ピクシブ百科事典

大仏宗宣

おさらぎむねのぶ

鎌倉幕府・第11代執権。北条時村暗殺後に連署に就任、得宗・北条貞時、執権・北条師時を補佐した。
目次[非表示]

概要

生没年 正元元年(1259年)~正和元年(1312年)5月29日
 父に引付衆、評定衆、第8代連署を歴任した大仏宣時、烏帽子親となった第8代執権・北条時宗から時宗の「宗」の字を賜ったとされている。子に六波羅探題南方、連署を歴任した維貞、維貞の死後、大仏流北条氏の家督を継いだ貞直らがいる。

大仏流北条氏

 大仏流北条氏の祖・北条朝直は初代連署を務めていた北条時房の四男であり、本来、嫡流であった六波羅探題南方に任じられていた長男・時盛が2年あまりで解任されて逼塞、時盛の孫・時国も六波羅探題南方に任じられたが、嫡流は朝直が継ぎ、以後、大仏流北条氏が要職を歴任することとなった。

六波羅探題南方

 弘安9年(1286年)6月、28歳で引付衆に就任。
 弘安10年(1287年)8月、父・宣時が連署に就任し、同年10月には評定衆、以後、越訴頭人、小侍奉行、執奏、四番引付頭人、寄合衆・京下奉行と要職を歴任する。
 永仁5年(1297年)6月、六波羅探題北方に前執権・北条時宗の猶子・宗方が、7月には宗宣自身が南方に就任、3月に制定された「永仁の徳政令」の公布による混乱に対処するために派遣されたものと考えられている。なお、本来であれば北方に就任した宗方が上席とされるが、幕府役職を歴任し実務経験豊富な宗宣が六波羅のトップたる執権探題となったとされている。
 正安2年(1300年)、六波羅探題北方を務めていた北条宗方が鎌倉に帰り評定衆、翌正安3年(1301年)には越訴頭人に就任する。なおこの年、執権・北条貞時、連署・大仏宣時が相次いで辞職し出家、後任の執権に北条師時、連署に北条時村が就いた。
 乾元元年(1302年)正月、六波羅探題南方を辞任、2月、一番引付頭人に就任する。

嘉元の乱

 嘉元元年(1303年)8月、越訴頭人に就任。
 嘉元3年(1305年)4月23日、連署であった北条時村が自邸に襲われ、内管領・北条宗方に討たれる事件が起きる。5月2日、時村を討った宗方の手勢12人のうち11人を処刑、同月4日、得宗・貞時により、宗宣は宇都宮貞綱とともに討伐を命じられるが、騒ぎを聞きつけた宗方は執権・北条師時邸に現われ、そこで討たれる。宗宣と貞綱は、この後、宗方派の与党を討ったという。
 
 現在、嘉元の乱は北条氏庶家と対立を深める得宗・北条貞時が北条宗方に命じて、その実力者である連署・北条時村を討ったものと考えられているが、無実の時村を討ったことに批判が集中、結果として貞時は腹心の宗方も討たざるをえなくなり、北条氏庶家との対立もさらに深まることとなった。

連署から執権に

 嘉元3年(1305年)7月、「戦が起きる」との噂(六月十日付禅海書状)が立つなか、北条時村の後任として一番引付頭人から連署に就任。
 応長元年(1311年)9月、執権・北条師時が死去し、10月3日に執権に就任、後任の連署には北条凞時が就いた。なお、そのわずか後、10月26日には得宗・北条貞時も41歳で亡くなっている。
 正和元年(1312年)5月29日、病を得て出家し、翌6月12日、54歳で死去した。

関連タグ

鎌倉時代 鎌倉幕府 執権 連署 北条貞時 大仏宣時

コメント