ピクシブ百科事典

エズラ・ブリッジャー

えずらぶりっしゃー

エズラ・ブリッジャーとは、SF作品『STAR WARS』の登場人物である。

概要

辺境の星ロザル出身の男性で種族は人間。『STAR WARS』のCGアニメシリーズの一つ『反乱者たち』の主人公である。

シーヴ・パルパティーン銀河共和国銀河帝国への移行を宣言したその日に生まれる。
少年期に両親が帝国への反乱煽動行為で投獄されたため一人で生きていかなければならず、登場当初は窃盗で生計を立てていた。ある日、ヘラ・シンドゥーラと元ジェダイケイナン・ジャラスが率いる窃盗団(実態は帝国への反抗活動を行うレジスタンス組織)が帝国軍からコンテナを盗み出す場面に遭遇し、中身を知らずに窃盗団から荷物を横取りした。しかし、その結果帝国軍から命を狙われる立場となり、自分を振り切った力量などに関心もあったことからケイナン達に匿われ、以後は行動を共にする。行動を共にする内にエズラはジェダイの片鱗を見せるようになり、ケイナンのパダワンとして修行を積むことになる。

そしてストームトルーパー候補を訓練するアカデミーに潜入してスパイ活動をしたり、ロザルの通信施設をジャックし、この惑星と周辺宙域の人々に向けて帝国への反乱を呼びかける演説放送を行う等の活動を行う。これらの功績によりロザルの反乱組織はケイナンと同じくジェダイの虐殺を生き延びた1人であるアソーカ・タノや、レイア・オーガナ等帝国の圧政に密かに反対する一部元老院議員達の主導による、より広範囲の反乱組織への支援活動に加わり、後の反乱同盟軍結成へ向けて大きな貢献を果たした。しかしその一方、エズラの放送に勇気づけられた彼の両親が監獄でも反乱を煽動して多くの人々を脱獄させたため、帝国軍に殺害された事を後に知る事となった。

一度は彼を自らの弟子にしようと目論むモールの誘惑によって暗黒面へと引きずり込まれかけたりもしたがそれを跳ね除け、ケイナンが帝国との戦いで戦死するとケイナンの意志を引き継ぎチームの中核として活躍。自身の両親が目指したロザルからの帝国軍追放を達成した。だが、エズラ本人はその戦いで消息不明となる。

関連項目

STARWARS 反乱者たち ケイナン・ジャラス

pixivに投稿された作品 pixivで「エズラ・ブリッジャー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 346

コメント