ピクシブ百科事典

普恩寺業時

ふおんじなりとき

鎌倉幕府・第7代連署。北条氏一門の重鎮・北条重時の五男。兄・北条義政の出家遁世により連署に就任、得宗・北条時宗・貞時父子を補佐した。
目次[非表示]

概要

生没年 仁治2年(1241年)~弘安10年(1287年)6月24日
 鎌倉幕府第2代連署・極楽寺流北条重時の五男。兄弟に第6代執権北条長時六波羅探題南方を務めた北条時茂、第6代連署・北条義政(仁治3年(1242年)~弘安4年(1281年))らがいる。なお、時茂とは同年齢ではあるが、母の身分序列により時茂を三男、1年年少の義政を四男としており、業時は五男とされている。

生涯

 文永2年(1265年)、兄・義政ともに引付衆に就任、以後、義政は評定衆、三番引付頭人となり、文永10年(1273年)には連署に任じられるなど8代執権・北条時宗政権において順調に出世していったが、建治3年(1277年)、突如出家遁世し、信濃国塩田荘に籠もってしまう。業時は兄の遁世に伴い評定衆、三番引付人に任じられることとなった。
 文永11年(1274年)、元軍が九州北部に来襲、戦況は元軍有利に運んでいくが、神風(現在では台風と考えられている)の通過により、元軍は壊滅的打撃を受け、撤退する(文永の役)。
 弘安4年(1281年)5月、元軍再び来週、前回の反省に立った幕府軍は防塁を建設、元軍を迎え撃ち、戦況は膠着する。そうこうするうちに再び台風が通過、大損害を被った元軍は撤退する。
 同年8月、執権・北条時宗が最も信頼する同母弟・一番引付頭人・北条宗政が29歳で死去し、後任の一番引付頭人に就任する。
 弘安6年(1283年)、元軍の来襲に備え、執権・北条時宗の甥・北条兼時が播磨国に下向。また、この年4月に連署に就任、時宗の嫡男・貞時の母の兄である安達泰盛内管領平頼綱らとともに時宗を補佐する。
 弘安7年(1284年)4月20日、執権・北条時宗が34歳で死去、嫡男・貞時が14歳で跡を継ぎ、引き続き安達泰盛、内管領・平頼綱、連署・普恩寺業時らが幼い執権を支えることとなった。
 時宗死去後の同年5月、安達泰盛が主導する「弘安徳政」が始まり、『新御式目』三十八ヶ条の公布、御家人の保護、鎮西名主職の安堵、鎮西寺社領の回復、訴訟制度の整備、悪党の禁圧、大田文の作成(全国耕地の掌握)などが行われる。
 しかし、このころより安達泰盛と内管領・平頼綱の対立が先鋭化、弘安8年(1285年)11月、平頼綱は安達泰盛ら安達一族を滅ぼすと同時に、泰盛派の有力御家人を殺害する強硬手段をとった(霜月騒動)。

 これ以降の幕政は内管領・平頼綱の主導するところとなり、「弘安徳政」により設置された「鎮西特殊合議訴訟機関」(引付奉行人を鎮西に派遣して有力守護と合議して訴訟処理にあたらせた訴訟処理機関)は少弐・大友・宇都宮・渋谷四氏に訴訟を裁許させる「鎮西談議所」に代えられ、、鎮西名主職安堵と寺社領興行も撤廃されていくなか、業時は以後2年あまり連署を務め、弘安10年(1287年)6月26日、47歳で死去した。

関連タグ

鎌倉時代 鎌倉幕府 執権 連署 北条重時 北条時宗 北条貞時

コメント