ピクシブ百科事典

ジャンヌ・ダルク(ドリフターズ)

じゃんぬだるく

平野耕太の漫画作品、「ドリフターズ」の登場人物。
目次[非表示]

CV:皆川純子

概要

フランスの英雄、「オルレアンの乙女」と呼ばれた、「百年戦争」のフランスの国民的英雄、カトリック教会の聖女(聖人)。

詳細はジャンヌ・ダルクを参照。

作中では自身を焼いた炎を扱う異能者、魔女
多くに語られる純真さはほぼ皆無であり、祖国、国民や神に棄てられ裏切られ、人間に憎悪を持つ様になりその身を焼いた炎の様に全てを焼き尽くさんとする所謂「悪堕ち」した姿となっている。
使用武器は複数の短刀と刀
史実における火刑に処された際にEASYによって異世界の扉を開かれ召喚される。
森や街の一画を一度に炎で包みこむ広範囲の異能力や「骨まで残さない」と言った発言から黒王軍内でも特に攻撃的な特徴を前面に出した人物だと言える。
ただし肝心の火力に関しては水や石壁で十分に防ぐことが出来、一応の人間である豊久でも数秒なら耐えられる程度(彼女の攻撃による犠牲者たちもあくまで黒焦げに留まる)で、剣術や戦法に関しては素人とすら称される等、噛ませ犬感が否めない。

劇中において

廃城に野営する漂流者とエルフ軍を黒王軍兵数名と「ジルドレ(ジル・ド・レ)」と共に襲撃、漂流者の1人島津豊久と戦う。
自身の扱う炎によって島津豊久を追い込むも、オルミーヌによる石壁を使った突撃により井戸に突き落とされ、女子供の首を手柄としない島津豊久の頭突きによって気絶する。
(尚、この頭突きでジャンヌは頭蓋骨を割られていた様子。)

その後、黒王軍の竜と兵士によって救出され、黒王の力によって回復、
黒王軍南下時の北壁攻撃ではその能力をもって民家を焼き尽くしている。




余談

「あとがきゆかいまんが」では貧乳な事を気にしており黒王に相談し弄られている所を見ると、乙女の心は完全には無くしていないらしい?

フランスと神に棄てられたジャンヌ・ダルクの心中を思えばこの様な「悪堕ち」もごもっともだろう、別の世界線でも同人物による似たようなの悪堕ちが存在する、ただしあっちはまだデレる。

関連タグ

ドリフターズ エンズ ジャンヌ・ダルク

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャンヌ・ダルク(ドリフターズ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91406

コメント