ピクシブ百科事典

概要

コロンビアの伝承に伝わる怪人

元々はどこにでもいる普通の人間の若者であったが、マグダレナ川で水浴びなどを行う女性の裸体を間近で見たいという強い欲情を満たす為に、カイマン(ワニ)に姿を変える赤い薬と、元に姿に戻る為の白い薬を魔術師から譲り受け、これを使って姿を変えて堂々と水遊びをする女性たちに近付いて眺めたり、悪戯を行ったりとやりたい放題行っていた。

しかしそんな悪行が何時までも続くはずもなく、ある日、いつも通り赤い薬でカイマン姿になった時に誤って元に戻る白い薬の入った瓶を落として割ってしまい、その時に数滴掛かった上半身は元の姿に戻るが、下半身はカイマン姿の怪物の姿になってしまった。

以降、二度と元の人間の姿に戻れなくなった彼を周りの人々は気味悪がって近付かないようになり、そんな現状に耐え兼ねたのか、カイマン男となった若者は最後はマグダレナ川の上流の方へ泳いで行き、二度と姿を現すことは無かったという。

関連タグ

南米妖怪

関連記事

親記事

南米妖怪 なんべいようかい

兄弟記事

コメント