ピクシブ百科事典

大仏宣時

おさらぎのぶとき

鎌倉幕府・第8代連署。第9代執権・北条貞時を補佐した。
目次[非表示]

概要

生没年 暦仁元年(1238年)~元亨3年(1323年)6月30日
 鎌倉幕府・初代連署北条時房の四男・朝直を父として生まれるが、六波羅探題南方に任じられていた時房の長男・時盛(佐介流北条氏の祖)が2年あまりで解任されて逼塞、朝直が時房嫡流を継ぐこととなり、大仏流北条氏を称することとなる。

生涯

 文永2年(1265年)6月、引付衆に就任、以後、執権北条時宗のもと要職を歴任する。
 弘安6年(1283年)4月、一番引付頭人に就任。
 弘安7年(1284年)4月、執権・北条時宗が34歳で死去、7月には時宗の嫡男・貞時が14歳で執権に就任、内管領平頼綱、貞時の伯父・安達泰盛、連署・普恩寺業時らとともに若い執権を補佐する新体制が始まるが、次第に安達泰盛と平頼綱の対立が深刻化していく。
 同年10月、安達泰盛が主導する「弘安の徳政」が始まる。しかし、御家人の既得権益を侵害する面が強いことから不満も多く、翌弘安8年(1285年)11月、内管領・平頼綱はそれを口実に泰盛一派を誅殺、実権を握る(霜月騒動)。
 
 弘安10年(1287年)10月、死去した連署・普恩寺業時に代わり、当初は六波羅探題南方を務めていた北条時村を招聘することとなっていたが、時村の鎌倉下向がまにあわず、代わって宣時が連署に就任、以後14年間職にとどまり、執権・北条貞時を補佐する。

 上記のとおり、宣時に目立った業績はないが、連署就任前に霜月騒動、在任中の永仁元年(1293年)には執権・北条貞時が内管領・平頼綱一派を滅ぼす「平禅門の乱」、辞職後の嘉元3年(1305年)には当時連署の職にあった北条時村が内管領・北条宗方に自邸を襲われて暗殺され、宣時の嫡男・宗宣が宗方を討つ「嘉元の乱」が起きている(一説にはこれら3つの事件に宣時も関与しているのではないかと言われている)。

 正安3年(1301年)8月、執権を辞した貞時の出家に伴い、宣時も連署を辞任し9月4日に出家、政界を引退し、これ以後、孫・貞直の主宰する歌会に参加するなどしている。

 元亨3年(1323年)6月30日、86歳で死去。朝廷では天皇への奏上が止められ、花園上皇より弔意を表す院宣が遣わされた(『花園天皇宸記』元亨3年七月十三日乗)。

余談

 第5代執権・北条時頼の質素倹約の精神を示した有名なエピソードに出てくる「わずかな味噌を肴に酒を酌み交わした家臣」はこの大仏宣時だったという。
 宣時はこの話を吉田兼好にし、連日の酒宴をやめるよう北条貞時を諫めたり、14代執権・北条高時の挙行した贅沢な「北条定時十三回忌」に不満を漏らすなど、時頼の時代とはあまりにちがう北条得宗家の乱れを嘆いていたという。

関連タグ

鎌倉時代 鎌倉幕府 執権 連署 北条時宗 北条貞時

コメント