ピクシブ百科事典

アレブリヘス

あれぶりへす

メキシコの複数の動物を組み合わせたカラフルな伝統工芸品に名づけられた名前。
目次[非表示]

概要

メキシコで作られている伝統工芸品に名づけられた名前で、人それぞれの誕生日に該当する20種類の獣・トナ(Tona)を組み合わせて作られる魔除け・ナワル(Nahual)が元になっている。

正確にはアレブリヘ/アレブリーヘ(Alebrije)と呼ばれるペドロ・リナレス・ロペス(Pedro Linares Lopez)という紙細工職人が1930年代ごろから作り始めた張り子人形と、オアハカ地方のトナス イ ナワレス(Tonas y Nahuales)/オアハカン ウッド カーヴィングという木彫りを同一視した総称であるといわれる。

アレブリヘ

創案者である職人ペドロ氏が30歳の時に、重病で死の淵を彷徨った際に見た夢に出てきた正体不明の生き物がモチーフの張り子人形である。
その生き物は有翼のロバや、犬頭のライオン、角があるなどキメラ的な姿をしていたといわれ、森の出口(生の世界)まで案内したときに叫んでいた「アレブリヘ、アレブリヘ、アレブリヘ」という謎の言葉から名づけられたという。

アレブリヘスと呼ばれているものはトナス イ ナワレスを含んだ工芸品の総称なので、狭義ではアレブリヘではないが、そのユニークな色彩と造形は現在のメキシコ文化に根付いているといえる。

創作での扱い

リメンバー・ミー

※メイン画像も
メキシコの死者の日をモチーフとしたアニメーション映画。
死者の国の精霊として、イメルダのパートナーであるペピータをはじめ様々なアリブレヘが登場した。

ペピータたん
coco pumpkin


関連イラスト

アレブリヘスと赤い人
(original) alebrije bestiary
Edahi- alebrije
Pussom Alebrije


関連タグ

メキシコ アレブリヘ 
死者の日 精霊 聖獣 キメラ
お守り 魔除け 工芸品 伝統工芸

関連記事

親記事

メキシコ めきしこ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アレブリヘス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4

コメント