ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

木曾義昌

きそよしまさ

戦国武将で武田家臣。のちに織田信長へと離反し、旧主にして義兄・武田勝頼の滅亡の直接的原因を作った。

生没年 1540(天文9)年~?


生涯編集

木曾義康の嫡男として誕生。

木曾氏は南北朝時代から木曽谷一帯を治めてきた国人領主であったが、1555(弘治元)年に信濃へ侵攻した武田晴信(のちの信玄)の前に降伏を余儀なくされた。

美濃・飛騨との国境地帯を領有する木曾氏を懐柔するため、晴信は娘の真理姫を義昌に嫁がせ、親族衆とする一方で、一族や家臣から人質を取るなどの措置をとって属国化が図られ、義昌も一家臣として過ごすことになった。


その後晴信改め信玄の死後、新しい当主となった勝頼の下で新府城築城に対する過重な賦役などにより不満を募らせた義昌は、1582(天正10)年1月弟の上松義豊織田家への人質として武田家から離反。その直後に始まった織田信長信忠親子の甲斐侵攻戦に参加した。なおこの際に武田家へ人質として出された実母・側室・嫡男の千太郎・娘の岩姫が処刑され、真理姫も義昌と離別し木曾山中に隠棲した(真理姫は離別していない説もあり、その場合は木曾山中の隠棲は義昌の死後ということになる)。


武田滅亡後、義昌は信長より2郡を与えるとの内示を得たが直後に本能寺の変が発生、反古となった。

天正壬午の乱では当初北条氏に、次いで徳川家康に安曇・筑摩郡加増を条件に寝返ったが反故にされた。これに不満を持ったため小牧・長久手の戦い羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)側につき徳川と戦ったが、秀吉・家康間の和睦により信濃の国人は家康の家臣となることが定められた。


1590(天正18年)、家康の関東移封により木曾氏も下総・阿知戸(現在の千葉県旭市)1万石へ移された。

没年は1595(文禄4)年、1596(慶長元)年の説がある。

家督は次男の義利が継いだものの、横暴な振る舞いが多く1600(慶長5)年に改易された。


関連タグ編集

戦国時代 中部勢

木曾義康 真理姫 木曾義利

武田信玄 武田勝頼 織田信長 北条氏直 徳川家康 豊臣秀吉

関連記事

親記事

中部勢 ちゅうぶぜい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 515

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました