ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

若おかみは小学生!

わかおかみはしょうがくせい

『若おかみは小学生!』は令丈ヒロ子による児童文学シリーズ。 思わぬ形で「春の屋旅館」の若おかみとなった主人公、おっこが若おかみとして成長していく姿を描く。
目次 [非表示]

概要

講談社青い鳥文庫から刊行されており、300万部以上の売り上げを記録している。

2003年4月から2013年7月にかけて全20巻が刊行、完結。

スピンオフ作品として、おっこの従妹のことりが主人公の『温泉アイドルは小学生!』と『アイドル・ことまり!』が存在する(いずれも青い鳥文庫、全3巻)。

また、同じ版元の漫画雑誌「なかよし」にて、2006年から2011年にかけてコミカライズが掲載された。作画担当はおおうちえいこ。


テレビと映画でアニメ化されている。詳細は後述。


登場人物

・ここではアニメ版(TV・映画共)に登場したキャラクターをメインに記す。

・TV版、映画版でCVが異なる場合は特記のない限りTV版/映画版の順に記す。

・名前の後の〇はTV版のみ、◎は映画のみの登場 (TVアニメ版登場キャラクターの項のみ省略)


主要人物

関織子(せき おりこ)

CV:小林星蘭

主人公、愛称はおっこ。小学6年生。東京に住んでいたが交通事故で両親を亡くし、花の湯温泉で「春の屋旅館」を営む祖母の元に引き取られる。

ひょんなことから春の屋旅館の若おかみとなってしまう。

負けず嫌いで頑張り屋で一生懸命で、一つの事に集中すると周りが見えなくなって周りを巻き込んでしまうタイプ。

春の屋の皆さんやウリ坊や美陽、真月の手助けを借りて若おかみ修行を頑張って乗り越えていく。


関峰子(せき みねこ)

CV:一龍斎春水 / 花澤香菜(劇場版、少女時代)

おっこの母方の祖母。春の屋旅館の経営者。厳つい顔立ちだがよく見れば結構美女(年相応に老けてしまってはいるが)。年齢は70歳。

娘の忘れ形見になってしまったおっこを引き取る。


田島エツ子(たじま えつこ)

CV:一龍斎貞友

美容師見習いから仲居に転職した人。花が好きで庭の手入れをしている。涙腺が弱い。


蓑田康之介(みのだ こうのすけ)

CV:てらそままさき

「康さん」と呼ばれている、落ち着き払っているが情けに厚い料理人。かなりの歳らしく、孫がいるそうな。


秋野真月(あきの まつき)

CV:水樹奈々

花の湯温泉で一番規模の大きな旅館である「秋好旅館」の跡取り娘。

見た目は派手、性格はかなりキツい、と、いかにも児童文学のヒール。さらにおっこの通う小学校のクラスメイト達からは『ピンフリ』(ピンクのふりふりドレスの略)と密かに呼ばれているあたり、まさにヒールキャラ。

その一方で自分が旅館の跡取り娘であるという自覚が強く、それにふさわしい人間にならねばと、日々努力を重ねている。けどそれすら自慢の種にしてしまうあたりはやはりヒールキャラである。

素直じゃない


立売健吾(たてうり けんご)

CV:小林ゆう

あだ名は「ウリケン」。ウリ坊の弟の孫で、見た目もそっくり。おっこも最初に会った時はウリ坊と間違えたほど。

週刊誌に載ったおっこを見て一目惚れしてしまい、それが高じて春の屋旅館に殴り込んでしまった。以後、学校が休みになる期間に、春の屋旅館にお手伝いに来ている。ちなみに東京に在住。


幽霊・魔物

立売誠(たてうり まこと)

CV:松田颯水

愛称は「ウリ坊」。刃渡り2メートルはあろうかという巨大な日本刀ならぬ春の屋旅館に取り憑く荒だ・・・・・ゲフンゲフン、もとい、地縛霊

本人曰く春の屋を見守る守護霊。峰子の幼馴染だが、峰子は彼の死を知らない。

生きていれば峰子と同い年だが、12歳で死んだので外見はその時のまま。

おっこが事故に遭った際憑依することで彼女を助けた。おっこが霊感を持ち、若おかみ(見習い)をするハメになってしまったのはだいたいこいつのせい

コミカライズ版では美少年に描かれている。


秋野美陽(あきの みよ)

CV:日高里菜 / 遠藤璃菜

真月の実の姉の幽霊。幼い頃から病弱で、真月が生まれる前に7歳で死んでしまったため、真月とは面識の無い、いわば「幻の」姉。はっきりとした死因は明らかにされていない。

性格は相当キツい。まさにあの妹にしてこの姉あり、である。

生きていれば19~20歳くらいであった。


鈴鬼(すずき)

CV:小桜エツコ

春の屋にある古い鈴に取り憑いていた小鬼という種族の魔物。いたずらが大好き。

これを引っ張り出した行者曰く、春の屋にけったいな客ばかり訪れていたのは、だいたいこいつのせいとのこと。


クラスメイト

池月よりこ(いけづき よりこ)

CV:社本悠


向坂麻由佳(こうさか まゆか)

CV:金魚わかな


森園友奈(もりぞの ゆうな)

CV:亀谷理子


和泉裕美(いずみ ひろみ)

CV:野村麻衣子


澄川静志郎(すみかわ せいしろう)

CV:小林由美子

おっこに好意を持つ同級生。梅の香神社の一人息子で、渾名は「鳥居くん」。


関係者

関咲子(せき さきこ)

CV:能登麻美子(ノンクレジット) / 鈴木杏樹

おっこの母親


関正治(せき まさはる/TV版)・正次(まさつぐ/映画版)

CV:木内秀信/薬丸裕英

おっこの父親。劇場版では眼鏡をかけている。


秋野源蔵(あきの げんぞう)〇

CV:有本欽隆

真月・美陽の祖父で秋好旅館のオーナー。現在でこそその能力は自らの修行で封じ込めているためわずかにしか残っていないが、かつてはウリ坊をはじめとした幽霊や魔物の存在が見えていた。


秋野高子(あきの たかこ)〇

CV:さとうあい

真月・美陽の母親。


池月としお(いけづき としお)〇

CV:大隈健太

よりこの兄。


お客様

グローリー・水領(ぐろーりーすいりょう)

CV:橋本結 / ホラン千秋

最も相性のいい男性から別れを告げられ傷心旅行で春の屋に逗留することになった占い師の女性。

原作およびテレビアニメ版ではおっことウリケンとの仲を取り持つような役どころだったが、劇場版ではおっこの頼れるお姉さん的な役どころとして重要な場面に立ち会うことになる。


木瀬文太(きせ ぶんた)◎

CV:山寺宏一

大型トラックの運転手をしていたが、巻き添えとなった事故の後遺症で右足が不自由になり、腎臓摘出で食事制限を受けるという後遺症を持つ。年齢は37歳。

実は劇場版でのストーリーのカギを握る最重要人物である。


木瀬虎子(きせ とらこ)◎

CV:折笠富美子

文太の妻、34歳。


木瀬翔太(きせ しょうた)◎ CV:田中誠人

文太・虎子の息子、5歳。


神田幸水(かんだ こうすい)

CV:松本保典 / 設楽統


神田あかね(かんだ あかね)

CV:小松未可子


中島まや(なかじま まや)〇

CV:武隈史子

おっこと同い年の体格にコンプレックスを持つ少女。


中島京香(なかじま きょうか)〇

CV:飯島杏子

まやの母親


藤堂太郎(とうどう たろう)〇

CV:飛田展男

人気温泉評論家。


三木創太(みき そうた)〇

CV:桑野晃輔

大きなホテルチェーンの御曹司。


稲田義春(いなだ よしはる)〇

CV:羽佐間道夫


稲田えりか(いなだ はるか)〇

CV:花澤香菜


馬渕なるか(まぶち なるか)/ 間山友子(まやま ともこ)〇

CV:寺崎裕香

おっこと同い年の人気天才子役。


間山寿美香(まやま すみか)〇

CV:遠藤沙季

なるかの母親兼マネージャー


藍竜(あいりゅう)〇

CV:石川界人

「春の屋に悪いものが住み着いている」と言ってウリ坊らを除霊しようとした謎の霊感師。春の屋に訪れた時は髭を多く生やしていたが、髭を落とすと好青年で、しかも18歳という若さでおっこを驚かせた。


TVアニメ版登場キャラクター

林瑞玲(りん ずいれん)

CV:日髙のり子


林佳鈴(りん かりん)

CV:劉セイラ


藤原あかり(ふじわら あかり)

CV:伊瀬茉莉也

小藤原旅館の娘で双子の妹。


藤原あおい(ふじわら あおい)

CV:千本木彩花

小藤原旅館の娘で双子の姉。


藤原虎子(ふじわら とらこ)

CV:津田匠子

おっこと真月(アニメ版のみ)が若おかみ研修として訪れた小藤原旅館の大女将。


藤原眉子(ふじわら まゆこ)

CV:野村麻衣子

あかり・あおいの母親で、小藤原旅館の女将。


大龍神(だいりゅうじん)

CV:井上喜久子

チビ龍の母親。息子が祀られている祠の管理が疎かになった怒りで温泉と電気を止めてしまうが、おっこの必死の説得で考えを改めて温泉と電気を復活させた。なお、このエピソードはTVアニメ版のみである。


チビ龍(ちびりゅう)

CV:伊東みやこ

花の湯温泉に祀られていた小さな龍神。毎日温泉水をお供えしていた虎子の息子が突然死したことでお供えする人がいなくなってしまい弱ってしまい、その怒りで大龍神が温泉を止めて連れて帰ろうとするが、おっこが温泉水をお供えしたことで元気を取り戻し、花の湯温泉に残ることを選んだ。


ナレーション:能登麻美子


メディアミックス展開

テレビアニメ

2018年1月15日、アニメ化が発表された。同年4月8日から9月23日にかけて毎週日曜朝7時14分-7時30分の時間帯にテレビ東京系列で放送された。最終回は30分スペシャルという格好で、朝7時から放送された。製作はマッドハウス

また、同年6月からはAT-Xでも放送されたが、放送日時は(初回は)火曜夜9時-9時15分(初期10話分は夜9時-9時30分)………(足下にも及ばなくなった)ライバル誌に掲載されているアレかよ。その上最初の10話分は2話連続放送のスタイルを採ってしまった。ここでもAT-Xの編成の逼迫ぶりが露呈されている。


さらに後述の映画版の公開に合わせる格好で、キッズステーションにおいて初期エピソードの短期集中放送が行われている……まだAT-Xで放送されてませんでしたっけ??なお、そのAT-Xでも全話一挙放送が行われた。


テレビ東京版での後半クールのエンディングは後述の劇場版の宣伝を織り込ませた映像となっていた。


アニメ映画

2018年9月21日には劇場版が公開。テレビの続編や番外編ではなく、別スタッフによる再映像化と言うべき内容。いわば劇場版「銀河鉄道999」や「超時空要塞マクロス」の映画版「愛・おぼえていますか」に近いポジションの作品だったりする。製作はDLEとマッドハウス。

監督の高坂希太郎(代表作『茄子 アンダルシアの夏』)をはじめ、元スタジオジブリのスタッフが参加している。また、美陽や一部キャラクターの声優が変更された(芸能人や子役など)。

公開当初は苦戦したが、映画レビューサイトFilmarksで「初日満足度ランキング1位」になり、新海誠や各著名人が絶賛、その後もSNSを中心としたクチコミで注目されている。興行収入は約3億円。


その後、20年5月16日のEテレにて初の地上波放送をされる。別局発祥なのに放映するのは何時もの事だが…


受賞歴

  • 文部科学省選定作品(少年・家庭向き)
  • フランス、アヌシー国際アニメーション映画祭出品作 コンペティション長編部門
  • 韓国、プチョン国際アニメーション映画祭 長編部門 優秀賞・観客賞をダブル受賞(『君の名は。』が同じくダブル受賞して以来、二年ぶり。)
  • 毎日映画コンクール アニメーション映画賞 受賞
  • 日本アカデミー賞 優秀アニメーション作品賞 受賞
  • 文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門優秀賞 受賞
  • モロッコ、メクネス国際アニメーション映画祭 長編部門 観客賞 受賞
  • 日本映画批評家大賞 アニメーション作品賞 受賞

関連動画

ニコニコ版はこちらから


関連タグ

児童文学 講談社 青い鳥文庫

2018年春アニメ


黒魔女さんが通る!!:同じ青い鳥文庫から出版された作品で、2012年にアニメ化された。さらには『恋のギュービッド大作戦!「黒魔女さんが通る!!」×「若おかみは小学生!」』『魔リンピックでおもてなし―「黒魔女さんが通る!!」×「若おかみは小学生!」―』などコラボ作品も出版。


21エモン:”2018年の日本が舞台で旅館の跡継ぎが小学生”という繋がりがある。

21世紀だよ!若おかみ

但しこちらは1968年に想像された2018年ではあるが


若おかみは中学生!2020年のプリキュア作品第17話での本作のオマージュネタ。その女子中学生が若女将候補生として大奮闘するお話。立売誠役の松田颯水氏も出演している。
おちゆさん


少年メイド:両親が亡くなって、親族(こちらは母の弟にあたる叔父)に引き取られる小学生を描く作品という繋がりがあり、祖母にあたる人物も後に登場する。原作は女性漫画誌作品ではあるが、児童向け小説版もある(下記イラストの枠がその小説のカバーデザインとなっている)。

少年メイドだよ、若おかみ!


外部リンク

関連記事

親記事

令丈ヒロ子 れいじょうひろこ

子記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5437009

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました