ピクシブ百科事典

リンカルス

りんかるす

リンカルスとは、南アフリカに生息するコブラ(蛇)で、口から毒液を吐きだして身を守る事で有名である(画像はその擬人化である)

概要

爬虫綱有鱗目コブラ科リンカルス属に属するヘビであり。本種一種のみでリンカルス属を形成する。別名リンガルス。ドクハキコブラ。そして勿論毒を持つ

毒は神経毒で、出血毒も含まれる。 咬まれるとその出血毒の作用で、咬症部位を中心とした皮膚の広範囲な壊死を生じることがある。 毒は他のコブラ科の種に比べると粘り気が少なくサラサラしている


本種はドクハキコブラとして非常に有名であり、その名前通り防御行動として敵の目を狙い、毒液を吐く。その毒液は非常に正確で目を目掛けて2.5メートルから3メートル弱にまで飛ぶ。毒が眼に入ると激しい痛みを感じ、最悪の場合失明する事もある。

また最大の特徴として、死んだふりをするという特徴があり、その擬死行動は非常に巧みである

コメント