ピクシブ百科事典

タギュア・タギュア・ラグーン

たぎゅあたぎゅあらぐーん

18世紀末に南米チリに現れたという未確認生物。メイン画像は記録を元に再構築した姿。

概要

18世紀末である1784年に、南米チリの首都サンディアゴにある農場に突如現れ、周囲の農作物や家畜などの動物を食い尽くしたという未確認生物

記録によると勇敢な100人の男たちが鉄砲で武装して待ち伏せし、最終的には生け捕りすることに成功したと伝わっている。

そのため詳細な姿の記録が残っており、それによると人面で体長が18mもあり、脚は身体に対して短めの1.2mで、爪は脚よりも長い。さらに腕の代わりに蝙蝠のような翼を持つ。
尾は身体の半分ぐらいの長さで二本生えており、上の尾で獲物を捕らえていた。
頭部はたてがみが地面につくほど長く、左右に3.6mもある牛のような耳を生やしており、耳元まで裂けた口を持つという。

当時は写真が無かったことから絵が残っているが、どう見ても18世紀末の記録にしては前時代的な、中世の悪魔幻獣図のような奇妙な姿である。

タギュア・タギュア・ラグーン


※このイラストのような姿

なおこの生物の名は、日本のブログUMAファンで2006年に紹介された際に名付けられたもので、タギュアとはスペイン語象牙椰子のことで本来はタグアと発音するようである。またラグーンとは池や湖を表す言葉で、本来この生物の名では無く現れた場所の地名ではないかと考察されている。

生け捕りにされた後の記録は残っていない。

関連タグ

UMA 南米妖怪 チリ 
幻獣 悪魔

東スポ

関連記事

親記事

UMA ゆーま

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「タギュア・タギュア・ラグーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59

コメント