛び出してきた大型コピー機に衝突し、リタイア。

大食いゴム八(グラディエーターゴムはち)
 漫画版第20話にて登場。翔の仲間で、ご飯に焼肉のタレをかけて食べる男。一人称は「おいどん」、語尾は「ごわす」。巨漢でかなりシンプルな顔立ちをしている。翔たちと共に八千穂を追いかけるものの、ジョセフと共に突然飛び出してきた大型コピー機と衝突してリタイア。

おかん
 漫画版第20話にて登場。翔の仲間(無名)の母親。おかんが一喝しただけで翔と昇は逃げ出した。その後も道に突然飛び出し翔を転倒させた。

足鹿博
 刺身水族館の館長。足鹿博歌謡ショーを行っている。昔は魚がたくさんおり、カニもたくさんいたらしいが、館長が酔っ払ってカニ等を平らげてしまったため、客が激減している。

亀戸動物園の園長
 変わった癖のある園長。足鹿博の兄でもある。

足鹿進
 園長の兄。営業サラリーマンをしている。

近藤
 刺身水族館の受付係。ロボットのような話し方をする。しかし、足鹿歌謡ショーにて登場した際には普通に話していた。

アシナガグモ
 とてつもない大きなクモ。

ゴキブリ
 とてつもなく大きなゴキブリ。

ゲームの男
 サチを偽って三木たちと一緒にゲームを楽しんだ男。

十万再生結社(ハンドレッドサウザンダー)
 サチが動画を出して再生回数が十万を超えた際に、サチを迎えに来た二人組の男性。短髪の男性とサングラスの少し長めの髪型の男性。

ジョージア
 漫画版第9話にて登場。「高二の頃に作った黒歴史RPGを実況プレイするぜ」という動画を出し、再生回数173.422回を達成した。怪人のような姿をしている。

騎士シューマッハ
 漫画版第9話にて登場。「全裸で潜入してみた」という動画を出し、147.258回を達成した。全裸で首輪のようなものをしている。

初芝ミク
 漫画版第9話にて登場。「歌ってみた」という動画を出し、138.746回を達成した。初音ミクのような姿をしている。

麻生次郎
 漫画版第9話にて登場。再生回数十万回突破すればビル、百万回突破すれば城、一千万回突破すれば日本をあげると発言した。

バクラ・オバマ
 アメリカの大統領。再生回数一億回突破すれば地球をあげると発言した。

アウレイヴァ・エチェバリア
 銀河の王。再生回数の話はなかったが、サチが銀河統一していたため、一億回以上の再生回数で銀河をあげると行った可能性がある。

ゲヴォ星人
 銀河の中の一つ、ゲヴォ星に住む宇宙人。サチが女王になっている。

スシ星人
 銀河の中の一つ、スシ星に住む宇宙人。サチが女王になっている。

怪人サンバイザー
 強きを助け、弱気を挫く。環境破壊をする人間を滅ぼすために生まれた存在。スポンサーは金にならないということで、殺しにかかる。

通りすがりのサラリーマン
 三木が変身する際に、通りかかったサラリーマン。三木が変身しようとすると、その男性が変身した。その後怪人サンバイザーを倒すため共闘した。


 「するめ日本昔ばなし」に登場したさるかに合戦の猿。蟹の母親を殺した。


 「するめ日本昔ばなし」に搭乗したさるかに合戦の蟹。猿を恨み、復讐を考えている。

蟹の親友
 「するめ日本昔ばなし」の蟹の親友であり同じ蟹。母親を猿に殺された蟹の復讐を止めようとする。
三木のいとこ
 三人家族。子供が生まれた際に、三木の家に遊びに行くが、亀の姿をして登場した。


 三木が飼っている亀。サチ、楓、八千穂、諒から赤ちゃんと間違われた。

稲田
 文化祭のときに登場した男性生徒。三木と楓とは知り合いらしく、牛の着ぐるみを着ていた。

八百屋
 亀戸商店街の八百屋。カラーコーンを置いていたり、スイカを「緑の太いもの」と書いたり適当に商売している。

ガリ専門店のおばあさん
 身長がとてつもなく高い。

おじさん
 三木が魔法少女に変身する際に、先に変身した男性。

怪人サンバイザー
 突然現れた怪人。魔法少女に変身した三木が倒そうとしたが、先にハム男が倒した。

ライフセーバー
 三木が溺れた際にかけつけた男性。

死神
 三木が溺れて生死を彷徨っていた際に現れた悪魔。見た目はサチ。

天使
 悪魔の後に現れた天使。見た目はサチ。

校長
 三木が見た地獄の一つにいた人物。話が終わらないため苦痛であり地獄であれば、耐え切れれば良い輪廻転生ができるという。

校長の話を聞く生徒たち
 全員男子生徒。一度死んでいると思われる。

地獄の店員
 地獄のコンビニの店員。

地獄のコンビニの客
 この客の買い物が終わらず、ずっと列で待ち続けるという地獄。

飲み会の男性二人
 飲み会にメンバーが揃わず、ずっと乾杯ができないという地獄のいた二人。

弓道部
 三木たちが通っている学校の部活の生徒。漫画では名前しか登場しておらず、アニメにも名前しか登場していない。楓がよく助っ人として通っている。

ロビンフッド部
 三木たちが通っている学校の部活の生徒。見た目は弓道部のような姿で、楓を的にしている。

アフリカ部
 三木たちが通っている学校の部活の生徒。見た目はアフリカ人で、部活内容は弓道部とロビンフッド部を混ぜた内容。楓がよく手伝いに行っている。

パソコンいじり倒し部
 三木たちが通っている学校の部活の生徒。エロサイトを運営している。

AI
 パソコンいじり倒し部にいる人工知能。致命的なバグが発生し、人類を征服しようとしていた。楓を飲み込んだが、内部から攻撃され、最終的には楓から乗っ取られた。

放送部
 三木たちが通っている学校の部活の生徒。確認できるのは一人。

グレゴリー・ラスプーチン
 三木が電車で出会った大柄の男性。

絨毯の人
 楓がカーテンを体を巻きつけて抜けなくなった際に出会った人。絨毯が体に巻きついていた。

ケーキショップなしだ整骨院の店員
 変わった名前のケーキ屋で働く店員。大声で注文を取る。

テルテル坊主
 道真の知り合いで雨を降らせることができる。

トラロック
 雨の神で、道真と一緒にカラオケに行った際、カラオケ料を払わなかったことに対して激怒していたが、道真は覚えていなかった。

カズヤ
 ティッシュを大量に使った中学生。

薄とともに合コンにきた女性
 漫画版第41話にて登場。合コンで進行を勤めていた。

地蔵
 漫画版第41話にて登場。薄たちとともに合コンを楽しんだ。お酒を飲む際はコップの底を持って飲む。

二次関数
 漫画版第41話にて登場。薄たちとともに合コンを楽しんだ。見た目は「f(x)=ax2+bx+c」がそのまま空中に浮いている。食事をする際は箸が空中に浮いたように見える。

ワインを持ってきた女性店員
 菅原道真が糸井薄にワインを出す奇跡を見せると言って、普通にワインを注文した時に、ワインを持ってきた店員。

礼儀正しい男
 第40話にて登場。楓の夢の中に登場し、口説いてきたが、礼儀正しく名刺を渡す仕草が目立つ。

商人
 ボタンを押すと「ぼたん」としゃべるボタンを売ろうとした男性。

ロバート
 楓がロボットを聞き間違えて出てきた想像上の人物。

ババロアクエストⅡの主人公
 サチが買ってきたゲームの主人公。大村という名前らしい。主人公の名前を付ける欄ではイケメンの少年であったが、ゲーム本編では悪人顔で登場。その後三木の家にやってきた。ちなみに名前を決める際に「ミキ」と付けるが、これは主人公の名前ではなく、お金の単位。

セレナ
 ババロアクエストⅡの人物。とても綺麗なお姫様だが、「ガッハッハッハッハ」と大声で笑う。

王様
 ババロアクエストⅡに出てくる王様。RPGのような姿で出てくる。

女王様
 ババロアクエストⅡに出てくる女王様。RPGのような姿で出てくる。

二人の兵隊
 ババロアクエストⅡに出てくる二人の兵隊。RPGのような姿で出てくる。

町人A
 ババロアクエストⅡに登場する人物。独特な髪型をした町人。

町人B
 ババロアクエストⅡに登場する人物。馬鹿にしたような顔をしており、ネタバレをしてくる。

発泡酒
 ババロアクエストⅡに登場する人物。オオカミのような顔をしている。

薬屋の息子
 ババロアクエストⅡに登場する人物。怪人のような姿をしている。

政界の確執
 ババロアクエストⅡに登場する人物。ゴリラのような姿をしている。

軍手をばらまくだけのバイトの指導係
 八千穂と三木が最初に行った軍手を街にばらまくだけのアルバイトの指導係。

ベンチをベタつかせるだけのバイトの指導係
 八千穂と三木が二番目にやったベンチをベタつかせるだけのバイトの指導係

腹痛を訴える男性
 八千穂と三木が行った「機械を使って人の急に腹痛にさせるバイト」にて、被害にあった男性。

リモコンをなくした母娘
 リモコンを隠すバイトにて、被害にあった母娘。

タスポを持っている男性
 糸井薄に「タスポ持っていますか?」と聞かれただけの男性。

ミキサウルス
 パケットモンスターのキャラクター。

TDNアーマー
 パケットモンスターのキャラクター。

グラットンソード
 パケットモンスターのキャラクター。

濱横スターズ
 パケットモンスターのキャラクター。

????
 パケットモンスターのキャラウター。名前は明かされていない。

亀戸旅館の少女
 廃旅館に住み着く地縛霊。一家心中で命を落としており、生前大切にしていた日本人形「ファンファン」を探していたところ、三木たちが見つけてくれたため、成仏した。しかし、本人よりも先に楓が成仏しそうになった。

楓の知り合いのお坊さん
 楓が廃旅館に連れてきた。

楓の家の演奏者
 楓の家におり、生演奏してくれる。指揮者もいる。


 楓が携帯を買いに行った際に担当した店員。楓のボケ?にも対応し、本人もかなりのボケをかましてくる。

高瀬写真館の主人
 楓が携帯を買いに行った際に、携帯電話として登場した。現代の人たちが写真を必要としなくなったため、自分の店が経営困難になり、同時に家族を支えていけないと危機を感じた結果、携帯電話店にて自分が携帯電話として働くことを決意した。
 しかし、楓の熱意とアドバイスによりインターネットを利用した商売を行い、店の危機を救い、更に本人はとんでもない姿に変化する。

高瀬さんの奥さん
 一コマだけ登場。後ろ姿しか写っていない。

高瀬さんの息子
 父親と一緒に携帯電話店にて働いている。

鏡月
 三木たちが野球観戦に行った際に登場したプロ野球選手

眞露
 三木たちが野球観戦に行った際に登場したプロ野球選手。

ドーナツハウス土奈の店員
 一円に付き一円のポイントが付くポイントカードにスタンプを押す際、凄まじいスピードでスタンプを押した。

キャプテン・ジョン・スパロウ
 三木たちが海水浴に行った際に出会った洞窟の奥の自称海賊亡霊。何百年も前に死んだかのような雰囲気だが、死んだのは数年前で、海賊として生きたわけではない。

延長スネーク
 学名:コンセント。実際に出てきたのではなく、サチ・三木達の想像の存在。

旅館の店員
 三木たちが海水浴に行った際に泊まった旅館の男性店員。本当は日帰りの予定であったが、薄が酔っ払って車での移動ができなくなってしまったため、泊まることになった。しかし、部屋が空いておらず、帰ろうとすると特別室という部屋が空いていることに気づき、泊まろうとすると青ざめて引き止める。しかし、どうしても泊まりたいという三木たちの願いにより泊めてもらうことになった。

旅館の店員の母
 三木たちが泊まった旅館の店員の母親。特別室という部屋に住み着いており、店員曰く「数年前に死んだ母親の霊」。最初に出会ったのは薄。その後店員が母親に話をすると初めて口を開き、「わしはまだ死んどらんわボケー!」と大声で叫んだ。その後三木たちと共に一泊した。

手ぬぐいの源
 漫画版33話にて登場。三木が「ツッコミスり病」にかかった際に1コマのみ登場。

ボブ
 漫画版33話にて登場。三木が「ツッコミスり病」にかかった際に1コマのみ登場。同じ顔で同じ名前の男性が7人登場していたが、クローンなのか兄弟なのかは不明。

分析医 榊原諒
 三木が「ボケール病」にかかった際に診断した医者。名前は榊原と同姓同名であるが、最後まで女の子に姿を変えなかったため、別人である可能性が高い。

合宿先の管理人
 合宿に来た三木たちに冗談を言っていた。

化物
 合宿先にいた化物。

ジェイソンの仮面をかぶった教師
 包丁を持っているが、三木たちが通っている高校の教師らしい。

カップル
 公園でイチャイチャしていたところを、薄にからかわれる。

仏陀
 バレンタインが欲しいという道真に対し、それでは悟りが開けないと話していた。

ラーメンをかけられた客
 サチにラーメンとビールをかけられた髪の毛が薄い男性客。その後近くが火事が起き、体が濡れているからという理由で火事現場の家に飛び込んだ。そして、幼い赤ん坊を助けた。

母親
 ワンワンドッグコンテストにて大会を見に来ていた女性。赤ちゃんをうっかり客席から舞台へ落としてしまった際に、ヤチ姫のホワイトに助けられた。

ナポレオンの飼い主
 ワンワンドッグコンテストの出場者。セリフはないが、コマの奥で赤ん坊を落とした母親の悲鳴に反応した。ちなみにナポレオンは王冠をかぶっていたため、優勝したと思われる。
 しかし、前のコマではナポレオンと思われる犬が王冠をかぶっているため、同じ犬と思われるが、名前は「ケル(見切れている)」とあったため、マイケルかそのへんの名前と思われる。そのため、同じ犬かどうかは不明。

ワンワンドッグコンテストの受付係
 受付担当の男性。楓がぶなしめじを出場させたいと申し出たが、門前払いした。

ワンワンドッグコンテストの審査員
 審査員は男性三人いる。

仏陀
 仏教を開いた教祖。本名「ゴーダマ=シッダールタ」。漫画の最終巻にて一コマのみ登場。

道真のファン
 平安時代、道真を見て憧れていた女性二人。

道真の生徒
 女子生徒。二人しか写っていない。道真のアルバイト先の塾で授業を受けている生徒。

フランソワ
 フランスからの留学生。三木の大学での友達。

ギャル男
 ギャルの女装をしている。あと500日耐えなければ、妻と子供のためと言っているため、何かの罰ゲームと思われる。

綾小路
 道真の自動車学校の教官。元暴走族。

綾小路の後輩
 先輩である綾小路を見て「あんなやつでも就職できる」という安心感を持っているらしい。

警察官(交通課)の二人
 綾小路が窓から体ごと出ていたため注意をしていたふたりの警察官。なぜか道真も叱られていた。

謎のおじいさん
 三木たちがおばあさんになったらのシーンで登場。話し方やセリフから楓と思われるが、頭に矢が刺さっていないことから別人と思われる。

阿名雲沙愛(あなうんさあ)
 霊感商法で道真が訴えられたニュースを伝えた男性アナウンサー。

通りすがりのプロレスラー
 三木たちが卒業する際に司会を務めたプロレスラー。

PTA48
 来賓。全員で壇上に上がった。

校長先生
 三木たちの学校の校長。野球が好きで、電気用品店のテレビで見ている。

三木の友達
 最終巻150ページに出てくる女性。三木のことをみっちょんと呼ぶことから、それなりの仲と思われるが、三木はわからなかった。

警察官
 サチと三木がアニメを作るため背景をデジカメで撮影している時に登場した。実際ルーツ氏もアニメ制作のために背景撮影を行っていたが、警察官から職務質問されたらしい。

エジソン
 電気や電話、蓄音機、映画、その他もろもろの道具を世に普及させた男性。八千穂とヤチ姫が島で遭難した際に、シロデカがどこからともなく連れてきた。

ルーツの父
 漁師。漫画に一回のみ登場。

ルーツの母
 ルーツ氏の弁当にご飯と梅干、するめいかを詰め込んでいた。

ルーツの小学校の頃のクラスメイト
 イカ臭いルーツのお弁当に文句を言っていた。

ゲスト出演

アニメ登場


辻先生
 アニメにて一瞬だけ登場した。「しゃべる!DSお料理ナビ」に登場するコックで、ルーツ氏が料理実況する際に登場していたが、アニメでは一回だけ登場した。

ルーツ
 するめいかの原作者。ゲーム実況動画も出していた。漫画版では第一巻と最終巻に登場しており、最初は三木たちを強引に野球観戦に連れて行った。最終巻では漫画を描き続けた疲労が原因で倒れる、という設定で登場した。アニメ版では何度も登場しており、「っかー!うまい!!!」というセリフで有名。その後もビデオカメラ回でビデオカメラ係を努めており、ファンたちからは「AVタイム」と呼ばれている。また、たまに背景にも出演したりしている。スルメーンの音楽隊のメンバーの一人であり、するめいか第二期第十話のOPにてリコーダーを担当した。

U1
 実況プレイヤーの一人で、ルーツの友達。スルメーンの音楽隊のメンバーの一人で、するめいか第二期第十話のOPにてカスタネットを担当した。

クマトン
 実況プレイヤーの一人で、ルーツの友達。アニメ第一期第五話のアイキャッチにて声のみ出演。また、スルメーンの音楽隊のメンバーの一人であり、するめいか第二期第十話のOPにて鍵盤ハーモニカを担当した。


 実況プレイヤーの一人で、ルーツの友達。スルメーンの音楽隊のメンバーの一人であり、するめいか第二期第十話のOPにてタンバリンを担当した。

ルーツの友達
 アニメ第一期第五話にて名前だけ登場。亀戸天神の橋で足を挫いた。

ケイ
 アニメ第一期第五話のアイキャッチにて声のみ出演。

藤原
 アニメ第一期第五話のアイキャッチにて声のみ出演。

秋山森乃進
 アニメ第一期第五話のアイキャッチにて声のみ出演。

REvin
 アニメ第一期第五話のアイキャッチにて声のみ出演。

しんすけ
 アニメ第一期第五話のアイキャッチにて声のみ出演。

まおっぱい
 アニメ第一期第五話のアイキャッチにて声のみ出演。


 アニメ第一期第五話のアイキャッチにて声のみ出演。

hacchi
 アニメ第一期第五話のアイキャッチにて声のみ出演。

たろちん
 アニメ第一期第五話のアイキャッチにて加藤とともに実写で出演。

加藤
 アニメ第一期第五話のアイキャッチにてたろちんとともに実写で出演。

ゆっくり
 たまに登場する。

ルツインテ
CV:たかやまりな
 「自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで今日の出来事を4コマにする」のアニメ、「自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで今日の出来事をアニメにする」にて、サチと三木がゲスト出演した。

歌藤達夫
 のべるげ!の登場人物。するめいか氏の背景にゲスト出演。

コボルト
CV.ルーツ
 アニメ版にてサチの回想シーンにて登場(サチの回想ではないらしい)。ルーツ氏が描いている「魔王部下業界」からのゲストであり、元ラッパーのミイラ男と共に登場した。

元・ラッパー(ミイラ男さん)
CV.ルーツ
アニメ版に何度か登場。作品を超えて愛されているキャラクター。ルーツ氏の分身とも言われる。

ホイミ風の店長
 ミイラ男とコボルトが行った店の店長。ホイミのような姿でサングラスをかけ、新聞を読んでいた。

店員
 コボルトたちが行った店の職員。奥で働いていた。

初音ミク
 アニメ第三期の背景にて出演。

ピカチュウ
 アニメするめいか氏(四期)にて楓に食べられていた。

天川太陽
 大東京トイボックスの主人公。第一期第十一話の宣伝にて登場。

水無瀬シズク
  ハローキティといっしょ!に登場するキャラクター。第一期するめいか第5話にて冒頭にイラストのみ登場。

蘭道鈴
 ハローキティといっしょ!に登場するキャラクター。第一期するめいか第5話にて冒頭にイラストのみ登場。

猫村いろは
 初音ミクと同じくボーカロイド。蘭道鈴、水無瀬シズクと共に第一期するめいか第五話にて冒頭にイラストのみ登場。

真宮・エリザベス・つばさ
 ハローキティといっしょ!に登場するキャラクター。第二期するめいか第二話にて冒頭にイラストのみ登場。

リオ
 ハローキティといっしょ!に登場するキャラクター。第二期するめいか第二話にて冒頭にイラストのみ登場。

クリストファー・W・ハートランド
 ハローキティといっしょ!に登場するキャラクター。第二期するめいか第二話にて冒頭にイラストのみ登場。

橘みかん
 ハローキティといっしょ!に登場するキャラクター。第二期するめいか第二話にて冒頭にイラストのみ登場。


アニメ未登場

押本ユリ
 てーきゅうの登場人物。サチ、三木、八千穂、楓の四人がてーきゅうに出演した。
新庄かなえ
 てーきゅうの登場人物。サチ、三木、八千穂、楓の四人がてーきゅうに出演した。

高宮なすの
 てーきゅうの登場人物。または、「高宮なすのです」の主人公。サチ、三木、八千穂、楓の四人がてーきゅうに出演した。

板東まりも
 てーきゅうの登場人物。サチ、三木、八千穂、楓の四人がてーきゅうに出演した。

戸部さん
 ルーツ氏が描く「自動販売機 戸部さん」からのゲスト出演。宣伝として登場したが、薄とハルキとともに登場した。

小泉すみな
 うわばきっず、または、ルーツビアの登場人物。すずとユキとともにニコニコ静画にてコラボ。
 その他のユキやすず以外にも携帯に複数の連絡先があるようで、その中に藤村ちかやウレジール・イトラの連絡先がある可能性もあるが、詳細は分かっていない。

すず
 うわばきっず、または、ルーツビアの主人公。ニコニコ静画にてコラボ。ルーツ同様かなりのビール好きで、仕事終わりでは必ず飲んでいる。また、休憩にお茶を飲むと言って、ビールを飲んで酔っ払ったりもしている。

西川ユキ
 ミナの会社の後輩。ニコニコ静画にてコラボ。

レリィ
 in those days!に登場するメイド。するめいか第一巻にてサチが三木に貸したゲームに登場した。

スペシャルサンクスの女性
 スペシャルサンクスのページにて登場した、眼鏡をかけたサチのような姿をした女性。

エラリー 姫百合
 ミルキィホームズの登場人物。ニコニコ静画にて名前のみ登場。

シャーロック・シェリンフォード
 ミルキィホームズの登場人物。ニコニコ静画にてコラボした。

譲崎 ネロ
 ミルキィホームズの登場人物。ニコニコ静画にてコラボした。

エルキュール・バートン
 ミルキィホームズの登場人物。ニコニコ静画にてコラボした。

コーデリア・グラウカ
 ミルキィホームズの登場人物。ニコニコ静画にてコラボした。

遠山咲
 ミルキィホームズの登場人物。ニコニコ静画にてコラボした。

川島みなみ
 「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」の主人公。実際に登場したというよりも、もしドラの本にて登場した。

アニメ本編

第1期「するめいか

オープニングテーマ:王侯貴族のためのするめいか
作詞:ルーツ 作曲:mone
歌:ミッちょん(小岩井綾) サチ(小春かんき)
第七話  歌:よっぺい ガチャ
第九話 映像:つく
第十話 映像:tibi

エンディングテーマ:Lovin'Forever
作詞:ルーツ 作曲:RPGツクール3&たかび
歌:たかび

挿入曲:疾走貴族のためのするめいか
作曲:NOZZ

その他挿入曲:羅刹

第2期「するめいか二枚目

オープニングテーマ:放蕩息子のためのするめいか
作詞:ルーツ 作曲:mone
歌:ミッちょん(小岩井綾) サチ(小春かんき)

第3期「するめいかさん

オープニングテーマ:するめいかさんの閑雅な食欲
作詞:ルーツ 作曲:モネ
歌:サチ(小春かんき) ミッちょん(小岩井綾) 八千穂(小春かんき) 楓(小岩井ことり)

第4期「するめいか氏

オープニングテーマ:王侯貴族のためのするめいか

ゲーム

Gyaruge Ika ~ぎゃるげいか~
アニメDVD「するめいかさん」付属ゲーム

アニメ版スタッフ

シリーズ構成:ご存知ルーツと半端ない羅刹達
企画:ルーツ
キャラクターデザイン:ルーツ
演出:ルーツ
プロデューサ:ルーツ
撮影監督:ルーツ
脚本:ルーツ
写真撮影:ルーツ
美術:ルーツ
設定:ルーツ
作画総監督:ルーツ
その他いろいろ:ルーツ
背景:シルバーさん、亀戸
音楽関係:mone、クマトン
修羅一覧:U1、ヤマザキ、minnango

特別コーナー

予告
 アニメ本編が始まる前に放送される短い動画。

ルーピー一分クッキング
 ルーツ氏が酒のつまみを作るコーナー。一回しか行われていない。

ジョンのトレストショッピング
 ジョンとジェシカのショッピングコーナー。スルメの網が汚れてしまい、マジックローションパウダー(ごま油)で汚れを落とした。(実際には買い直した)

The SURUMEIKA
 ホラー映画。実際には予告しかされていない。

噛めないするめいか
 第一期にて一度だけ、EDのような編集で今までの話のワンシーンが切り抜きされた回。しかし、それはミイラ男さんの夢だった。

生わさび
 正式には「生わさび 二本目」。

今日の楓ちゃん
 第二期から度々行われるコーナー。楓の回想+その時考えていたことが明かされる。

パワプロ風するめいか
 パワプロのように会話が進んでいくストーリー。

AVコーナー
 実際はただ質問を繰り返すだけだったり、登場人物の自己紹介だったりする。主に三木が担当しているが、たまにサチや八千穂、楓、時にはルーツ氏本人が担当することもある。
 さらに、カメラをサチや八千穂がカメラを回すこともあり、そのときはただビデオカメラを回しているという形になる。

ラジオ
 アニメとは別のラジオ。ルーツが司会進行を行い、その後は声優たちに丸投げという形式をとっている。名前は「さきいかを愛でるラジオ」「いからじ」「いかを炙るラジオ」など様々。

関連タグ

関連記事

親記事

ルーツ るーつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「するめいか」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 712041

コメント