ピクシブ百科事典

イェマヤ

いぇまや

イェマヤ(Yemọja)とは、ヨルバ人の神話に登場する水の女神である。

概要

天父神オバタラの妻であるオリシャ女性の守り神。
ヨルバ人の多神教において、を司る超常的存在の頂点に位置する。

ナイジェリアを流れるオグン川の守護神だが、他のすべての、それだけでなくを含むあらゆる水が彼女の影響下にあるとされる。
彼女はまた、そうした水の中で育まれるあらゆる生命の母でもある。

図像表現においては真珠宝石貝殻があしらわれ、逆巻く波がデザインされた青いドレスを着た黒髪の女性の姿で描かれる。
さらに胸当て王冠を着用していることもある。主な持物は短剣ダガー)である。
人魚の姿で描かれることも多い。

奴隷貿易の時代にヨルバ人奴隷を通じて中南米南アメリカカリブ海にもその信仰は広まっている。
これらの土地で生まれたヨルバ系の混淆宗教においても高位の存在として位置付けられている。

ブラジルウルグアイでは彼女に捧げられる大規模な祝祭がある。

関連タグ

セドナ グレートマザー

pixivに投稿された作品 pixivで「イェマヤ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 240

コメント