ピクシブ百科事典

バロン・ジモ

ばろんじも

バロン・ジモとは、「アベンジャーズ」の登場キャラクター。
目次[非表示]

プロフィール

名前 バロン・ジモ Baron Zemo
本名 ハインリヒ・ジモ Baron Heinrich Zemo
性別 男性
属性 ファイト
必殺技 バロンズ・ソード


概要

CV:武虎
コミックのキャラクターとしては初代バロン・ジモとされているが、設定上はジモ男爵第十二代当主。"Masked Demon"の異称を持つ。

第二次世界大戦中の科学者。
近接戦闘と射撃の達人で、名戦略家でもあり、戦術用語を交えた言動が特徴的である。

光線兵器の専門家であり(接着剤の専門家ではない)、殺人光線砲の実験のためにドイツ民間人数百人を犠牲にしている。
このためナチスには重宝されたが自国民からは恨みを買っており、紫の覆面は自衛のために常時着用していた。

薬品の研究中にキャプテン・アメリカの襲撃を受けて実験中の強力な接着剤を顔に浴びた為、覆面を永久に脱げなくなってしまった。それ以来食事が取れず、栄養は静脈投与で賄っている。
そしてキャプテン・アメリカにとっては、相棒バッキーが死亡した原因でもある。また初代シチズンⅤ(ジョン・ワトキンス)もジモに倒されている。

戦後南米の奥地に逃れ、現地住民を奴隷化しとして君臨していた。

その後キャップの復活を聞きつけたジモはマスターズ・オブ・イーヴィル(後述)を結成、アベンジャーズに挑むも敗退(1964年)。

1965年、キャップを自身の『王国』に誘い出し殺害を試みるも、自らの光線銃が引き起こした土石流に呑まれ死亡。

1973年、息子であるヘルムート・ジモフェニックス名義で登場(ジーン・グレイとは無関係)。
仇敵であるキャップを捕らえるが、復讐のために用意していた例の接着剤の容器に自分が落下。死亡したものと思われていたが、1982年に再登場、二代目バロン・ジモ(第十三代ジモ男爵)を襲名。

なお、1975年征服者カーンが呼び出した "Legion of the Unliving(死者の軍団)"に初代バロン・ジモが含まれている。
ちなみに、ヘルムートは設定を大幅に変更されて実写版『シビルウォー/キャプテン・アメリカ』に登場している。

マスターズ・オブ・イーヴィル

"Masters of Evil"はアベンジャーズに敵対するヴィランのチーム。

メンバーの入れ代わりが激しく、新たに結成されるたびにチーム名だけが踏襲されているところがあり、『比較的参加率の高いメンバー』はいるものの、マスターズ・オブ・イーヴィルというチームそのものを印象付けるには到っていない。

またアベンジャーズ視点で『強敵』と呼ばれるものは、ヒーロー全員をほぼひとりで圧倒するようなコズミック・ビーイング級の実力者であったり、国家権力一般世論を巻き込んでヒーローの立場を悪化させる策略家であったり、あるいはエゴをむき出しにしてヒーローを振り回す善良な市民であったりするので、再生怪人軍団に近いノリのマスターズ・オブ・イーヴィルには拭いがたいザコ臭が…

とはいえ、ヘルムートのチームとオクトパスのチームは規模・人選ともかなり強力なものになっており、アベンジャーズに勝てはしないまでも少なからぬ損害を与えている。

その後1997年にヘルムート・ジモが再度メンバーを招集、にせヒーローチーム・サンダーボルツを結成。ダークアベンジャーズも参照。

余談だが、ハインリッヒのチームに途中参加しているワンダーマンは後にアベンジャーズに参加している。

関連イラスト

アメコミ表紙風にしてみました



関連タグ

アベンジャーズ ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ マーベル MARVEL ヴィラン バロン・ジーモ ヘルムート・ジモ

pixivに投稿された作品 pixivで「バロン・ジモ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2645

コメント