ピクシブ百科事典

サンダーバード4号

さんだーばーどよんごう

SF人形劇『サンダーバード』に登場する救助用原子力潜水艇。
目次[非表示]

概要

SF人形劇サンダーバード』に登場する救助用原子力潜水艇pixiv内ではこのサンダーバード4号のイラストが投稿されているが、他の国際救助隊のメカに比べると数が少ない。

仕様など

サンダーバード2号の4番コンテナに積載()されており、救助現場の活動場所の最寄りの場所からコンテナ内のスロープを滑り降りて出動する。
「サンダーバード」の名を冠する救助マシンの中では最も小さく、全長9m、全幅3m程度しかない。しかし小さいながらも原子炉を動力源としているだけあって水中では160kt(≒296.3km/h)と途轍もない速度で航行できる。しかし、水上では5基ある推進器のうち3基が水の上に顔を出しているためか、40kt(≒74.1km/h)と逆に遅くなる。前面には救助作業用の照明が設置されており、更に前部のボンネットみたいな形状の箇所にある4か所の穴には切断用レーザートーチ、吸着用電磁石魚雷、体当たり用緩衝器が装備されている。また操縦室の後ろには潜水活動準備のための部屋が設けられている。

アナスタ湖というある砂漠の湖の救助活動では、湖の財宝と国際救助隊の秘密を盗みに来たフッドの潜水艇の魚雷を4発(うち2発は命中)受けているが、無傷という鉄壁の防御を誇っている。ちなみに、フッドの潜水艇はサンダーバード4号の魚雷(※2)を受け沈没。
また、サンダーバード2号が撃墜された回ではトレーシー島の滑走路(※3)をホバー走行し、更に滑走路の桟橋がスロープのように傾いて海上へと行くというビックリドッキリな出動をしている。

リメイク版『サンダーバード ARE GO』では、前面の照明が廃止された代わりに2本のアームが搭載されたほか、速やかに救助者を水上に射出するドライチューブを搭載している。また、オリジナルではコンテナへの帰還プロセスが描かれていなかっため2号にどうやって回収されるのか不明であったが、本作ではワイヤーを使ってコンテナに引き上げられるという明確な描写がある。

補足

・・・実は1回だけ別の番号のコンテナに積まれていた。
※2・・・普段は瓦礫などの障害物の排除や制御を失い暴走している設備を破壊して強制停止させる際に使われ、国際救助隊の他の救助マシン同様に国際救助隊への妨害行為やスパイ行為の阻止を除いて攻撃に使われることはない。
※3・・・普段はサンダーバード2号が出動する際に偽装カタパルトとして毎回使われている。

関連タグ

ジェリー・アンダーソン THUNDERBIRDS SF 人形劇

pixivに投稿された作品 pixivで「サンダーバード4号」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2441

コメント