ピクシブ百科事典

ボ=カターン・クライズ

ぼかたーんくらいず

STARWARS: The Clone Warsの登場人物の一人。メイン画像右側の女性。
目次[非表示]

概要

クローンウォーズ

惑星マンダロアの支配権を巡ってクローン大戦開戦当時の政権と敵対していた過激派組織「デス・ウォッチ」に所属する女性のマンダロリアン戦士。

性格はかなり気が強く、自信に満ち溢れた女傑。祖国マンダロアへの忠誠心が極めて高い。
マンダロアの伝統的な戦士文化の支持者で、平和主義を掲げるサティーン・クライズ公爵率いる「新マンダロリアン」を敵視していた。
ちなみに姓で解る通りサティーンの実の妹に当たるが、クローン戦争時代には疎遠になっていたようだ。

初登場時には惑星カーラックでデス・ウォッチに刃向かったアソーカ・タノと交戦し、パダワンとはいえジェダイである彼女を相手に一時的に優位に立つ程の戦闘能力を披露した。

その後もデス・ウォッチの一員として活動し続け、デス・ウォッチのリーダープレ・ヴィズラの副官にまで登りつめる。
デス・ウォッチがダース・モールと手を組もうとした際はドゥークー伯爵に裏切られたことを引き合いに出してシスなど信用できないと主張している。
結局デス・ウォッチはモールと手を組み、モールが新たに結成した犯罪組織シャドウ・コレクティヴに参加。サティーン政権打倒に成功するが、その後モールはヴィズラと敵対し、惑星マンダロアの支配権を賭けた決闘を申し込んだ。
結果モールがヴィズラを破り、彼を斬首して自分がデス・ウォッチの新リーダーであると宣言すると、ボ=カターンは「認めぬ!よそ者などにマンダロアを渡せるものか!」と叫んで離反。
デス・ウォッチはボ=カターンが率いる「ナイト・オウル」一派とモールに従った「マンダロリアン・スーパー・コマンドー」に分裂し、激しい内戦を繰り広げることになる。

スターウォーズ 反乱者たち

シーズン4に登場。銀河共和国によるマンダロア占領後、摂政に任じられたが、その後再編された銀河帝国やその傘下に収まった「マンダロリアン・スーパー・コマンドー」の後継組織「インペリアル・スーパー・コマンドー」と敵対し、権力の座を追われたことが語られる。
この時の挫折からか、自身がリーダーシップを取ることに消極的になってしまっている。
主人公たちゴーストチームとの共闘により、銀河帝国軍の秘密兵器を破壊した後、サビーヌ・レンから、かつてプレ・ヴィズラがデス・ウォッチのリーダーの証として所持していたダークセーバーを受け取り、再びマンダロアのために立ち上がることを宣言した。

関連項目

スター・ウォーズ

関連記事

親記事

マンダロリアン まんだろりあん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ボ=カターン・クライズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 103

コメント