ピクシブ百科事典

バリス・オフィー

ばりすおふぃー

バリス・オフィーとは、映画『STARWARS』シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

注意

スター・ウォーズスピンオフ作品はフォースの覚醒の制作に伴い、そちらの映画に繋がる正史(カノン)と繋がらない非正史(レジェンズ)に区分されたが、この記事ではその両方の内容について記述する。

概要

ミリアランという種族の女性で、同じ種族の女性ジェダイ・マスターであるルミナーラ・アンドゥリに師事するパダワンである。
映画ではエピソード2に登場し、惑星ジオノーシスで起きた壮絶な戦いを生き延びた。

非正史(レジェンズ)

ジェダイのフォースを使った技術の中でも予言や治療の技を扱う才能に秀でており、ジェダイ騎士団における治療者サークルにも加わっている。
映画エピソード2の直前を描いた小説「崩壊の序曲」では惑星アンシオンの和平任務でオビ=ワン・ケノービアナキン・スカイウォーカーの師弟と行動を共にした。
そしてアニメ『クローン大戦』では惑星イラムの寺院でライトセーバーを作成する修行を行っているところに爆破用バトルドロイドの襲撃を受けるが、ルミナーラとの巧みな連係で辛くも脱出を果たし、救援に駆けつけたヨーダと合流した。バリスはこの時にジェダイ・ナイトへの昇格を認められたと見られる。

正史(カノン)

アニメ『クローン・ウォーズ』では同じく女性のパダワンであるアソーカ・タノといくつかの任務で共闘するうちに親友になる。しかし、第5シーズンではバリスが「ジェダイが銀河系に戦争の惨禍をもたらしている」という考えに取りつかれ、暗黒面に堕ちる事となった。
彼女はジェダイ聖堂で職員として働く夫を持つレッタ・ターモンドという人間女性を実行犯に仕立て上げてジェダイ聖堂を爆破するテロを起こし、レッタを口封じに殺害してアソーカが一連の事件の犯人であるかのように偽装した。
そして友人としてアソーカの身を案じるふりをして逃亡するアソーカの情報を集めつつ彼女を誘導し、アソーカは逮捕されてジェダイの法廷に立たされる。
しかし、弟子の無実を信じるアナキンによって事件の真相を暴かれ、バリスはアソーカに代わって共和国の法廷に立たされることとなった。
その後を描いた映画エピソード3ではバリスの師であるルミナーラが惑星キャッシークで共和国軍の指揮を執る様子が描かれているが、そこにバリスの姿は無かった。

その後

その後のバリスの去就については現時点では不明だが、レジェンズに区分されているスピンオフ作品の設定では「バリスはクローン大戦終結まで惑星フェルーシアでクローントルーパーの指揮を執り続け、オーダー66の発令により殺害された」との情報が出回っているとされている。

関連項目

STARWARS
ジェダイ パダワン ジェダイ・ナイト
ルミナーラ・アンドゥリ アソーカ・タノ

暗黒面 ダーク・ジェダイ

pixivに投稿された作品 pixivで「バリス・オフィー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5506

コメント