ピクシブ百科事典

アサージ・ヴェントレス

あさーじべんとれす

『スター・ウォーズ』シリーズの登場人物

STARWARSスター・ウォーズ)』シリーズの登場人物。
シスの暗黒卿ダース・ティラナスドゥークー伯爵)のアプレンティス(弟子)として暗黒面のフォースの訓練を受け、クローン大戦で独立星系連合軍を指揮したダーク・ジェダイ達の筆頭。
「シスは常に2人しか存在しない」という掟があるためアサージは正式なシスの暗黒卿としては認められておらず、シスの教義についても教えられていない。しかし、アサージはそれでも2刀流のシス・ライトセーバーの剣技に長け、オビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカーともまともに渡り合う実力を誇る。

概要

惑星ダソミアに住む、フォースを利用した魔術を操る魔女の中でも暗黒面のフォースを利用するナイトシスターと呼ばれる氏族の出身であるが、とある事情により幼少期から度重なる戦争で荒廃した惑星ラタータックで育つ。そこではぐれジェダイカイ・ナレックの教えを受けるが、盗賊の襲撃によりナレックは死亡。アサージはナレックを見捨てたジェダイを恨むことになった。

2Dアニメ『スター・ウォーズ クローン大戦』では、ラタータックの闘技場でシスを僭称していたが本物のシス卿であるティラナスが姿を現したためフォースとライトセーバーの腕を見せつける。その力はティラナスには遠く及ばなかったものの、ダーク・ジェダイとしての高い資質を評価したティラナスにより、彼のジェダイ時代の弟子であるコマリ・ヴォサが使用していた2本のライトセーバーを与えられる。
そしてシスと認められるために、ダース・シディアスからアナキン・スカイウォーカー暗殺の命を受け、アナキンをヤヴィン第4衛星に誘い込む。そしてアナキンと壮絶な戦いの末、怒りによる彼のフォースの前に崖から転落し生死不明となった。この作品では、シディアスからはアナキンをダークサイドに向かわせるための捨て駒として扱われている事を仄めかす場面もある。

しかし、どうにか生還したらしくその後の戦いを描いたスピンオフ作品にも度々登場しており、CG映画『クローンウォーズ』ではティラナスの命に従ってジャバ・ザ・ハットの子供を誘拐し、その際ケノービとライトセーバーを交えるが勝負はつかなかった。
『クローンウォーズ』のTVシリーズではその後も独立星系連合の司令官として銀河系各地で共和国軍やジェダイと熾烈な争いを繰り広げるが、アサージが予想以上に力を付けつつあった事を危惧したダース・シディアスの命を受けたダース・ティラナスにより殺害されかける。
その後は本来の故郷である惑星ダソミアに逃げ帰り、仲間のナイトシスターと共にティラナスへの復讐を画策し、ドゥークーの新しい手駒としてダース・モールの弟でナイトシスターの魔術により強化された戦士であるサヴァージ・オプレスを(アサージの命令に従う暗示を植え付けた上で)送り込む。
しかし、この計画も失敗しアサージの生存をティラナスに知られてしまう。そしてナイトシスターの集落はグリーヴァス将軍の攻撃によって壊滅し、アサージは賞金稼ぎとなって銀河系の辺境を放浪することを余儀なくされた。
その後、コルサントでアソーカ・タノにかけられた冤罪を晴らすために彼女に協力するがバリス・オフィーの襲撃によりライトセーバーを奪われてしまった。
『クローン・ウォーズ』の未映像化エピソードを小説化した作品『Dark Disciple』でアサージは黄色いライトセーバーを手に入れて賞金稼ぎを続けていたがクインラン・ヴォスと出会い共にティラナス暗殺を図るも失敗し愛情が芽生えたヴォスを庇ってティラナスに殺害されてしまった。アサージの亡骸はオビ=ワンとヴォスの手により故郷ダソミアに丁重に葬られたのだった。

『クローンウォーズ』以前に制作されたスピンオフの設定ではグリーヴァス将軍や驚異的な再生能力を持つ種族ジェンダイの賞金稼ぎダージと並ぶ独立星系連合軍の指揮官としてクローン大戦終盤まで名を馳せていたが、クローン大戦の大詰めとして共和国軍により行われたアウター・リム包囲作戦による大攻勢のさなか、味方であるはずのバトルドロイドからの銃撃を受け、オビ=ワンに「コルサントを守れ」という言葉を残して息を引き取った。オビ=ワンは彼女をジェダイの流儀で火葬するよう申し出たが、実は彼女は仮死状態になっていただけであり、彼女の遺体を乗せていた宇宙船を奪い、銀河の未踏領域に逃走。以後行方不明となっている。

関連項目

STARWARS シス(STARWARS)
ダーク・ジェダイ

pixivに投稿された作品 pixivで「アサージ・ヴェントレス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18278

コメント