2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:はやし・こば

概要

オクサレ様とはスタジオジブリの映画『千と千尋の神隠し』に登場する神様である。
流動性の高い泥が集まって巨大な一塊になったような姿をしていて、這うように移動する。
動くたびに泥が体の表面を流動し、その泥はごみと穢れをたっぷり呑み込んだヘドロで、それゆえに凄まじい悪臭を放つ。
その臭気は少し離れた所で見ていたリンが調達してきた飯を一瞬で腐らせるほど危険なもので、湯婆婆を始めとする油屋の者はみな慌てふためきながら迎え入れることになる。

関連イラスト

オクサレ様
足し湯失敗








正体

その正体は、湯婆婆曰く「名のある川の主」。(スタッフロールでは「河の神」となっている。)
どうやら住処である川がゴミ等で汚れていたらしく、その汚れが体に付着してヘドロの怪物のような姿になってしまったようだ。
身体に付着していたヘドロの量は途轍もなく、25mプールほどはあるかという浴槽が一瞬で茶色に染まったうえ、中のお湯がドロドロの粘度になる程。

風呂に入った直後自分の手を見て何か言いたげにするなどあまり満足していなかったが、千は掛け湯を思い付き、番頭に行ってかなり高級な薬湯の札をもらい使用する(番頭は渡す気はなかったが不可視になっていたカオナシが渡した)
その際誤って湯船に転落した千だったが、その千を掴み、自らの身体に引き寄せる。
そのとき、が体に刺さっている棘(自転車のハンドル)に気付き、それを聞いた湯婆婆が正体を察知。出したロープを棘に結び付けて湯屋一同で引っこ抜くと、川に不法投棄されたと思われる大量のゴミが出てきた。
最後に引っかかっていた釣り竿の浮きを千が引っこ抜くと至福の感情を表し湯の中に消え、本来の姿に戻った。

 本来の姿は、翁の面を思わせる顔、白く長大な体、無数の足を持つ龍神である。

ゴミを出してもらった後、千に「良きかな」の言葉と共に特別な薬効のある丸薬「苦団子」を授けて飛び去って行った(お代は前払いだったので問題ない上、追加で大量の砂金を残している。これが、カオナシが幻術で砂金を作ろうと思い立ったきっかけ)。

 ちなみに正体に気付いた湯婆婆が「オクサレ様ではない」と言っているので、作中に登場したのは「オクサレ様そっくりになってしまった別の神様」であり、そちらとは別に「本物のオクサレ様」が存在するようだ。

よきかな


関連タグ

ヘドロ ヘドラ ベトベトン 龍神 千と千尋の神隠し

関連記事

親記事

千と千尋の神隠し せんとちひろのかみかくし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「オクサレ様」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「オクサレ様」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 151714

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました