ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:玉井夕海
湯屋で働いている湯女の娘。外見年齢は14歳。口調は荒っぽいが性格はサッパリとしており、人間である千尋を初めて見た時は驚いて当惑していたが、彼女の雇用が決まると湯屋の先輩として千尋に色々と仕事を教えて面倒を見るという優しさを見せる。

その出自は不詳(公式の資料では、白狐としてラフ画がある)で、不本意ながら湯屋で働く自分の運命を呪っており、いつか湯屋を出て海の向こうの街に行く事を夢見ている。彼女の他にも人間の娘と全く変わらぬ外見をした湯屋で働く下働きの娘が幾人かいる。一人称は「アタイ」もしくは「オレ」。

好物はいもりの黒焼き(これは湯屋の従業員共通の好物である)。
ちなみに、いもりの黒焼きとは媚薬である。

白狐の化身だとする説が一般的だが、それ以前の構想ではイタチであったらしい。

関連イラスト

油屋を発つ
よくやった


りん姉さん
この向こうへ


関連タグ

千と千尋の神隠し 油屋

コメント