ピクシブ百科事典

カイマン(ワニ)

かいまん

カイマンは、ワニ目アリゲーター科のワニである。アリゲーター亜科と並び、アリゲーター科の主要な系統の1つである。カイマン亜科のワニは、中央アメリカ及び南アメリカに生息する。比較的小さい(画像はメガネカイマン)
目次[非表示]

概要

ワニ目アリゲーター科のワニで、アリゲーター亜科と並び、アリゲーター科の主要な系統の1つ。カイマン亜科のワニは、主に中央アメリカ及び南アメリカに生息する。
比較的小さく、最も大きいクロカイマンは成長すると4m以上になるが、ほとんどの種はそこまで大きくならず、最も小さいコビトカイマンは1m程にしかならない。
メガネカイマンなどはペットとしても輸入されることもあるが、前述通り全般的に小型なためかナイルワニなどの大型種に比べ知名度や人気は低い様子。

主な種類

カイマン属

クロカイマン属

  • クロカイマン

コビトカイマン属

  • キュビエムカシカイマン(コビトカイマンとも)
  • ブラジルカイマン


余談

漫画ドロヘドロの主人公カイマンの名前の由来は、この種のワニではなく同じく南米に生息する「カイマントカゲ」の方。

関連イラスト

空前絶後のぉ!! 超絶孤高のフレンズ!


けものフレンズのメガネカイマン

関連タグ

ワニ目 ワニ アリゲーター
メガネカイマン(けものフレンズ)

コメント