2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

辰砂

しんしゃ

辰砂または辰沙とは水銀の硫化鉱物。色は鮮やかな赤だが、不純物が多いと赤褐色となる。
目次[非表示]

概要

その色から赤色硫化水銀とも呼ばれ、他にも朱砂(しゅしゃ)、丹砂(たんしゃ)、丹(に)などの呼び方がある(「」も「丹」も赤系の色の名前)。辰砂というのは中国の地名「辰州」から取られた名で、辰州がこの鉱物を多く産出したことにちなむ。英語では現在シナバー(cinnabar)と呼ばれるが、これは「赤いもの」または「赤い絵の具」という意味のキナバリ(κιννάβαρι / kinnabari)というギリシャ語からきている。

水銀と硫黄の化合物(HgS)であり、酸素(O2)を含んだ空気の中で熱すると水銀蒸気(Hg)と亜硫酸ガス(SO2)が発生し、その水銀蒸気を冷やせば液体の水銀を得られる。

不老不死の妙薬を求めた古代中国の錬丹術では、辰砂から得た水銀を丹薬作りに用いた。しかし水銀の有害性から逆に命を縮めることにしかならなかったようで、それで死んだ皇帝が何人かいるという記録がある。

ヨーロッパ錬金術でも水銀や硫黄を重要な要素とする説があり、辰砂が賢者の石と呼ばれたりもしたようだ。また、その色からドラゴンの血が固まったものであるともされた。

日本では塗料や顔料の原料とされ、神社の鳥居、漆器、戦国時代の甲冑などに用いられた。
戦国時代最強の騎馬集団「赤備え」の真っ赤な鎧兜は、この辰砂で塗装されたものである。

Pixivでは

2021年現在「辰砂」で検索すると、なんらかの辰砂の擬人化キャラクターを描いたものが多くヒットする。そのほとんどを占めるのが漫画『宝石の国』のキャラクターのシンシャのイラストで、それらには中国語圏で使われている作品名の「宝石之国」または「寶石之國」タグが付けられていることが多い。その他にゲーム『宝石姫』にも辰砂というそのままの名前のキャラクターがいる。これらのキャラクターを検索結果から除きたい場合はマイナス検索が有効(「辰砂 -宝石の国 -宝石之国 -寶石之國 -宝石姫」の検索結果)。

別表記である「辰沙」は、小説『屍鬼』のキャラクター辰巳桐敷沙子のカップリングタグとして使用されていることが多い。

関連イラスト

【天然石擬人化】シナバー
『辰砂の薔薇』



関連タグ

宝石

関連記事

親記事

鉱物 こうぶつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「辰砂」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「辰砂」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50293

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました