ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

MARVELコミックに登場するスーパーヴィラン。1976年初登場。

額に「的(まと)」を表す◎のマークがあしらわれた、黒い覆面スーツを着用している。


能力編集

"Bullseye"「大当たり!」の由来でもある驚異的な投擲。あらゆるものを狙った目標へと命中させる事が可能。

投げつけるものは野球ボールや万年筆、爪楊枝やトランプのカードやヨーヨーなど日用品でも問題無く、ごく普通のカードでも刃のように目標の首や急所を切断し、万年筆やペンなどはナイフと同じく刺殺の凶器となる。時には自身の折れた歯を恐るべきスピードで吐き出すことで相手の頭部を貫通させて死に至らしめたことがある。

ホークアイの射撃(弓矢)に匹敵するため、ノーマン・オズボーンが結成したダークアベンジャーズでは偽ホークアイを務めた(後に宿敵であるデアデビルの偽物になった事も)。


なおこれがスーパーパワーなのか技能なのかは不明で、その中間「フリンジ・パワー(fringe:周辺)」と呼ばれることがある。


後にアダマンチウム鋼を自身の骨格に移植され強化。その骨は破壊不可能となった。そのため、高層ビルからの落下やトラックに撥ねられるといった即死レベルの負傷でもことごとく生き延びるように。

ただし、ウルヴァリンのような回復能力は無いため、肉体は傷ついても負傷は簡単には治らない


投擲以外には、オリンピック選手レベルのアスリート級身体能力を持ち、特にアクロバットや、スタミナと腕力を活かしたボクシングやカンフーなどの格闘技に精通している。


来歴編集

オリジン編集

出生に関しては謎が多く、レスター(Lester)と呼ばれることはあったがそれが本名かも不明。そもそもブルズアイは精神を病んでおり、自身が語った過去のどれが事実なのか、あるいはすべてが嘘なのか、それらは不明のままである。


最初は「自分を虐待していた父を殺し、ここからヴィランになった」と語っていたが、この後に医療刑務所に押し入った際、そこで会った入所者を「パパ」と呼んでいる。

逮捕され、国家安全保障局(NSA)から受けた尋問では、「元野球選手であり、メジャーリーグの初試合でノーヒットノーラン達成寸前、退屈しマウンドから降りようとしたところを相手打者に嘲笑されたため、彼の頭にボールを当て殺害。業界を追放され、その後NSAのエージェントを経てフリーの殺し屋になった」。

他にも、「CIAの仕事を手伝い、反政府組織の訓練を行ったことがある」などと支離滅裂な言動を見せている。


活躍編集

初登場時にニューヨーク市民全員を人質に取り脅迫する事件を起こすが、これをデアデビルに阻止され、ここから彼との因縁が始まった。


キングピンに雇われた後、デアデビルの正体が弁護士マット・マードックだと付きとめ、マットの元恋人で女暗殺者のエレクトラを殺害。これに激怒したデアデビルにより、打ちのめされてビルの屋上から突き落とされてしまった。


全身の骨が砕けて再起不能に陥ったが、ダークウィンドというヴィランによって全身の骨にアダマンチウムを移植、復活する。

この後、デアデビルの恋人を狙い、カレン・ペイジを殺害。その後にマットが交際を始めたミラ・ドノヴァンも手に掛けようとしたため、デアデビルに捕えられ、その額に標的マークの傷を刻み付けられた。


ノーマン・オズボーンの元で「サンダーボルツ」「ダークアベンジャーズ」にも、ヒーローを装う事で参加。ダークアベンジャーズでは、偽ホークアイとなっていた。

この後、デアデビルと再戦。しかしまたも敗北し、全身麻痺が残るほど叩きのめされる。


身動きが取れなくなっても、自身で傭兵部隊を雇い、デアデビルを襲わせるなどしている。


実写版編集

映画『デアデビル』編集

演:コリン・ファレル、日本語吹替:村治学


2003年公開。

コスチュームを着けず、頭に的の入れ墨を入れただけのビジュアルになっている。しかし劇中では「オレもコスチュームが欲しい」とわめくシーンがあった。

驚異的な投擲能力は健在で、この映画でもエレクトラを殺害した。


演者のファレルは後に映画『ザ・バットマン』でペンギンも演じたため、MARVELとDCコミックのヴィランを両方演じた俳優となった。

また吹き替えの村治も、MCUでフィル・コールソン(演:クラーク・グレッグ)を担当している。


MCU編集

演:ウィルソン・ビーサル、日本語吹替:宮本淳


スピンオフドラマ『デアデビル』のシーズン3に登場。


本名:ベンジャミン・“デックス”・ポインデクスター(Benjamin "Dex" Poindexter)。

元陸軍のFBI捜査官で、射撃の名手。

投擲能力は健在で、標的までの間に障害物があっても、壁などで反射させて命中させることができる。

表向きは普通の社会人として振舞っているが、少し気に入らないことがあると物を壊したりする衝動的な性格。

なおかつ、命に対する価値観が軽く、人殺しもいとわない。自殺防止センターでは、相談者に自殺するよう誘導したこともある。


活躍編集

両親に捨てられた孤児であり、施設で育った。

幼い頃から猟奇性を発しており、隠れて小動物を殺していた、生粋の異常者。

最初の殺人は、所属していた少年野球チームのコーチに対し、「最後までマウンドに立たせてくれなかった(完全試合をやれば両親が戻ってきてくれると信じていた)」という理由で、投げた野球ボールを柱に跳ねさせて彼の頭にヒットさせるという、精密な投擲能力を生かしたやり方だった。

周囲は事故だと思い、カウンセリングを受けさせたが、本人は堂々と殺意を告白。カウンセラーのマーサーは彼の心を真っ当にするために尽力したが、道半ばで病死した。デックスは、死の間際にある彼女にさえ「最後まで一緒にいてくれると言ったのに」と、彼女を逆恨みで殺そうとした。

マーサーの死後、「組織の中で善良に行きなさい」という彼女の遺言に従い、陸軍、自殺防止センターを経てFBIの捜査官となる。自殺防止センターで、職員のジュリーに一目惚れし、彼女をストーキングしていた。


シーズン3冒頭、FBIでの取引で刑務所から所外のセーフハウスに移送されるウィルソン・フィスク / キングピンの護衛を担当。フィスクを狙ったアルバニア人を倒したことから一時英雄視されるも、カレン・ペイジが所属するブレティン社の報道でフィスク救出に関する疑惑が報じられ、休職を余儀なくされる。おまけに、不用意な発言でストーキングのことをジュリー本人に知られてしまう。

フィスクは、そんなデックスを子飼いの部下にしようとし、マットにヒーロースーツを作ったメルヴィンにもう一着のデアデビルスーツを作らせ、デックスを偽デアデビルに仕立て上げる。

偽デアデビルとなったデックスは、フィスクに不利な証言をしようとした元囚人と彼をかくまったブレティン社の社員たち、カレンをかくまったクリントン教会のラントム神父や信者たち、そしてFBIの同僚であるレイ・ナディーム捜査官を次々と殺害し、フィスクへの忠誠を自分のよりどころにしようとしていた。

しかし、フィスクがデックスを冷酷な殺人マシーンにするためにジュリーを殺したことを知り、フィスクとヴァネッサの結婚式に乱入。駆け付けたマットを加えて三つ巴の戦いになるも、フィスクに背中から壁に叩きつけられて脊髄損傷となり戦線離脱する。


マットに敗北したフィスクが再び投獄された後、背中の手術を受ける。

意識があるかないかわからないが、手術中に目を見開き、瞳にブルズアイのシンボルである「的(まと)」のマークが浮かび上がった。

(ちなみに少年時代にかぶっていた野球帽にも、同じマークがあしらわれていた)

再登場を示唆するシーンであるが、Netflix制作の『デアデビル』はシーズン3をもって終了。

今後の去就は不明なままである。


関連イラスト編集

ブルズアイ


関連タグ編集

MARVEL ブルズアイ

関連記事

親記事

デアデビル であでびる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 979

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました