ピクシブ百科事典

シンシャ

しんしゃ

鉱物の一種である。また漫画『宝石の国』の登場人物である。
目次[非表示]

シンシャ(Cinnabar)とは鉱物の一種である。
また宝石を題材とした漫画『宝石の国』の登場人物でもある。pixivでは主にこちらを指す。

概要

硫化水銀(II)(HgS)からなる鉱物。辰砂。水銀の重要な鉱石鉱物。
別名に賢者の石、赤色硫化水銀、丹砂、朱砂、水銀朱などがある。日本では古来「丹(に)」と呼ばれた。

水銀の硫化物。六方晶系。結晶片は鮮紅色でダイヤモンド光沢がある。多くは塊状または土状で赤褐色。低温熱水鉱床中に産し,水銀の原料,また,朱色の顔料として古くから用いられてきた。有毒。朱砂。丹砂。丹朱。 → 硫化水銀

宝石の国』の登場人物としてのシンシャ

硬度
靭性不明
モデルと思われる鉱石辰砂(上記のもの)
一人称
声優小松未可子


深い赤色のセミロングで、切れ長の目が特徴。

体から銀色の毒液を無尽蔵に出せる能力を持ち、攻撃としても防御としても扱えるため、戦闘能力は非常に高い。
しかし、その毒液は周囲の大気・土・水・草などを汚染する上、他の宝石達の身体に付着するとその部分が光を通さなくなり、更には、処置としては削り捨てる方法しか無い(宝石達の動力源は光であり、彼らは容姿を強く気にするため、放置するわけにもいかない。また、宝石達にとって身体の部位を失うことは、その大きさに応じた記憶を失うことにもなる)。
自らの毒液を完全に制御できないため、他の宝石達に危害を与えないよう距離を置き、月人の現れない(とされる)夜に見回りをするという無益な仕事に一人で就いている。昼間も宝石達の本拠地にはおらず、何処か野外で過ごしていると思われる。
自ら孤独な職務に就く一方で、他の宝石達も、彼と余所余所しくならざるを得ない現状を心苦しく感じている。

性格としては不真面目では無く、昼間であろうと月人を前にフォスを守って戦った。また、常に野外で過ごしているためか博識であり、フォスの博物誌作成を手伝ってほしいと頼まれた事から、不本意ながらフォスと交流を持つようになる。
その最中、「月でなら自分の価値を見出してもらえるかもしれない」「月人に攫われるのを待っている」と、自分の存在自体が迷惑であることに心を痛めている本心を零し、躍起になったフォスが「シンシャの仕事を見つけてみせる」と強引に約束するのが、本物語の大きな始まりと言える。
そんなシンシャは、フォスに完全に心を開いてはいないものの、何処かで気にしている様な素振りも見せている。

ダイヤモンド(宝石の国)と同じ年の生まれ。

関連イラスト

Cinnabar
綺麗な石には


夜の処し方
毒涙


関連タグ

宝石の国 市川春子 フォスフォフィライト
水銀

pixivに投稿された作品 pixivで「シンシャ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1125764

コメント