ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. ブードゥー教における愛の女神
  2. 競走馬の名前。

1.の概要

エルズリー(Erzulie)とは、ブードゥー教における愛の女神の名であるが、現在ではエジリ・フリーダ(Ezili Fre'da)と呼ばれることが多い。

万人に対する無尽蔵な母性を持つ地母神とは異なり、純粋な愛の力を象徴するロア(精霊)として信仰されており、時には嫉妬深いこともある理想的な愛そのものであるとされる。
蛇神ダンバラ・ウェド(ダムバラー・ウェド)、海神アグウェ、戦神オグンの三柱を夫としており、指には3つの結婚指輪をはめ、とても贅沢な暮らしをしている女性であると信じられている。

なおエルズリー・ジェ・ルージュ(Erzulie gé rouge/赤い眼のエルズリー)という、膝を抱えて泣いている姿で顕現する場合もあり、その場合は愛と生のはかなさの象徴であるとされる。

創作での扱い

初出は『デビルサマナー』で種族は”女神”、編み込んだ髪で顔を隠した妊婦のような姿で、身体に夫の化身である3匹の蛇を纏わせている。
なお金子一馬氏はデザイン時には意識していなかったそうであるが、旧石器時代の遺物であるヴィレンドルフのヴィーナス像に酷似している(有名な像なのでどこかで見ていて記憶していた可能性もある)。

関連タグ

ブードゥー教  女神 ロア 蛇神

関連記事

親記事

ブードゥー教 ぶーどぅーきょう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「エルズリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 205

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました