ピクシブ百科事典

MiraculousLadybug

みらきゅらすれでぃばぐ

『Miraculous Ladybug』とは、フランス発の海外アニメ。制作には日本の東映アニメーションも関わる。
目次[非表示]

タグとしては、「Ladybug」、「MiraculousLadybug」、「レディバグ」、「ミラキュラスレディバグ&シャノワール」が多い。

日本では2018年7月23日よりディズニー・チャンネルにて放送中。
2020年4月からBS11でも放送開始予定。

概要

Miraculous Ladybug


Miraculous Ladybug』とは、フランス発海外アニメ。
フランスのアニメ会社「Zagtoon」が主導で制作しているが実際にはいろんな国のアニメ会社が関わっており、Method Animation、SAMG、PGS Entertainmentの他、日本からは東映アニメーションが関わっている。


内容

舞台は現代のフランスパリ
主人公である中学生(日本語版だと高校生)のMarinette(マリネット・デュパン=チェン)は、何処にでもいる普通の女の子。

ladybugログ


家はパン屋であり、母方が中国系。デザイナーを夢見て服飾を趣味としている。
彼女は赤い妖精・Tikki(ティッキー)を連れ、不思議な力を秘めた赤いイヤリングを使ってLadybugへと変身し、悪と戦う。

2018
センシティブな作品


タイトルの通り、モチーフはレディーバグ。即ちテントウムシ。フランスを初め、西洋では幸運の象徴として扱われる。
Marinette(マリネット)はテントウムシを象った姿に変身して悪役と戦う。
変身後の衣装としては全身タイツにアイマスクという変身魔法少女にしては奇抜な服装だが、戦闘スタイルが格闘なども用いる物理であるためバランスは取れている。
武器は腰につけたヨーヨー
長く伸ばしてスパイダーマンのごとくワイヤーアクションに用いることもできる。
また、幸運を象徴させるモチーフらしく現状を好転させるラッキーアイテム的な物を召喚できる(ただし使い方は自分で考えなければいけない)。また、壊された場所をプリキュアのごとく修復できる能力もある。
普段はややおっちょこちょいで、ちょっと引っ込み思案の頑張り屋さんだが、変身後は平和を守る女ヒーローらしく正義感溢れるリーダーとなる。

・変身して悪役と戦う
・アクセサリーを変身アイテムとして用いる
・変身に関わる妖精(クワミ)がパートナーとして存在する
・正体を隠している
などの王道的変身アニメの要素が見受けられる。

ただし、テレビの取材を受けたり、おっかけが存在したりと、姿はかなり開放的。
また、変身には時間制限が存在し、一度変身が解けたら、相棒の妖精が回復するまで待たないといけない(妖精が好きな食べ物を食べさせればいいらしい)。

少女と少年

また、少女だけでなく、少年も変身して共闘する。

Marinette(マリネット)が恋する同じ学校の少年・Adrian(アドリアン・アグレスト)は、モデル業も行っている爽やかな人気者。

黒猫


家はお金持ちだが、頑固な父親との擦れ違いに寂しい想いを抱えているらしい。
彼は、カマンベールが大好きな黒い妖精・Plagg(プラッグ)を連れ、黒い指輪を使い、
黒猫の姿をしたCat Noir(仏版:Chat Noir(シャ・ノアール)、韓国版(英語):Black Cat(ブラックキャット))に変身する。
テントウムシに対して、此方のモチーフは不幸の象徴として扱われる。
普段はクールな少年だが、変身後の彼は何の影響かそれとも素なのか、かなりのお調子者かつナルシストである。
武器はバトンのように扱える細長い棍棒を用いる棒術。その他、暗視が利いたり必殺技として鉤爪を持っていたりと、猫要素を備える。
Ladybugにとっては同業?の頼れる相方となっているが、彼はLadybugに大変分かり易い好意を示しており戦闘中でも何かとアプローチを仕掛けている。そしてフラれている。

Miraculous Ladybug & Cat Noir



更に、互いに正体を知らないため
・少女は私生活で少年に恋をしているが上手くいかず
・少年は変身後の少女にアプローチを仕掛けているがツレない態度を取られている
という、これまた王道的な恋愛の擦れ違いが生じている。

時系列シャッフル

基本的に1話完結なのだが、エピソードの時系列はバラバラとなっている。
日本で放映されたバージョンはなるべく時系列に合わせて放送順を組み直しているが、それでも一部で混乱しがちなところが残ってるので、視聴の際はそのことを頭に入れておいたほうがいいだろう。

2D版と3D版

当初は手書きの2Dアニメーションで制作が進められ、CGIの3D版が映画版として予定されていたようだが、実際に制作が進みTVアニメーションとして放映されたのは3D版のみとなっている。

違い

基本的な構成は同じのようだが、2D版と3D版では設定やデザインに、特に以下のような違いが見られる。
・女の子のアホ毛が無くなっている
・女の子のツインテールのボリュームが異なる
・男の子の普段着がお坊ちゃま風からスポーティな感じへ、髪型も異なる
・変身後の姿として、女の子の髪に結われた長いリボンが無くなっている
など。

また、男の子キャラの名前は、当初はFelixであったらしい。


関連イラスト

てんとう虫と黒猫の片想い
センシティブな作品


LadyBug
LadyBug et ChatNoir


関連タグ

MiraculousLadybugの登場人物:その他の人物についてはこちら。

関連リンク

関連記事

親記事

海外アニメの一覧 かいがいあにめのいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「MiraculousLadybug」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8678287

コメント