ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

ミスミソウとは、


概要

押切蓮介によるサスペンスホラー漫画。『ホラーM』(ぶんか社)にて2007年から2009年まで連載されていた。
でろでろ』をはじめとする作者の作品では定番の「お化け」や「妖怪」といった怪異が一切登場せず、自身初となる「普通の人間が創り出す恐怖」を描いている。キャッチコピーは「精神破壊(メンチサイド)ホラー」。このため、登場人物達は主人公やその家族を除き、その殆どが歪んだ精神を持っている。

2013年に作者から本作の完全版を出すと発表され、同年の三月に完全版の上巻と下巻が発売された。

2018年4月7日に上記の完全版を基にした実写映画版が公開される。またそれ以前に、黒史郎により小説版が製作されている。小説版は漫画版に比べ、より登場人物達の心情や物語などが深く描かれている。しかし最後は小説独自の展開になっている。

あらすじ

半年前、東京の学校から大津馬中学校に転校して来た主人公の野咲春花。彼女は「よそ者」という理由でクラスメイトから壮絶ないじめに遭っていた。
優しい両親や最愛の妹の祥子、クラスの中で唯一味方をしてくれる相場晄の支えを受けて、春花は家族に心配を掛けまいといじめに遭っていることを隠し、中学校卒業までの残り2ヶ月間を必死に耐えようとする。
しかし春花へのいじめは悪化していき、いじめの事実を知った家族の勧めで、彼女は登校拒否を行う。そんな中、いじめグループが春花の留守中に彼女の家に乗り込み、両親と妹に危害を加え、家を放火する事件が起こる。
妹は大火傷を負いながらも助かったが、両親は命を落としてしまう。やがて事件の真相が露見することを恐れたいじめっ子は春花に自殺するよう強要。だが、それがきっかけとなって春花は事件の真相を知り、家族を奪ったいじめっ子達に壮絶な復讐を開始する……。

主な登場人物

主人公。東京からの転校生。心優しい少女だったが、いじめっ子達に家族を殺されたことで復讐鬼と化してしまう。

春花の最愛の妹。いじめグループの放火により重体に追い込まれてしまう。

春花の同級生で、彼女と交際している美少年。春花とミスミソウを重ね合わせていた。クラス内で唯一いじめに加担せず、春花の味方として振舞う。

春花の同級生。クラス及びいじめグループのリーダー格の女子。春花を目の敵にしており、酷いいじめを行う。

春花の同級生。暗く無口な生徒であり、春花の前に妙子達からいじめの標的にされていた。

春花の同級生で、いじめグループの一人。両親から虐待を受けながら暮らしており、その鬱憤を晴らすかのように積極的にいじめに参加している。

  • 加藤理佐子、三島ゆり
春花の同級生で、いじめグループの仲間。セミロングヘアでおっとりした雰囲気のたれ目の少女が理佐子、ショートヘアで冷静な性格をした少女がゆり(映画版では理佐子がツインテール、ゆりがセミロングヘアに変更されている)。
いじめにこそ加担していたが、いじめっ子の中ではまだ良識がある方(実際に春花の家の放火では怯えて傍観していただけに過ぎず、他のいじめっ子達より先に現場から逃げ出した後、外出していた春花と相場とすれ違った)であり、放火の後は罪の意識に怯え、家族に殺人の嫌疑が知られることをひどく恐れるようになる。
吉絵が春花に自殺を強要した際には、その手伝いをさせられる。しかし復讐鬼と化した春花により、ゆりは裏山の穴から逃げようとしたところをアキレス腱を切られ地面に落下し頭を強打したことで、理佐子は春花に鉄パイプで殴られことで殺される。春花の復讐の第二、第三の犠牲者になった。

  • 久賀秀利
春花の同級生で、いじめグループの仲間。ピアスをつけ、髪を金髪に染めたチャラ男風の男子。妙子に好意を抱いており、髪も彼女に染めてもらった。
仲間内には人懐っこく陽気に振る舞うが、それ以外の人間には、排他的かつ残忍。いじめの抗議に来た春花の父を負傷させ、後に春花の母を焼死させながらも全く罪の意識を感じなかったほど。また春花の転校後に妙子が陰険になったことも、春花の所為だと勝手に決め付けていた。
理佐子の言葉から春花は久賀が母を殺害したと知り、一人で下校していた彼を襲撃する。彼女に包丁で刺された上に口を切り裂かれ、逃げた先の井戸に落ちる。負傷で助けを呼ぶことも出来ず、そのまま苦しみながら死亡した。春花の復讐における四人目の犠牲者になる。
なお、彼の父はいじめグループの保護者の中では妙子の母や流美の母に続き、比較的穏健な性格をした常識人だが、母・正絵モンスターペアレントで、彼の性格の残忍さに全く気付かず、甘やかして育てていた。後に彼が行方不明になった際には、担任の南に抗議に行くが、暴走した彼女に正絵は両目を潰されている。

  • 真宮裕明
春花の同級生で、いじめグループの仲間。グループ内では吉絵に続き、非常にサディスティックかつ冷酷な性格で、ボーガンで小動物を殺すことが趣味。春花へのいじめには鬱憤晴らし感覚で参加し、彼女の机に動物の死骸を入れるといった嫌がらせをしていた。倫理観も破綻しており、彼女の家族殺害に関しても、単なるゲームの延長戦としか思っていなかった。
久賀が行方不明になったことで春花の復讐を察知し、池川と共に闇討ちを計画する。池川に彼女を襲わせ、その隙にボーガンで射殺しようとする。しかし池川を間違って撃ってしまい、発狂した彼に襲いかかられる。そして隙をつかれ、春花に包丁で刺され、逃げた先が凍った池だったため、氷が割れ、池に落ちて溺死した。春花の復讐の五人目の犠牲者。

  • 池川努
春花の同級生で、いじめグループの仲間。眼鏡をかけた肥満体の男子。自身の冴えない容姿に劣等感を抱いている。実家は裕福で、ボーガンやエアガンなどの武器の収集と改造が趣味。間宮と仲が良く、改造した武器を渡していた。
春花に好意を抱いている(彼女のことを「美しすぎて、クラスの環境に毒」と評していた)。しかし彼女が相場と仲が良くなったことで、好意が憎悪へと変わり、更に彼女を手に入れられない自身へのコンプレックスも重なり、いじめに加担するようになった。春花への執着はストーカーのそれである。
仲間内では冷静な方だが、間宮同様に冷酷で、春花の家族の殺害を娯楽としか捉えていなかった(真宮によると、春花の家族の殺害時に祥子を強姦しようともしたらしいが、池川本人はでたらめだと強く否定しており、春花を挑発するための出任せの可能性もある)。
間宮と共に春花の闇討ちを計画。彼女にのし掛かるが、キッチンバサミで鼻を切り裂かれ、間宮の誤射したボーガンの矢に当たり、発狂。間宮を春花と思い込んで襲いかかり、蹴られて脳味噌が飛び出して死亡した。春花の復讐の六人目の犠牲者。

春花のクラスの担任教師。教師とは思えないほど冷酷な人物。春花のいじめを黙認するのみならず、受け持ちの生徒が次々に行方不明になっても関心を持たないほど。ある意図があって教師になったようだが・・・

  • クラスメイトの保護者
妙子の母や流美の母、久賀の父以外は、何かしらの歪みを抱えている者が大半。いじめっ子達が(春花が遺体を隠していたことや人気のない場所が犯行現場だったため、見つからず)次々に行方不明になったことで物語に登場する。
娘を虐待する吉絵の両親、モンスターペアレントの久賀の母、娘を自分の言いなりにさせる妙子の父、妻にDVをしていた相場の父、夫との関係しか頭になかった相場の母など、いじめっ子達と同様に、非常に問題のある人物が多い。吉絵の父は「自分達の子どもはいじめを受ける側ではなくやる方」だと認めており、直接登場していない他の保護者達も、問題のある子どもを矯正しようともしなかったことが伺える。
終盤で担任教師の南を揃って糾弾するが、発狂した彼女により、吉絵の父は唇を引きちぎられ、久賀の母は眼球を抉られるという暴行を受けた。子ども達の遺体が見つかった後、保護者達の多くはその死を悲しんだ。
小説版では親達が子ども達にしていた仕打ちを後悔する描写があるが、彼らの犯した大きな罪を知り、苦しむことになるとも語られている。

  • 野咲和生野咲花菜
春花の両親。登場人物の保護者の中では、流美の母と並んでまともな人物。春花同様に家族想いで、共に春花のことを気にかけており、いじめの事実を知った後は登校拒否を勧める。しかしいじめグループが引き起こした放火によって二人とも焼死してしまう。

  • 野咲満雄
春花の父方の祖父。春花同様に家族想いな人物。
東京在住だが、野咲家の悲劇を知り、大津馬にかけつけ、春花の保護者として一緒に暮らすようになる(他に親族が駆けつけていないことから、春花の親戚は彼のみだと推測される)。春花の卒業後は、彼女と祥子を連れて東京に戻る予定だった。
春花が復讐をしていることは勿論知らず、彼女の心情を慮り、深く干渉せずに見守っていた。しかし終盤では相場から暴行を受け、意識不明の重体になってしまう。
その後、回復はしたものの、家族をその死に目にも立ち会えずに全て失い、春花の復讐を止めることも出来なかったという失意を抱えて帰郷した(本作のラストシーンでもある)。
なお、完全版では帰郷の途中で幽霊になった春花が現れて対話する、小説版では亡くなった家族の夢を見て意識が回復した場面が描かれ、僅かに救いのあるラストとなった。

関連タグ

押切蓮介 黒史郎 内藤瑛亮 タテタカコ
いじめ スクールカースト 少年犯罪

外部リンク

映画公式サイト
映画公式Twitter
Wikipedia

関連作品

ライフ
校舎のうらには天使が埋められている
復讐教室
着信アリFinal…クラスメイトからひどいイジメを受けた主人公が、イジメっ子を次々と惨死に至らしめ、壮絶な復讐劇を繰り広げる点が共通している。しかし、実際に復讐劇を行っていた黒幕は…。

関連記事

親記事

押切蓮介 おしきりれんすけ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミスミソウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 225783

コメント