ピクシブ百科事典

坊ネズミ

ぼうねずみ

坊ネズミとは、「千と千尋の神隠し」に登場するキャラクターである。

概要

油屋の経営者湯婆婆の一人息子であるが、湯婆婆の双子の姉銭婆の魔法によって
変えられた小太りの鼠の姿である。

この姿に変えられてから、ハエドリに姿を変えられた湯バードと一緒に千尋についていくことになる。
最初こそ千尋の肩の上にずっと乗っていたり、ハエドリに運んでもらったりだったが、終盤では「肩に乗っていいよ」という千尋の誘いを断り、自分の足で歩くようになった。
その他にもカオナシの討伐に活躍したり、銭婆の家で糸車を回す手伝いをしたりと多くの成長が見られた。

元の姿のときはずっと、おんも(外の世界)には悪い病気があると信じていたため、
坊ネズミの姿になって初めて見る外の世界に感動していた。
これらのこと通して千尋のことを気に入っている。
それに反して鼠の姿の自分を見抜けなかった湯婆婆の自分以外の者へ対する態度を見てしまう。

銭婆の元から油屋に戻ってきたときに、自分にかけられていた魔法をといて坊の姿に戻る。
このとき坊はたくさんの冒険を通して、自分の足で立てるようになっていた。
千尋をなかなか元の世界に返そうとしない湯婆婆に対して、

「ばーばのけち。もうやめなよ」
「千を泣かしたら、ばーば嫌いになっちゃうからね」

と、これまで甘やかしてきた湯婆婆よりも、たくさんの世界を見せてくれた千尋の方を助ける発言をする。


余談

坊が鼠に変えられたため、坊の代わりは3つの頭が務めている。

関連記事

親記事

ぼう

pixivに投稿された作品 pixivで「坊ネズミ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27174

コメント