ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

Fate/Grand Order第2部6章『妖精円卓領域アヴァロン・ル・フェ』に登場する妖精。

かつて牙の氏族による執拗な殲滅を受け、現在は彼女一人しか残っていないとされる翅の氏族の長。流行と娯楽の街グロスターを統べている。

性格はBB、姿はそのエゴの一つであるカズラドロップになんと瓜二つであり、彼女を知る主人公と初見のユーザー達を凍りつかせた。登場時流れるBGMもBBのテーマそのもの。

彼女の領域であるグロスターでは、暴力を禁じる法を敷き、全ての存在が強制的に鍛えた強さを振るえないルールで徹底させており、古参の妖精であるハベトロットからは『ゲームマスター』と呼ばれている。
その性質はマテリアル本でカズラドロップの特質として語られる「世界が憎いから周りを弱くする」というものと非常に酷似している。

愛らしい容貌と振る舞いに反し、その根底にはある目的を秘めて暗躍している。

能力

型月世界の妖精の固有能力「妖精領域」による結界展開。これによりブリテン異聞帯は「少し道を歩けばルールの違う世界に出る」という状況になっている。
特に彼女のそれは、ほかの氏族の長と比しても驚異的な拘束力を発揮する。

効果範囲はグロスターの町全て及び、あらゆる存在の力をその個体が持つ始点レベルまで徹底的に弱体化させることができる
強いものは弱く 弱いものはより弱く
さらに効果範囲を絞ることで、対象のサイズさえ縮小させて同然にしてしまう
100人であろうと1,000人であろうと、その規模に収まるなら問答無用で弱体&矮小化させる文字通りのチート

もちろん、相手を自陣奥深くまで囲い込むだけの事前準備と交渉術が必要になるが、ことムリアンはグロスターの統治者として長らくその籍を置くだけに、権謀術数や腹芸は慣れたものである。

関連人物

コヤンスカヤ
カルデアがグロスターに到着していた時には既に契約を交わしていた“獣”。
彼女の妖精らしからぬ知性と理性を高く評価する一方、その悲願については快く思っていない。

そして案の定、悲願のため"解っていながら未来を捨てた"事に失望を覚え、契約を破棄して裏切りすらせず彼女のもとを去った。
この時のムリアンの様子は、まるでコヤンスカヤの嫌う「人間」のようであった模様。

余談

能力や性格、容姿など明らかにカズラドロップとBBをモチーフとしたキャラクターだが、彼女はあくまで「ムリアン」である。
これについては、カズラドロップの構成要素の一つが妖精ムリアンであったからと竹箒日記で新たに明かされ、妖精版として逆説的にデザインしたとの事である。

関連タグ

Fate/GrandOrder 妖精円卓領域アヴァロン・ル・フェ 妖精

関連記事

親記事

妖精國 ようせいこく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ムリアン(Fate)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 160524

コメント