ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

アメリカ合衆国のインディーズアニメ作品。ヴィヴィアン・メドラーノが原作・監督・脚本を務めている。
地獄を舞台としており、登場キャラクターはほとんどが悪魔
「大人向けのカートゥーン」を銘打っており、売春ポルノスター、ドラッグ、犯罪などの社会的にタブーな描写が盛り込まれている他、特にグロ描写に関しては一切遠慮なしといった過激な作風が特徴で、地上波ではまず放送不可能なレベル(補足すると、エロ描写は流石に一部キャラ設定やスラング、ジェスチャー程度に留められており、グロも作品がカートゥーン調なので若干の耐性があればそこまできつくない)。インディーズかつ配信媒体がネットであったことから、こうした過激な作風での制作に挑戦できたのだろう。

2019年11月にパイロット版がYouTubeで配信されて以降、ブラックジョークを交えたユーモアな作風や魅力的なキャラクター達が瞬く間に人気を博し、インディーズ作品でありながら大きな注目を浴びている。
2020年8月、『ミッドサマー』等で有名な映画制作・配給会社「A24」によるTVシリーズ化が公表される。上記の通り地上波放送でのハードルが非常に高いため、『ネットフリックス』等のサブスクリプションでの配信が予想されている。

パイロット版はYouTubeで無制限で公開されており、視聴は無料。現在は原語版、フランス語版、日本語版の3バージョンが存在する。

あらすじ

悪行を犯して死んだ人間が行き着く地獄。
地獄の世界は悪魔に転生した悪人達で溢れ返り、同世界のモラルは最低最悪レベルにまで陥っていた。

地獄の惨状に心を痛める心優しき王女・チャーリーは、地獄の環境改善のために悪魔の更生施設「ハッピー・ホテル」を開設し入居者を募るも、ほとんどの悪魔達は彼女の提案に耳を傾けず、むしろ彼女を異常者扱いし馬鹿にしていた。それでもチャーリーはめげずに協力者で親友のバギーとともにホテルの経営に勤しむ。
そんな中、彼女のもとに全身赤ずくめの謎の紳士が現れるが、彼の正体は過去に地獄の権力者達を次々と葬り去り、その惨状をラジオで放送した"ラジオデーモン"ことアラスターだった。彼はホテルの経営を手伝いたいと言うが…?

登場人物


関連イラスト

ハズビン詰め
ホテルまとめ



関連動画

公式トレーラー(日本語字幕あり)



パイロット本編



パイロット(日本語吹替版)



関連項目

海外アニメ 地獄 悪魔

ヘルヴァ・ボス:同じくヴィヴィアン・メドラーノ原作のインディーズカートゥーン作品。同一の世界観だが、こちらは「地獄世界の日常」をテーマにしている。

外部リンク

HAZBIN HOTEL (PILOT) - Amara.org - 日本語字幕ありのパイロット版

関連記事

親記事

海外アニメの一覧 かいがいあにめのいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ハズビン・ホテル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ハズビン・ホテル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 451709

コメント