ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

アルシーヴ。 あなたが今、為すべきことは──


概要

きららファンタジア』の舞台となる世界「エトワリア」を統治する女神

異なる世界を観測する能力を持ち、その世界の日々を『聖典』と呼ばれる書物に綴っている。

第1部『封印されし女神』ではとある理由でアルシーヴに封印されてしまっている。


プロフィール


容姿

金髪のロングヘアーに、白いドレス服をしている。

雰囲気的に幼なさが感じられ、デザイン的にはソフィーに近い印象を受ける。

普段の立ち絵姿を見ればわかるが、爆乳が多い『NEWGAME!』と同様に彼女もご立派。また常に手を前に組んでいるため、更に胸が強調されている


人物

女神の称号を持つ通り、見た目的に良くある優し気な性格。


一方でその裏側の性格が大人になったランプと言うのが判明。

とことんクリエメイトたちの事が大好きで隙あらば変装して里に来る程でアルシーヴにしばしば説教されている。

そして『ブライダル・オア・ヘル』では公式から駄女神認定されてしまった。


さらに『大騒動!エトワリア同人誌即売会』にて腐女子であった事も判明し、変装して同人誌(しかも自分やアルシーヴが題材にされてる本)を買っていた。

なお、変装の仕方がサングラスとマスクだけ(立ち絵の都合上だけかもしれないが)で全然バレていない。


真相

メインシナリオ第1部8章『導かれし未来』で封印された理由がが明らかとなる。

遡ること本編の開始前、正体不明の襲撃者によって呪いをかけられ、呪いを解くには大量のクリエ(きららファンタジアの世界におけるエトワリアの住民たちの生命の源)が必要となった。

しかし、肝心のクリエを生み出しているのが他ならぬソラ本人が書く聖典であったため彼女の呪いを解くのは極めて難しいことだった。

封印はソラ自身からのお願いで呪いで死んでしまうのを回避するための延命措置でもあった。

そのことを知らないランプは封印する所を目撃し、封印する瞬間しか見ていなかったのもあってアルシーヴが裏切ったと勘違いをしてしまう。


幾度にもわたるオーダーによる反動でクリエを使い果たしたアルシーヴとともに命を落とす寸前であったがランプがこれまでの旅を記した日記が新たな聖典としての役割を果たし、ソラとアルシーヴは一命を取り留めたのであった。


その襲撃者は第2部で、ある神官本来消滅する予定だったクリエメイトの一部の力を与えるなど、暗躍を続けている。


プレイアブル化


「みんなが頑張ってるのに、私だけ神殿の奥にひきこもってるわけにはいかないものね。

  大丈夫よ! 何かあったらアルシーヴが一緒に守ってくれるから!」


★5ソラ【クロスキャラ/期間限定】

2021年の4周年記念で月属性のそうりょとして実装された。

とっておきは味方全体の状態異常を回復し、味方全体を回復させ、味方全体を回復するスキルカードを設置する「アフェクション・オブ・ルナ」、その他に味方単体を回復する「ヒール・オブ・ルナ」と味方単体のスキル全てを使用可能にする「メイクアップ」を使用する。


関連タグ

きららファンタジア 封印されし女神 断ち切られし絆

女神 駄女神


神殿関係者

筆頭神官

アルシーヴ


七賢者

シュガー セサミ カルダモン ソルト ジンジャー フェンネル ハッカ


下っ端

クロモン


女神候補生(“元”も含む)

ランプ メディア ハイプリス


関係者

きらら

関連記事

親記事

きららファンタジアのキャラクター一覧 きららふぁんたじあのきゃらくたーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17275

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました