ピクシブ百科事典

銭婆

ぜにーば

銭婆とは、「千と千尋の神隠し」に登場するキャラクターである。

「一度あったことは忘れないものさ、思い出せないだけで」

概要

CV:夏木マリ

湯婆婆の双子の姉で、「沼の底」という寂しい片田舎のような所にひっそりと暮らしている魔女。
口調や見た目は湯婆婆と瓜二つで、妹からは「性悪女」と言われ、釜爺からも恐ろしい人物だと評されている。
強力な魔法を操ることができ、契約印を盗んだハクに紙の式神をけしかけたり、式神を媒介に半透明の状態で遠隔地に移動したり、そのままの状態で坊と湯バードの姿を変えてしまうなどの力を持つ。
(カエルやナメクジなどの従業員を含む)生物を使役する妹に対して、人工物に命を与える節があり、自身のために生命ある存在を奴隷化することはしていない。

妹の命令で契約印を盗んだハクを式神で追い詰めて痛めつけるシーンで初めて登場し、何の躊躇もなくハクを始末しようとするなど、評判通り冷たく恐ろしげな人物であるような印象を見せたが、実際は感情の起伏が激しく強欲でがめつい妹とは対照的に、比較的穏やかで物分かりが良い。

また、自分に対してきちんと筋を通す者や行き場の無い者に対しては人情味や優しさも見せており、千尋の事を丁重にもてなした上で励ましたり、行き場のなかったカオナシをそのまま受け入れ身元を預かっている。故にか千尋も銭婆のことを「お婆ちゃん」と呼ぶようになる。
更に、千尋を迎えに来たハクのことも快く許すなど、寛容な面も見せている。
千尋をもてなしたり何処の誰ともわからぬカオナシを短時間交流しただけですんなりと自邸の一員として迎え入れるなど、決して排他的な人物ではない。

本人曰く「自分と湯婆婆は二人で一人前」らしいのだが、姉妹の仲はあまり良くない模様(銭婆いわく「魔女の双子なんて厄介のもと」らしい。実際こういった「魔女」や「魔法使い」が出てくる作品において「双子」というものは本来得るはずの魔法の力が強すぎて、魂が二つに分かれて生まれてしまった不完全な状態とされ「本来得るはずだった強大な魔力を取り戻すために兄弟姉妹が殺し合う」というストーリーになる場合も多々あり、その場合殺し合う双子は極端に対照的な見た目や性格をしている場合が多い)

絵コンテには、スレンダーで財力などにも優れる才(魔)女であり、自信にも溢れた銭婆に対し、弱々しい目線で姉を見る湯婆婆が描かれており、姉へのコンプレックスの塊であると書かれている。

作中に登場した自宅は周囲に他の民家すらない僻地にたっており非常に質素な佇まいで、内装も妹の住む湯屋の過剰ぶりに比べて非常に質素で素朴。同様に、基本的に何をやるにも魔法の力で済ませてしまう湯婆婆と比べ、銭婆は日常生活を送るうえで必要な動作は極力魔法を使わず自分自身の力で行っており(作中でも、糸を縒って紡ぐ際に「魔法で作ったんじゃ何にもならないからねぇ」と言っている)、この点も対照的である。そのことからも、金銭や物への執着心というものはないようで、慎ましく質素に暮らすという昔ながらの素朴な生活スタイルを好んでいる様子がうかがえる。



千尋とカオナシ、そしてハクが来訪することを全て把握しており、その理由も全て知っていたと取れる描写がある。つまり、ハクが本心から悪事を犯した訳でなく湯婆婆の奴隷とさせられていたことも把握していた。また、結果的には坊と湯バードにも成長する機会を与えたことになる。湯バードは元の姿に戻らず終いだったが、これは、湯婆婆の模造ではなくてハエドリという自身の姿、しかもれっきとした「鳥」の姿を手に入れた事を気に入って選択したと設定されている。
この世界のルール故に千尋を助けることはできないとは言いながらも、お守りと称して千尋に特別な髪留めを与えており、それが物語終盤にて重要な役割を担うことになる。

関連タグ

千と千尋の神隠し 湯婆婆 カオナシ 魔女 双子 

関連記事

親記事

千と千尋の神隠し せんとちひろのかみかくし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「銭婆」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44111

コメント