ピクシブ百科事典

檸檬が泣いた日…の巻

れもんがないたひ

「檸檬が泣いた日…の巻」とは、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』のエピソードの一つ。
目次[非表示]

概要

週刊少年ジャンプ」2000年43号に初掲載され、単行本第123巻(マンガアプリ少年ジャンプ+では第1181話)に収録された。

基本的に明るい作風のこち亀だが、時に「浅草物語」に代表される時の流れによる哀愁溢れる物語といったシリアスな回があったにせよ、当エピソードはこち亀の中でも極めて陰鬱な後味の悪さから屈指のトラウマエピソードとしても有名である。

(主に主人公・両津により)シャレにならない被害もよく起きる本作だが、ギャグ漫画と言う事もあり、まだ笑い話で済まされる部分もある一方で、このエピソードに登場した描写はギャグ補正など皆無な正真正銘の外道である。
実際、40年の長期連載の本作の中でも、両津がここまで本気で激昂したシーンは殆ど無い。

あらすじ

近頃未解決の事件が続いていることから、管轄の壁を外して警視庁内全域スクランブル捜査が行われることになっていた。
千代田区内のパトロールついでに檸檬の幼稚園へと来ていた両津は、幼稚園の年中組の教室にて日直の仕事をしっかりこなしている檸檬の様子を陰から微笑ましく見守っていた。

そんなある日、檸檬がいる年中組がお泊り保育に行くことになった年少組の飼育している6匹のハムスターを預かることになり(ハムスター達には「ピッチュー」「キャッチュー」「コロチュー」「クロチュー」「ミニチュー」「ハムチュー」と1匹1匹名前が付いているが、両津曰く「見分けがつかん」)、生き物係をしていた檸檬がハムスターの飼育係を任されることになる。
更にハムスターの内1匹のコロチューが妊娠しており、一週間後には出産を控えていたことが判明し、檸檬やお泊り保育から帰ってきた年少組の園児達は大喜びする。

しかしその翌朝、両津に車で幼稚園まで送ってもらっていた檸檬は時期に生まれるハムスターの子供に「イチコロチュ」「ニコロチュ」「サンコロチュ」といった名前を考え、近所から貰った赤ちゃん用のカゴを持参していた。ところが、幼稚園の前に停まっているパトカーを見た両津がまさかと思い駆けつけると、そこで合流した中川から昨晩幼稚園に強盗が入ったことを聞かされ、檸檬はハムスター達の変わり果てた姿を目の当たりにしてしまい…。

※以下、ネタバレ注意!!







































「まて!面白いゲームを考えた。明日園児(ガキ)たちくるだろ。ただ殺すだけじゃなくて…」

幼稚園に侵入して金品を強奪し、ハムスターを潰して刃物でバラバラに惨殺した強盗が学校荒らしの犯人と同一グループであると推測した警察はエスカレートすると危険な為にと、事は緊急を要することとなる。

纏と合流した両津は、檸檬が「天国でかわいい赤ちゃんが生まれるといいね」と、泣いている園児達を慰めつつ、園児達と一緒に折鶴をハムスター達の墓の周りにお供えする様子を見ており、「(檸檬が)一番ショックなはずなのに……強いな」と言う両津だが、纏は「泣かないよレモンは! 涙を絶対人前では見せないんだ」と返す。
そんな時、有力な情報が入ったことを伝えにきた中川がやって来る。

犯人である学生の自宅マンションへ聞き込みに来た両津達は昨日息子が帰ってこなかったことを聞かされ、今朝何時ごろに戻ってきたかを尋ねるも、「息子にはあまり関心持たない事にしてるから」「今忙しいから」と、既に息子のことを見放していた親は頑なに警察からの協力要請を拒否しそのまま追い返してしまう。
あまりにも冷淡かつ無関心な態度に両津は憤るも、纏は「少年犯罪は他人事と思ってるからね」と語る。
中川によると学校側も既に彼らのことを見放しているらしく、警察からの協力要請を頑なに拒否したとの事で、両津は「まわりくどいから直接本人だ!」と、犯人達の居所を突き止め、纏と共にとあるゲーセンで犯人達を見つけ出す。
「証拠は?」と返された両津は「手続きをしないと逆告訴になる」という纏の言葉にも耳を貸さず、自身の警察手帳を捨て、懲戒免職覚悟の上で犯人達に痛烈な鉄拳制裁を下す。

「じゃあいらねぇこんな物!クビで上等!」

「親も教師も見はなしたこいつらをだれが目を覚まさせるんだ!」

その日の夕方、幼稚園のハムスター達の墓の前にいる檸檬の元に、両津と彼が(署に連行する前に)ひきずってきた犯人の不良学生達がやって来て、両津は彼らが犯人であると自白し謝罪させる。
しかし檸檬は…

「お…おそい…よ もう」

「ハムちゃんたちは…一生懸命生きていたんだよ」

「それなのになんで… なんで」


「あんたたちも踏み潰されればいいんだ!!」


「わあああん!」

人前では泣かないはずの檸檬が初めて人前で大声を上げて泣いた。
その悲痛な泣き声の前に言葉の出ない犯人達は、自分達が犯した罪の重さを痛感するのだった。

その日、初めてレモンは人前で大声で泣いた。
犯人を捕らえても解決しない、
わしにとってもいやな事件だった

-両津事件簿第12章-
(物語のラストを締め括る両津のモノローグ。この部分からだけでも、檸檬や両津達のやりようの無さから来る後味の悪さが伝わってくる)

余談

檸檬から涙ながらに戒められた犯人達は自分達の罪の重さを痛感し、わずかにも反省の色を見せていたが、彼らが逮捕されたその後に関しては最終回になっても一切描かれていない。もっとも、仮に彼らが更生したところで、殺されたハムスター達が生き返る訳でも、檸檬達の負った心の傷が完全に癒える訳でもないが、これ以上彼らに罪を重ねさせない為にはそれでも更生してもらう他ないため、登場人物が誰も救われない後味の悪さが滲み出ている

両津が犯人達を檸檬の元に連れていった時にボロボロ姿になっている。犯人達の反撃にあったと思われるが、一部の諸説には、暴力団や(こちらはギャグ補正があるとはいえ)神すら無双する両津が高校生相手に反撃を食らうとは思えないので、鉄拳制裁を正当化にする為の偽装工作をしたか、犯人達を殴り続ける両津に纏が割り込み制止の為に殴り止めた説がある(それが制したのか、あるいは纏や中川と2人に事情を聞いた大原が上司達に穏便にする様に掛け合ったのか、次の回では退職せずに普通に通勤していた)。
少なくとも、この話以前に纏が暴漢に暴力を食らった時にブチ切れて暴漢に過剰な応酬でやり返し謹慎処分を受けた事はあるが、憤りの感情の勢いもあったとはいえ、謹慎どころか懲戒免職でも済まない覚悟で警官の立場をかなぐり捨てる意思を見せたのは少なくとも初である

次の話である「両津サイクルカンパニー!の巻」では、未だにハムスターの件を引きずっている檸檬の為に両津が彼女が乗りやすい特別な自転車をオーダーし、少しながら彼女の笑顔が戻った。
アニメ版では両津が檸檬に自転車をプレゼントするエピソードは放送されているが、本エピソードはアニメスタッフも思うところがあったのか、檸檬と彼女と同年代の視聴者の配慮の為に映像化はされていない(その為、自転車をプレゼントする理由が変更されている)。 

本エピソードが連載されていた平成12年当時は、「キレる17歳」と呼ばれる未成年による凶悪犯罪が続出しており、世相を反映していたこち亀がこの様なエピソードを出すのは、ある意味必然だったと言える。

ニンテンドーDS用ソフト『ジャンプアルティメットスターズ』では、両津の「親も教師も~」のセリフがバトルコマとして収録されており、そのセリフの簡易の解説がされている。基本はギャグ漫画中心の笑属性の両津だが、このコマはバトル漫画中心の力属性になっている。

現実や他のフィクション作品でも親や周りの環境等で凶悪犯罪に走ってしまう自体も珍しくなく、同じジャンプの人気作品の『ONEPIECE』に登場する新魚人海賊団の幹部達もその代表例の1つである(あちらの場合、人間と魚人の関係が人種差別的な事があったとは言え、モラルの欠けた大人達の人間に対する嫌悪の影響で、心の角から悪意が植え付けられ、人間達に直接危害を受けなかったにも関わらず、徐々に彼らに敵愾心が湧いてくる明確なシーンが描かれている)。


134巻(ジャンプ+では第1283話)でも学校荒らしの不良学生と同等以上の残忍な不良達が登場している。檸檬が蜜柑と町中を散歩していた際、近くで酒を買いに行こうとしていた不良の歩き煙草で蜜柑が火傷しそうになり、蜜柑を庇った檸檬が不良とぶつかった事で事件が発生。

歩き煙草を指摘した通行人を蹴り飛ばす、檸檬や蜜柑の顔に煙草の火を押し付けようとする、蜜柑を乗せたベビーカーを車道に投げ飛ばす(両津が間一髪で救助)等、単なる逆ギレで不特定多数相手に大暴れを始めるという、本エピソードの不良以上に残忍な性格をしていた。
最終的には纏と早矢に倒され、檸檬達に火傷を負わせようとした不良は自分の煙草で顔を火傷するという自業自得な結末になり、全員逮捕された。

事件後、蜜柑が熱を出してしまい、責任を感じた檸檬が神田明神に行き、「ハムちゃんみたいにしないで」と祈った。その後祈りが通じたのか、蜜柑の熱が下がり、元気になった蜜柑は「れもん」と初めて姉の名前を呼んだ(その次には「イチロー(両津の別名の一つ)」と呼んでいた)。

関連タグ

こちら葛飾区亀有公園前派出所
擬宝珠檸檬 両津勘吉
ハムスター 少年犯罪 毒親
人間のクズ 外道 お前ら人間じゃねぇ!! どうあがいても絶望 みんなのトラウマ トラウマ回 シリアス回
 
吐き気を催す邪悪:扱いの難しいタグだが、上述の非道ぶりを見れば正にこれ。制裁されてわずかでも反省した分だけはまだマシか。

ライフル銃の男:同じジャンプ作品の同類
善悪の屑:小学校内で飼育されているウサギを虐待死させた不良達が復讐屋に制裁を受けるエピソードがある。この回に登場する不良達は一度警察に捕まるも未成年の為に重い処罰を受けず、その後も反省の色を見せず夜な夜な学校内で好き放題していた為に、最終的に復讐屋にボコボコに叩きのめされた。
制裁されたとはいえ反省の色がなかった辺りはこっちの不良どもより邪悪ともいえるか。

外部リンク

檸檬が泣いた日…の巻(こち亀):アニヲタWiki(仮)のページ

法務省:社会を明るくする運動:親や学校から見放された結果、不良学生達はこのような事件を起こしたわけだが、「一度大きな過ちを犯してしまった者は切り捨てる」周りの対応が何度も過ちを繰り返す原因になっていると指摘している。例えば3年B組金八先生の有名なエピソード「腐ったミカンの方程式」でも同様の事が指摘されている。

関連記事

親記事

こちら葛飾区亀有公園前派出所 こちらかつしかくかめありこうえんまえはしゅつじょ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「檸檬が泣いた日…の巻」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12348

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました