2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

名前 バロン・ジモ Baron Zemo
本名 ハインリヒ・ジモ Baron Heinrich Zemo
性別 男性
属性 ファイト
必殺技 バロンズ・ソード


概要

CV:武虎
コミックのキャラクターとしては初代バロン・ジモとされているが、設定上はジモ男爵第十二代当主。"Masked Demon"の異称を持つ。

第二次世界大戦中の科学者。
近接戦闘と射撃の達人で、名戦略家でもあり、戦術用語を交えた言動が特徴的である。

光線兵器の専門家であり(接着剤の専門家ではない)、殺人光線砲の実験のためにドイツ民間人数百人を犠牲にしている。
このためナチスには重宝されたが自国民からは恨みを買っており、紫の覆面は自衛のために常時着用していた。

薬品の研究中にキャプテン・アメリカの襲撃を受けて実験中の強力な接着剤を顔に浴びた為、覆面を永久に脱げなくなってしまった。それ以来食事が取れず、栄養は静脈投与で賄っている。もっとも、その気になれば口元の部分に切り込みを入れて食事ができると思われるが、少しでも素顔を晒すと命を狙われる立場を鑑みれば、敢えて放置していた可能性もある。
そしてキャプテン・アメリカにとっては、相棒バッキーが死亡した原因でもある。また初代シチズンⅤ(ジョン・ワトキンス)もジモに倒されている。

戦後南米の奥地に逃れ、現地住民を奴隷化しとして君臨していた。

その後キャップの復活を聞きつけたジモはマスターズ・オブ・イーヴィルを結成、アベンジャーズに挑むも敗退(1964年)。

1965年、キャップを自身の『王国』に誘い出し殺害を試みるも、自らの光線銃が引き起こした土石流に呑まれ死亡。

1973年、息子であるヘルムート・ジモフェニックス名義で登場(ジーン・グレイとは無関係)。
仇敵であるキャップを捕らえるが、復讐のために用意していた例の接着剤の容器に自分が落下。死亡したものと思われていたが、1982年に再登場、二代目バロン・ジモ(第十三代ジモ男爵)を襲名。

なお、1975年征服者カーンが呼び出した "Legion of the Unliving(死者の軍団)"に初代バロン・ジモが含まれている。
ちなみに、ヘルムートは設定を大幅に変更されて実写版『シビルウォー/キャプテン・アメリカ』に登場している。

関連イラスト

アメコミ表紙風にしてみました



関連タグ

アベンジャーズ ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ マーベル MARVEL ヴィラン バロン・ジーモ ヘルムート・ジモ

関連記事

親記事

MastersofEvil ますたーずおぶえびる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12494

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました