ピクシブ百科事典

アラスター(ハズビン・ホテル)

あらすたー

「アラスター」とは、インディーズアニメ『ハズビン・ホテル』の登場人物にしてメインキャラクター。
目次[非表示]

プロフィール

本名不明
仇名ラジオの悪魔(RadioDemon)
年齢30〜40歳
死亡年1933年
死因犬関係
好きな物・事母とその料理・酒・リキュール料理・ブラックコーヒー・苦い物・笑顔・人の失敗・歌・古いジュークボックス・親父ギャグ
嫌いな物・事甘いもの・お茶・焼き過ぎた肉・犬・触れられる事・しかめ面・エンジェルのセクハラ発言・30年代以降の技術
職業大量殺人鬼・暴君・ラジオホスト
CVEdward Bosco/Seth Atkinson[歌]


概要

アメリカのインディーズアニメ作品『ハズビン・ホテル(HAZBIN HOTEL)』のメインキャラクター。スペルは"Alastor"。
地獄の住人の更生を目的とした「ハッピー・ホテル」(後のハズビン・ホテル)の運営者かつ地獄生まれのプリンセス・チャーリーの元に突如現れた謎の悪魔。
街頭でのチャーリーのテレビインタビューをきっかけにホテルを訪れ、「地獄の住人を改心する」という彼女の目的を一笑に付すも、ホテルの運営への協力を申し出る。その目的は「どうしようもない屑共が救われようと足掻き、最後は奈落に落ちる様を見たい」という悪趣味なものだが、本心は一切不明。契約などではなく、プリンセスであるチャーリーの命令に(一応)従うという名目で、ホテルの運営に参加することになる。
常に笑みを浮かべており、表面上は折り目正しい紳士だが、その正体は数十年前に地獄に堕ちてから地獄の支配者達を次々と殺戮し、その虐殺の様子をラジオで地獄中に放送したというシリアルキラー。地獄最強クラスの悪魔として恐れられており、その所業から「ラジオの悪魔(或いはラジオデーモン)」と呼ばれている。

従業員が少ないという理由で、ニフティを召喚し、顔馴染みのハスクを(ほぼ強制的に)呼び寄せている。

生前はラジオMCとして名を馳せていた一方で南部の殺人鬼であり、上述の異常性は生前からであることが伺える(というか、そうでもなければ地獄に来ないのだが)。母親を愛していたらしいが、最後は自身の手で殺めたという。意外にも料理好きな一面もあるらしく、南部料理のジャンバラヤを作ることもある。

身体情報

種族鹿の悪魔
性別男性
能力・特技ラジオ放送・影の操作・特殊なワープ・料理・歌・フランス語
性嗜好無性愛


鹿の悪魔であり、頭には小さいながら鹿の角が生え、彼が履いている靴の裏は実際の鹿の足裏と同じ意匠になっている。
赤髪・赤目・赤いスーツなど全身赤を基調としたカラーリングが特徴で、エンジェル・ダストからは「イチゴの成金(strawberry pimp:pimpはポン引き・売春斡旋業者という意味)」呼ばわりされていた。
右目に片眼鏡をかけている。

古いラジオのようなノイズ混じりの声が特徴で、時々観客の笑い声のような効果音が流れることもある。

ステッキ状のマイクを常に持ち歩いており、そのマイク自体も意思を持っている。

チャーリーの目的を嘲笑する一方で、彼女に紳士的に接したり一緒に踊ったりするなど妙に仲の良い場面が見受けられ、少なくとも関係は悪くないと思われる。一方、バギーからは「傲慢で悪趣味なトーク番組の腐れ外道」と呼ばれ警戒されている他、チャーリーと違って露骨に雑に扱うなど関係は良くない。エンジェルは彼のことを知らなかった。

性嫌悪者でもあり、エンジェルのセクハラ発言には何とも言えない表情を浮かべていた。

生前の姿が作者の落書きから判明しており、狂気を含む笑顔はこの頃から健在だった模様。また、片眼鏡をかけている現在と違い、普通の眼鏡をかけていた。

余談

チャーリーと並ぶ『ハズビン・ホテル』の主役級キャラとして位置付けられており、公式パイロットでのサムネイルはチャーリーと彼の画像になっている。

アニメが話題になるとともに、その属性のてんこ盛りっぷりから彼の人気も急上昇し、トップレベルの人気を誇るようになった。

関連イラスト

アラスター

Alastor


アラスター

はずびん



関連動画



関連項目

ハズビン・ホテル 悪魔 アニメ インディーズ

関連記事

親記事

ハズビン・ホテル はずびんほてる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アラスター(ハズビン・ホテル)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 700191

コメント