2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

Fate/Grand Order第2部6章『妖精円卓領域アヴァロン・ル・フェ』に登場する妖精。

かつて牙の氏族による執拗な殲滅を受け、現在は彼女一人しか残っていないとされる翅の氏族の長。流行と娯楽の街グロスターを統べている。

性格はBB、姿はそのエゴの一つであるカズラドロップになんと瓜二つであり、彼女を知る主人公と初見のユーザー達を凍りつかせた。登場時流れるBGMもBBのテーマそのもの。

彼女の領域であるグロスターでは、暴力を禁じる法を敷き、全ての存在が強制的に鍛えた強さを振るえないルールで徹底させており、古参の妖精であるハベトロットからは『ゲームマスター』と呼ばれている。
その性質はマテリアル本でカズラドロップの特質として語られる「世界が憎いから周りを弱くする」というものと非常に酷似している。

どちらかというと人間という存在を良くは思っていないようで、必要以上に近づこうとはしない。「外の世界からやってきた人間」として主人公を見たときは「まっとうな色」と評価はしていたが、これはベリル・ガットに対する印象がすこぶる悪かったためでもある(主人公がベリルのような人柄だったら怒りのあまり人間を皆殺しにしていたとのこと)。

愛らしい容貌と振る舞いに反し、その根底にはある目的を秘めて暗躍している。

能力

型月世界の妖精の固有能力「妖精領域」による結界展開。これによりブリテン異聞帯は「少し道を歩けばルールの違う世界に出る」という状況になっている。
特に彼女のそれは、ほかの氏族の長と比しても驚異的な拘束力を発揮する。

効果範囲はグロスターの町全て及び、あらゆる存在の力をその個体が持つ始点レベルまで徹底的に弱体化させることができる
強いものは弱く 弱いものはより弱く
さらに効果範囲を絞ることで、対象のサイズさえ縮小させて蟻同然にしてしまう
100人であろうと1,000人であろうと、その規模に収まるなら問答無用で弱体&矮小化させる文字通りのチート

なお、このルールはムリアンのブームによって定期的に変えることができる。このレベルの反則的ルールの内容を多少の制限はあれ自由に決めて強制できるというのは「ゲームマスター」の異名に相応しいと言える。

いかなる来客もムリアンに従うしかない状況を作り出せるため、応用すれば敵対者を嵌める絶対的なトラップにすることも可能。もちろんそれには相手を自陣奥深くまで囲い込むだけの事前準備と交渉術が必要になるが、ことムリアンはグロスターの統治者として長らくその籍を置くだけに、権謀術数や腹芸は慣れたものである。

また、その妖精領域の強さは大厄災クラスのモースの大群さえ寄せ付けない。

関連人物

コヤンスカヤ
カルデアがグロスターに到着していた時には既に契約を交わしていた“獣”。
彼女の妖精らしからぬ知性と理性を高く評価する一方、その悲願については快く思っていない。
それでも一定の信頼関係は築いていたらしい。

余談

能力や性格、容姿など明らかにカズラドロップとBBをモチーフとしたキャラクターだが、彼女はあくまで「ムリアン」である。
これについては、カズラドロップの構成要素の一つが妖精ムリアンであったからと竹箒日記で新たに明かされ、妖精版として逆説的にデザインしたとの事である。

関連タグ

Fate/GrandOrder
妖精円卓領域アヴァロン・ル・フェ
妖精

ゴーストリックの妖精(遊戯王OCG):カップやきそば現象












































これより先、ネタバレ注意!!




























彼女の真の目的は、ズバリ「牙の氏族への復讐」。そしてそのついでだが「妖精國の支配」という野望を抱いていた様子。その容姿に違わず、牙の氏族によって翅の氏族が自分を除いて全滅させられたことを根に持っており、長い時間をかけて彼らを一網打尽にする策を講じていた。

そして、円卓軍によりオックスフォードが陥落するタイミングで、住民である牙の氏族全員を無傷で引き渡すよう交渉。首尾良くグロスターに氏族を集めると、予め用意していた箱庭に誘導・幽閉。妖精領域により矮小化・弱体化した彼らをあたかも害虫を潰すかのように滅ぼした。
が、これは、6氏族の中で最も強く、またモースに対抗可能な戦力が永遠に失われたことを意味し、いずれブリテン異聞帯を襲うだろう大厄災に対する手の一つを自ら消し去る形になってしまった。

また復讐心に紛れて自身も気づかずにいたが、「自分の氏族が滅ぼされたことに対する納得のできる理由」を求めており、襲撃時に牙の氏族が語っていたその理由である「気に食わない弱者を虫のように叩き潰す」行為の面白さを体験することも復讐の目的の一つだった。
しかし、いざ目的を果たしても面白さどころか嫌悪感と忌避感しか感じることができず、結果全てを復讐に費やしてきた自分の半生の意味を見失ってしまった彼女の精神は崩壊。
「牙の氏族が既に自らの手により滅んだ」事実を認識出来ない状態になってしまった。

とは言え、廃人、ならぬ廃妖精状態にまでは陥っておらず、自分が玉座を手に入れてからの為なのか、モルガンが秘匿し続けた妖精國の真実の探索は続行しており、(恐らく)カルデアより早く真実に辿り着いたが、その直後やってきた真の黒幕に致命傷を負わされ、コヤンスカヤに看取られながら死亡した。

死亡の際には牙の氏族を滅ぼした事を思い出していたようで「間違った事、愚かな行為だった」と自覚していた。彼女もまたウッドワス同様に過ちを認め、学び、成長する事ができる稀有な妖精であったが、全て遅すぎたのであった。

その際、彼女に「この世界で同類のいない者同士」の友人として、「ブリテンを救って欲しい」「先祖の犯した罪のため無慈悲に滅ぼされるのではなく、行き止まりの世界として穏やかに消えるようにしてほしい」と言い残す。
その最期の願いは空しくも叶うことは無かったが、結果的に"愛玩の獣"を動かし、カルデアを救う事になった。

関連記事

親記事

妖精國 ようせいこく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ムリアン(Fate)」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ムリアン(Fate)」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1135676

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました